食料補完計画

食料補完計画
NHK BSで放送されていたので久しぶりに「マトリックス」を見てみた、忘れていたのだが映画の中では「人類は地球にとって害のある存在なのではないか」として扱われている「風の谷のナウシカ」しかり。
長い事人類は「自分の存在を否定する様な活動をしている様に見える」本当にそうなのだろうか、もしかしたら一時的なものなのかも知れない、久しぶりにその事を考えてみた。

「心身の神癒」の中でキリストはこんな事を言っている。

第十四話
28 神我(キリスト)は人類として顕現した神の久遠の子である。このことを把握した時、あなたたちは肉体の中にありながら、およそ能うかぎりの至高のものに到達することができる。
29 肉体の中で生きていると肉体の影響が認められるが、このような影響は悪いものではなく、物事についての深い理解を得る手段なのである。
30 あなたたちはそういう状態から生長していくのである。それは丁度一粒の種が地中に植えられると、生長し、花を開き、やがて又種子を生み出すようなものである。神のみ霊も又あなたたちの中でそれと同じことをなし給う。それは必滅、有限の状態より本来の不滅、久遠の様態へと生長する。肉体の中の生命はあらゆる生命全体より決して分離してはいないのである。
31 わたしの云ったことをよく学ぶがよい、そうすればあなたたちの目からベールが取り外されるであろう、人の子はあなたたちの分離信仰を克服すべくあなたたちと共に待機している。

34 人は幾度も幾多も人によって傷つけられ、自分自身の愚行によって十字架につけられて始めて彼は、神の分霊(キリスト)を通してすべてのものが「大いなる一体」であることに開眼する。
35 わたしは自分で話しているのではない。常にわたしの中に留まり給うのは父である。父はすべてのものの父であり、すべてのものの中にまします。わたしの中でわたしに代わって語り給うのは父である。父の中にある生命と同じ生命が子の中にあるのである。


「常にわたしの中に留まり給うのは父である」・の正体は「父」と言うことらしい「種=たね=たねる=探す」長い間隠れていた(隠されていた?忘れられていた?)父を見るには、、、。

「わたしは父の中に住み 父はわたしの中で働き給う わたしを見たものは 父を見たのである。」わたしを見る様に、と。
2009年のクリスマスに放送された「小田和正・クリスマスの約束2009・22分50秒」と大河ドラマ「天地人」最終回が私のスピリチュアル?なブログの始まりでした。

何故このタイミングで「小田和正・100年インタビュー完全版」の放送なんでしょう?。

この他にもお盆を挟むように「大魔神三部作」や「マトリックス三部作」も放送されている。

今年の夏は何だか濃いぞ!。

この記事を書いている途中で、頭の上の蛍光灯でバタバタと音がする、見上げてみたら「オニヤンマ」が入って来ていた、入り口の戸は閉めてあったのに何処から入って来たんだ〜?。
先頃、宮城と屋久杉の出会いを記事にしたが、昨日NHKで「屋久杉」の番組を放送していた、不思議なタイミングである。

追記
今回の調査で見つかった「天空杉(仮称)」は、「幹周り12m43cm(1234?)・樹高45m」途中から幹が二本に分かれた「夫婦杉」の様になっている、そして幹の先端には「龍の様な造形」が見られた。

「天空」とはもしかしたら「高天原」なのかも知れない、ますます「宮城・日高見」とのつながりが気になります。
8月10日に送られて来た仕事の見積書を見てちょっと驚いた、合計金額が「144000円」である?「144000」と言えば聖書の中に出てくる「○○な人の数」だった様な。

聖書は分厚い本なので、下記の部分だけでは意味がわからないと思う、私もていねいに読んでいないのではっきりした意味は不明であるが、気になったのでブログに載せておく事にしました。

黙示録7:1−8
“7:1 この後、私は見た。四人の御使いが地の四隅に立って、地の四方の風を堅く押え、地にも海にもどんな木にも、吹きつけないようにしていた。
7:2 また私は見た。もうひとりの御使いが、生ける神の印を持って、日の出るほうから上って来た。彼は、地をも海をもそこなう権威を与えられた四人の御使いたちに、大声で叫んで言った。
7:3 「私たちが神のしもべたちの額に印を押してしまうまで、地にも海にも木にも害を与えてはいけない。」
7:4 それから私が、印を押された人々の数を聞くと、イスラエルの子孫のあらゆる部族の者が印を押されていて、十四万四千人であった。


黙示録14:1−5
“14:1 また私は見た。見よ。小羊がシオンの山の上に立っていた。また小羊とともに十四万四千人の人たちがいて、その額には小羊の名と、小羊の父の名とがしるしてあった。
14:2 私は天からの声を聞いた。大水の音のようで、また、激しい雷鳴のようであった。また、私の聞いたその声は、立琴をひく人々が立琴をかき鳴らしている音のようでもあった。
14:3 彼らは、御座の前と、四つの生き物および長老たちの前とで、新しい歌を歌った。しかし地上から贖われた十四万四千人のほかには、だれもこの歌を学ぶことができなかった。
14:4 彼らは女によって汚されたことのない人々である。彼らは童貞なのである。彼らは、小羊が行く所には、どこにでもついて行く。彼らは、神および小羊にささげられる初穂として、人々の中から贖われたのである。
14:5 彼らの口には偽りがなかった。彼らは傷のない者である。”


「144000」について気にはなってはいましたが調べた事は有りませんでした、この機会に少し掘り下げてみたいですね。



調べ始めたら今朝は、数字に関するこんな記事を見つけた。

記事の一部を引用

世界最高齢男性のアウシュビッツ生還者クリスタルさん死去…世界一は北海道在住112歳に
8/13(日) 5:04配信
 世界最高齢の男性としてギネス認定されていたイスラエル北部ハイファ在住のイスラエル・クリスタルさんが現地時間11日に死去していたことが分かった。113歳と331日だった。現在のポーランドに生まれ、第2次世界大戦中にナチス・ドイツのアウシュビッツ強制収容所に送られたが生還し、その後はイスラエルに移住していた。クリスタルさんの死で、男性の世界最高齢は北海道に住む112歳の野中正造(まさぞう)さんとなった。

 100万人以上のユダヤ人が収容され、多くの人が虐殺されたアウシュビッツからの「生還者」として世界の変化を見届けてきたクリスタルさんが、静かに息を引き取った。


昨年1月、当時最高齢だった福井県出身の小出保太郎さんが死去したことで、ギネス社が「世界最高齢男性」に認定。同年9月には、ユダヤ教徒の男性が13歳の時に行う成人の儀式「バル・ミツワー」を“一世紀遅れ”で執り行った。当時、クリスタルさんは長寿の秘訣(ひけつ)について聞かれると「なぜ長生きできたのか分からない。すべて、上(神)が決めていることだから」と答え「残された我々にできるのは一生懸命働き、失ったものを再構築することだ」と話していた。

クリスタルさんの死で世界最高齢男性となった野中さんは1905年生まれ。7月には112歳の誕生日を北海道足寄町にある実家の温泉旅館で迎えた。一方、女性ではジャマイカ人のバイオレット・ブラウンさんが1900年生まれの117歳で世界最高齢とされている。長寿ランキングは圧倒的に「女性上位」で、米老年学研究グループの調べでは野中さんでも43位だ。

 ちなみに、過去に最も長く生きたとされるのがフランス人女性のジャンヌ・カルマンさん。97年に122歳で死去した。


「イスラエルでクリスタルさん」?聖書の「144000」とも関係ありそうな話題です「113331」って何でしょう「1+1+3+3+3+1=12=1+2=3」?11日、1と3ばかりの数字??、もう一度引用しておきます。

イスラエル北部ハイファ在住のイスラエル・クリスタルさんが現地時間11日に死去していたことが分かった。113歳と331日だった。

当時、クリスタルさんは長寿の秘訣(ひけつ)について聞かれると「なぜ長生きできたのか分からない。すべて、上(神)が決めていることだから」と答え「残された我々にできるのは一生懸命働き、失ったものを再構築することだ」と話していた。


ひょっとしたら?こんな想いで生きている人達が「144000の選ばれた人」なのかも知れませんね、恐れ入ります。

そして男性世界最高齢を引き継いだのが
「北海道に住む112歳の野中正造(まさぞう)さん」??
「野中正造=のなかまさぞう=野の中(緑の大地)を正しく造る」??これって「エデンの園でアダムとイブが神様から最初に与えられた仕事」?だったりして、そして「男性=アダム=土」でもあります、何だか凄い話の展開ですね。う〜ん!
「野中正造=のなかまさぞう=野仲正増=大地との関係(仲間意識?)が正しく増える」

大地と人との関係が改善されそうな話題ですね。感謝

これってもしかして「144000の謎」の答えなのでしょうか???。
先の記事『屋久杉玉磨き&おとのわ-祝詞&クリスタルボールライブ』の案内をみて、コンサートの会場が「青麻神社」となっていた。
読み方が分からなくて「青麻?=あおま」って何だろうと調べてみたら「青麻=あおそ」と読む事が分かった「あおそ??」何処かで聞いた様な名前、、、思い出したみたら私が長い事お世話になっている職場の駐車用の片隅に生えている「葉っぱが大きくて背の高い雑草」の事ではないか。

毎年毎年肥料もやらないのに背丈を超える大きさに育ち、駐車場の一角を覆い尽くし何度苅っても根性で生えてくる厄介者である、昔は草の繊維使って生活用品を作る原料にしていた、と聞いた事が有った。

不思議な御縁である。

ネットで調べていたら、地元山形県の大江町に「青苧(あおそ)復活夢見隊」なる熱血団体を見つけた、これも何かの御縁かも知れない。
リンク先です
http://aosofukkatsu.com/index.html

出口春日さんのフェイスブックに、宮城県仙台市で行われる「屋久杉玉磨き&おとのわライブ-祝詞&クリスタルボウル」の案内が載っていた。

何か大切な出来事に思えるぞ。

「備忘録」として思いついた事(妄想)を同級生に送ったメールを載せておきます(出口さん勝手に記事にしてすみません)。

お晩です、出口さんのブログに、仙台でのコンサートとイベントの案内がが載っていました、東北地方でのコンサートは初めてだそうです、2017年は今までなかった事が起きる様ですね。出口さんと仙台、米沢には不思議な繋がりが有る様です、アイなんですね。

コンサートは「青麻神社」で行われる様です、サンシャインの三つの光は「アメノミナカヌシのカミ・アマテラスオオミカミ・ツキヨミのカミ」で「星神・日神・月神」の様ですね?。「ソサノオ=地球」だとすれば○は地球、ホツマツタエのタの文字は「地球に星と太陽と月の三つの光が差し込んで助けている」ですよね科学的にもぴったしです、驚きましたよ。

青麻神社(あおそじんじゃ)は、宮城県仙台市宮城野区にある神社である。旧社格は郷社。旧称を青麻岩戸三光宮、青麻権現社、嵯峨神社などといい、日本各地にある青麻神社・三光神社の総本社である。
昨日の話を確認している様な流れです!

「サンシャイントライアル=三射in寅意有る」艮の金神?のお役目とはこのこと?何かが繋がりすぎです。
もう一眠りです。
今日は、広島の原爆の日なのですね、日にちとは不思議です。
春日さんの誕生日から繋がった話なんですが、ビックリしました。

こんにちは。
出口春日さんの役割は、さしずめ「現代版八重垣姫」と言ったところでしょうか、八重垣姫のモデルは上杉景勝の正妻の菊姫さんだそうです。
歌舞伎は殆ど見た事が無いのですが、「本朝廿四孝」一緒に見て見ませんか、おとなしいお姫様が恋心からとても大胆な行動に出るのがみどころの一つだそうです。
物語は「兄弟喧嘩の仲裁」?だとすれば奥が深いですね、神話の世界の謎のひとつです。
リーマンショックの年に放送されていた大河ドラマ「天地人」が私の節目の一つでした「愛を掲げよ」がこんなところに繋がってくると「物語」を感じますね。???です。
菊姫さんの命日が旧暦の2月16日(新歴3月16日)、春日さんの誕生日が3月16日(フェイスブックより)だそうです。
春日さんのCD、 八雲神歌、ソサノオの八重垣の歌から始まっています、機会があったら色々と聞いてみたいですね。
長くなりました、今日は枝豆の収穫のアルバイトです。
「枝豆=えだまめ=マメに枝が張っている=色々な事が綿密(まめに)繋がっている」?
「枝豆=えだまめ=得田真目=真理を見て宝を得る」ナンチャッテ。

DVDなどの動画で見るとお姫様役が年配の男性なので??な感じだそうです、舞台を少し離れて見たほうが感情移入しやすいとか、レヴューに有りました。

「八重垣姫」は「赤姫」とも呼ばれている「赤姫=あかひめ=開か(証)秘め=秘め事を明かす=真実を伝える」かもしれませんね、「青麻神社」は旧称を「青麻岩戸三光宮」と呼ばれていたそうです、「赤姫は三光で宮の岩戸を開く」「宮=人」だとすれば、、、、。


8月11日は「山の日」だそうです「山=やま=人真=真の人」「山形=やまかた=人真型=真の人の型=人類=キリスト」なので「山形県は人(キリスト)の横顔」。
妄想もここまで来れば「物語」に思えませんか?

この話は、太古において「木を切りすぎて滅んだ文明が有ってその対策に失敗している」とすれば、過去の文明の発祥の地が森林伐採で滅んだ事と一致します、そして現代では地球規模での森林の減少が問題になっています、熱帯雨林は伐採された後に焼畑として農地にされました。近頃話題にはなりませんが、地球環境の再生の鍵は森林の再生が不可欠なのでしょうね。

スピリチュアルな次元上昇が話題になる昨今、母なる大地の復活は「誠の母パパ」の復活です、このタイミングで「みやぎ=身焼き」で「屋久杉=厄過ぎ=厄が過ぎる=厄が晴れる時節が来た」「やくすぎ=役直ぎ=真っ直ぐで正しい役割」の「玉磨き=魂(霊)磨き」が行われます。
「出口春日=混迷した時代の出口は春の日差しの様に爽やかに穏やかに」仙台「仙台=せんだい=先代=ご先祖様の聖地」の地で巡り合わせの時が訪れました。感謝

ホツマツタエでの「白山比咩」は「アマテラス」が生まれた時に産湯を取り、泣いている声からアマテラスの諱(いみな・本名?)を聞き取ったので「キクキリヒメ=聞くきり姫=全てを聞き取る姫様=秘め事を聞き取り明らかにする」称え名を授かりました、もしかしたら「菊姫」は「白山比咩」の生まれ変わりだったりして。
私も、急に仕事が空いた時は度々ブログの記事を書いていました、書くにはけっこう時間がかかるのです。

以前は、誰か凄い人物が現れて世界を救う、みたいな期待が有りましたが、実際は「ソサノオ」さんや「キリスト」さん「アマテラス」さんなどのイメージを借りて「誠の母パパが複数の人達を通してる現われてくる」みたいな流れですよね。
長々と失礼致しました、後日ブログのにまとめてみたいです。

お読み頂き有難うござい。
「屋久杉=やくすぎ=八九過ぎ=八九の次は完成数の十=完成・満願」の意味が有るのでしょうか?。
「屋久杉=厄杉」経済的な理由から広葉樹が減って杉の木ばかりになってしまい大雨などで崩れています荒れた杉林の維持が負担になっています。
「杉の語源は、直ぐなる木=真っ直ぐな木」とか、本来なら「杉=すぎ=素気=直気=スの神様の素直な気」なのでしょうか「杉=過ぎ=やり過ぎ(過剰)=すぎる(タイミングを逃す)」などにつながる?。
「過ぎたるは及ばざるが如し」現代文明の落とし穴そのものみたいですね。
「屋久杉=焼く杉」全国的に間伐材を焼いて電気を作る施設が出来ていますが、早々燃料になる木が足りなくなる可能性も指摘されています「過ぎ」、、、丁度良いバランスは難しいものです。
何で現在の問題にシンクロしているの様に見えるのでしょう、言葉は不思議です。

でも「役杉=杉の役割」この世での役割なのかもしれませんね。
みんな役割が有る、、。う〜ん!

お晩です。
Mちゃんは、日本の特撮映画の「大魔神」を見た事が有りますか、7、8、9日に三部作が放送されました、このタイミングで不思議です。
「枝豆=恵田真姫=宝の恵は秘められた真理(真の姫=誠の母・母性・母星・地球」良く噛んで(神ながら)食べて下さい。

iPhoneから送信

くさかあやこ様、参加は難しそうなので勝手に記事にさせて頂きました「屋久杉霊磨きセット」にも興味が有ります、その節には宜しくお願い致します。
今年は何かと思い掛けない出来事が起きている、8月に入ってからも個人的にも大きな出来事が起きて頭が痛い、ネットで色々と辿って行くとこんなフレーズが目に入った。
「白山開山1300年を記念して2017年はイベントが盛り沢山!」ああやっぱり今年はそんな年なのかも知れない、と何となく納得。
テレビ番組では「大魔神三部作」が3夜続けて放送されていた、録画していなかったのが残念だが確か「大魔神」は「山の神様」のイメージが有る、解説を読んでみるとこの神様は「怒っている時は悪人以外の人間も巻き添えにして破壊する自然災害の様な神」でも有る様だ。

奇しくも8月11日は「山の日」、去年2016年から始まったばかりの新しい休日である。

「大魔神」第一作の作品の長さが「1時間23分44秒=12344=ひふみよし=一二三良し」何だか縁起が良い語呂合わせだ。
「大魔神怒る」第二作目の公開は8月13日、お盆休みに合わせて公開したらしい。
「大魔神逆襲」第三作目のBSでの放送は、白山開山1300年記念日の「8月9日」。

「一二三四四=ひふみよし=一二三代始」一二三の代(時代)が始まってる???「開山=かいざん=改ざん」されていた歴史が正される、数々のイベントが盛りだくさん??「大魔神=だいまじん=大真神=大真人」なのでしょうか「魔神が真神に・魔人が真人に」変わる???。

大魔神には名前が有ったのですね「大魔神阿羅羯磨(あらかつま)」だそうです。

「大魔神阿羅羯磨(あらかつま)=だいまじんあらかつま=大真神現活真=大いなる本当の神様が現れ真の活動をする」何だか「あらかつま=荒活魔=荒ぶる神=現フル神=ソサノオ」さんみたいな名前ですね。
久しぶりに映画の「フィフス・エレメンツ」を観た、西洋の四元素「風・火・水・土」説に第五の要素「愛」を加えて「五元素=フィフス・エレメンツ」が世界を悪から救う物語である、これって何処かで聞いた話に似ていないか???何だか「ホツマツタエの五元素」と「心身の神癒」の話をミックスしたみたいになっている。

東洋思想の中にも「五元素」があるが、こちらは「木・火・土・金・水」なので微妙に違っている。

「ホツマツタエ」は誰が書いた??。
先頃、友人宅に届け物に行った帰り、道路わきの畑に「ニホンカモシカ」がいた、一旦通り過ぎたが写真が撮れないかと戻ってみた処まだ食事中の様子、バイクを止めてパチリ、距離は10メートルくらいだろうか、でもこの後すぐに逃げてしまいました。

ここ数年、毎朝同じ様なルートで散歩しているのであるが、何故か今年は「オニヤンマの羽化」に出くわす機会が多い、時間は午前4時〜4時半頃の状態である場所は田んぼに面した道路わきの草むらである、中には止まっていた軽トラックのタイヤにくっついているのもいたりして。

その割には、日中飛んでいるのを見かけないが?。

(知恵袋より)
西洋においてはトンボは基本的には不吉な虫と考えられた。ヤンマ科の英名は Dragonfly というが、ドラゴンはその文化において不吉なものということを考えると得心がいく。また、Flyingadder(空飛ぶヘビ)という異名もある。[要出典]

ヨーロッパでは「魔女の針」などとも呼ばれたり、その翅はカミソリになっていて触れると切り裂かれるとか、嘘をつく人の口を縫いつけてしまう、あるいは耳を縫いつけるという迷信もあった。魔女の針という名称はこの「縫いつける」という迷信と関連づけられた事によってつけられたらしい。また、トンボが刺すという誤解も広く流布しているようである。また、「ヘビの先生」との名もあり、これは危険が近づいていることをトンボがヘビに教える、という伝承による。

英名において、トンボ科にはドウターフライ、イトトンボ類にはダンセルフライ(damsel:乙女)といった優雅な呼称もある。
...もっと詳しく
今年も漸くまとまった収穫が得られるようになって来た、ジフィーポットで生育が遅れていた「ズッキーニ」も小振りながら収穫出来るようになって来た、この他にも爺ちゃんと婆ちゃんが育てている茄子やピーマン、唐辛子、キュウリなども食卓に上っている、贅沢夏野菜シーズンの幕開けです。感謝

爺ちゃんの畑を見に行ったら、ジャガイモの葉っぱがてんとう虫に食い荒らされてボロボロになっていた。
まだ被害の少ない部分も有ったのでビニールの手袋をして潰し始めたが、ふと過去の記憶が蘇って裏側を見てみた、そこには蛹の状態のてんとう虫がわんさかといるではないか、どおりで見える虫の数の割に被害が大きかった訳である。

今朝潰した数だけでも100匹を軽く越えると思われる、、、殺生な!である。

帰ってネットで「てんとう虫」について調べてみたが、今まで知らなかった様々な事実が判明した。

「ladybug の lady は聖母マリアのこと。」これは思い掛けない発見である。

「テントウムシ(天道虫・紅娘・瓢虫)」てんとう虫は「天道虫」と書くのですね、私はてっきり「触ろうとすると手足を引っ込めて転がり落ちる」ので「転倒虫」かと思っていました。汗

へ〜!そうだったのか。

テントウムシダマシ〔天道虫騙し〕とは
「テントウムシダマシ」とは俗称で、テントウムシ科に属する「ニジュウヤホシテントウ」と「オオニジュウヤホシテントウ」のことを指す。
「テントウムシ」はアブラムシなどの害虫を食べてくれる【益虫】という印象が強いが、この「テントウムシダマシ」は肉食ではなく草食のテントウムシで、ナス科の植物を好んで食べるので【害虫】とされている。
...もっと詳しく
今朝、ハウスでトマトの世話をしていたら息子の可愛がっている虎猫のラムちゃんが遊びに来た、家の中でも新しい箱やマットを見つけると早速「居心地」を試している、ここでは作業台の椅子がお気に入りの様子、畑には時々遊びに来ているが私がいる時に入ったのは始めてである。

マイペースだけど人なつっこい、時々いじられ役で迷惑?している様子、餌を沢山食べると吐いてしまうので中々太れないのが心配の種です。

年齢不詳、まだまだ元気でいて頂戴。感謝

ラムちゃん?で○○を期待した人にはご免なさいです。
昨日買ってきたハーブを畑に植え付けた、この場所に野菜も植えてみたが肥料分が少ないのかあまり良く育たない、ここからだんだんと増やして行ければ、、、と思っている。

元気に育てよ。
急用で隣町まで出掛けた、帰りのルートに「花の苗」の専門店が有る、通りがかってふと思い立ったのが「スカボローフェアのハーブ」の事、引き返して苗を購入してきた。

画像左から

イタリアンパセリ
ボッグセージ
ローズマリー
コモンタイム

あいにく料理に使えるコモンセージは置いていなかったので、鮮やかな青色の花が咲く品種を購入、さて何処に植えてみようかな。

ハーブ類は以前(20年以上前?)も栽培した事が有ったが、使い方が分からなくてやめてしまった事が有る、今回はスカボローフェアな物語があるので以前とは違った展開が有るかも知れない、お店の店員さんがスカボローフェアを知らなかったのが少し残念でした。
  
▼新着コメント
こんにちは。...
 (管理人 07/18)
先ほどの重たい話の・...
 (真砂 07/14)
おはようございます。...
 (真砂 07/14)
ドラゴン...
 (管理人 07/14)
暑中お見舞い申し上げ...
 (真砂 07/12)
もう10年経ったので...
 (管理人 06/26)
今日は、何の日?・・...
 (真砂 06/26)
説明書...
 (管理人 06/21)
こんにちは。...
 (管理人 05/26)
ロケットストーブまで...
 (真砂 05/23)
  
Powered by samidare note