HOME > 活動レポート

村山教育事務所の「西川町立西川中学校ボランティア出前講座」

  • 村山教育事務所の「西川町立西川中学校ボランティア出前講座」
 1月11日(金)西川町立西川中学校にて、2年生35名を対象にボランティア出前講座「初級ボランティア講座」を開催しました。今年で3年目になります。講座内容と感想は下記のとおりです。



講座の内容
1 ボランティアを知ろう
 ・「ボランティア」って何?
 ・山形県のボランティアは、スゴイ!?
 ・西川町では?
2 ボランティア活動のツクリカタ
(グループワーク)
・自分の中にネタはある!
・ネタをつなげるとボランティア活動ができる





~感想から~
・中高校生ボランティアを広めたきっかけが西川町だと知って本当に驚きました。
・「ボランティア」と聞くとゴミ拾いなどしか思いつかなかったけれど、他にも さまざまなボランティア活動があることを知りました。  
・グループをつくっての話し合いでは、良いアイディアがたくさん出てきました。実際にこのボランティア活動をやってみたいと強く思いました。
・西川町でもYYボランティアサークル(「くれよん」)をつくっていると知った ので、私も参加してみたいなと思いました。
・「くれよん」の方々は、とても楽しそうで、これが真のボランティア活動なのだなと思いました。





 このように、ボランティア講座をきっかけに自分たちの町の良さを再発見し、自分たちもボランティア活動したいという思いを持ってくれました。これからが楽しみです。




2019.02.05:青年の家:[活動レポート]

置賜教育事務所の「YYボランティア活動セミナー」

  • 置賜教育事務所の「YYボランティア活動セミナー」

 2月16日(日)、赤湯公民館を会場に「YYボランティア活動セミナー」を開催しました。今年度も南陽市の「クリスマスだがしや楽校」との併催として実施し、11名の高校生の参加がありました。
 今年度も100名以上の参加者でにぎわいました。高校生の店は小さなお子さんを中心に大人気となり、次々と集まってきていました。迎える高校生の表情もたいへん穏やかで、笑顔いっぱいで喜んでもらうことができました。
 午後は高校生同士でフリートークを行いました。日ごろそれぞれが取り組んでいるボランティア活動について情報交換をしたり、考えていることや悩みを語り合ったりと、わずかな時間ではありましたが和気あいあいと話を弾ませていました。他校との交流の機会がなかなか持てない中、有意義な時間となりました。
 各サークルと団体、ひいては高校生同士をつなぐという点で価値ある一日となりました。今回のように各市町と連携を図りながら事業を展開する成果を改めて感じたところです。
 今後も管内のボランティア活動活性化のため、連携を大切にして事業を進めたいと思います。

2019.01.29:青年の家:[活動レポート]

プライマルプロジェクトの「YYボランティア交流会に参加しました!」

 プライマルです。1月26日(土)ゆめりあにて開催された「YYボランティア交流会」に参加しました。

 

 当日は、新庄市立明倫・日新中のボランティアの皆さんにもご協力いただき、アニメキャラ折り紙を親子で楽しみました。



 予想を超える参加者で休む暇もありませんでしたが、充実した時間でした!(当日の夕方のNHKニュースでも取り上げてもらいました)



 終了後、作品の一部はゆめりあ通路に展示しております。

 今後の予定ですが、毎週第3土曜日のわらすこ広場で折り紙ライヴを行っております。
 参加スタッフも募集中です!
2019.01.28:青年の家:[活動レポート]

「地域青少年ボランティア活動」に関する展示

  • 「地域青少年ボランティア活動」に関する展示
 1月4日(月)から17日(木)まで山形県庁一階ジョンダナホールで「地域青少年ボランティア活動」に関する展示が行われました。テーマである地域青少年ボランティア活動は、ボランティア体験の機会を増やすことで、中高生の地域貢献・社会参画への意欲を高めることを目指しています。本展示の終了後は、本所および県内各教育事務所を通じて各所で随時パネル展示をいたします。機会があればどうぞご覧下さい。

2019.01.17:青年の家:[活動レポート]

大江町中高生ボランティアサークル夢憧布(ポケット)のご紹介

  • 大江町中高生ボランティアサークル夢憧布(ポケット)のご紹介
 「夢憧布(ポケット)」は、町内在住の中学生と高校生、左沢高校生がメンバーとなって活動するボランティア団体です。社会活動への参加による地域貢献と、青少年の健全育成のために結成され、長年にわたり多くの中高生が活動に参加してきました。
 近年の主な活動には、水郷大江夏まつりの灯ろう流しのサポートや、花火大会での花火の破片の回収、文化祭来場者へのプレゼント用の花苗づくりなどがあります。
 今年はヤマガタダイカイギュウが本町で発掘されてからちょうど40年となることから、これを祝う記念看板を制作。できあがった看板は、中央公民館エントランスの上部に飾られました。
2019.01.08:青年の家:[活動レポート]