YYボランティアビューロー(山形県|青年の家)

YYボランティアビューロー|わいわいボランティア
YYボランティアビューロー|ランダムイメージ
ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
 遊佐町中高生ボランティアサークル「くじら」です。
 12/2(日)にパレス舞鶴で開催された遊佐町フードフェスタに参加してきました。
 当日はメジカ鮨や蒸しアワビの振る舞い、遊佐町のマスコットキャラクター「米〜ちゃん」と「ライちゃん」の着ぐるみを着用して来館者と触れ合うなど大忙しな1日でした。
 中高生が着ぐるみに入る機会は「くじら」でしか実現できないことなので、子どもたちも喜んでボランティアを行っていました。
 今年も残り少ないボランティアで遊佐町を盛り上げていこうと思っています!


山形から感じる新しい世界
‐青年が高校生に地域活動セミナーを開催‐

 地域活動をしている青年が村山地域の高校生を対象に、10月21日は霞城セントラル、11月18日にはイオンモール天童で「高校生地域活動セミナー」を開催しました。地域活性化に対する高校生の参画意識の向上をねらった事業です。



 セミナーでは、山形大学の学生や青年の地域活動団体によるワークショップ、地域活動をする青年とのフリートークが行われました。



 ワークショップでは、自分が何をやりたいのか、何ができるのかを大切にした進路選択の幅を広げる内容や、自分に自信をつける目標達成方法や自己分析の方法などを学びました。また、コミュニケーションを上手にとるための心と身体のリラックスの方法や話し方、イベント企画を開催するまでの手順について具体的に学びました。青年と高校生が生の意見を交わしながら、リラックスした雰囲気で交流が行われました。



 参加した高校生からは「普段関わらないような方たちと接することができてとても楽しかった。またこのような機会があれば参加したい」「もっとたくさんの人と出会い、色々な人の考え方を知り、生活に生かしていきたい」「人生について、これからのことについて考えることができた」という感想が寄せられました。



 セミナーの実行委員を務めた若者からも「高校生と話す機会はあまりないのでお互いにいい刺激になった」「高校生が自分の将来をしっかり考えていて、考えもはっきりしていた。今後も学校外でも活躍してほしい」との感想が出ました。




 県教育委員会が主催し、村山教育事務所管内5つの高等学校からあわせて25名(1回目7名、2回目18名)の高校生が参加しました。




 「バルーンアートでボランティア体験」  

 11月11日(日)に天童市子育て未来館げんキッズ会場に標記セミナーが開催されました。村山管内の中高生が17名参加し、バルーンアートを通して来場者と交流し、ボランティアを体験しました。
 尾花沢市の青年ボランティアサークル「りぼん」に協力をしていただき、花や剣などのバルーンアートを作製しました。その後、作製したバルーンを来場者にプレゼントをしたり、その場で作ってプレゼントをしたりして交流しました。たくさんの来場者の方々に参加していただき、大盛況でした。
 幼児や利用者との交流を通して、ボランティアの楽しさを味わうことができました。また、バルーンアート作製のスキルも身に付けることができました。
 参加した中高生からは「大人も子供も笑顔になってくれてうれしかった」「触れ合うことの大事さや人を喜ばせることのうれしさを実感することができました」「参加する前は人見知りで勇気があまり出せない性格でしたが、参加した皆さんや来場者の皆さんと関わることで成長することができました」という感想をいただきました。
 今後も様々な企画を準備いたしますので、たくさんの参加をお待ちしています。



















 プライマルです。11月10日(土)市民プラザにて開催された「新庄市教育の日」イベントに参加しました。



 当日は、新庄市立日新中学校のボランティアの皆さんにもご協力いただき、アニメキャラ折り紙を親子で楽しみました。





 今後の予定ですが、毎週第3土曜日のわらすこ広場(11月はわらすこワンダーランドです)及び11月18日(日)ゆめりあでの、かもしかお楽しみ会にも参加します。
 参加スタッフも募集中です!

 「夏休みのわらすこ広場です!」
 プライマルです。8月18日(土)わらすこ広場でイベントを行いました。


《当日の模様 
 当日は、新庄南高校のボランティアの皆さんにもご協力いただき、アニメキャラ折り紙を親子で楽しみました。


《当日の模様◆
 今秋の予定ですが、9月15日のわらすこ広場 及び 9月30日に市民プラザで行われるキッズフェスタにも参加します。
 参加スタッフも随時募集中です!


 プライマルです。6月30日(土)ゆめりあにて開催されたイベントに参加しました。

当日は、新庄東高校のボランティアの皆さんにもご協力いただき、アニメキャラ折り紙を親子で楽しみました。


 今後の予定ですが、毎週第3土曜日のわらすこ広場 及び 9月30日にキッズフェスタにも参加します。
 参加スタッフも募集中です!

 寒河江市ボランティアサークル「チェリーズ」です。5月12日に「グループホームあしたば」を施設訪問いたしました。
 最初に、市立図書館よりお借りした紙芝居の読み聞かせをしました。日塔さんと事務局の佐藤が担当しゆっくりと抑揚をつけて読むことができました。途中で、笑い声や歓声が起こり楽しいひと時を過ごすことができました。その間鈴木さん・川越さん・林さんは「認知症理解」の研修を受けました。
 紙芝居の後は、会員4名も加わり、ゴム風船でバレーボールをしました。汗をかきながら楽しくできました。最後に昭和の歌を入所者と一緒に歌いました。約1時間半の訪問を終え、次回の約束を交わして帰ってきました。




 寒河江市ボランティアサークル「チェリーズ」です。5月12日に「グループホームあしたば」を施設訪問いたしました。
 最初に、市立図書館よりお借りした紙芝居の読み聞かせをしました。日塔さんと事務局の佐藤が担当しゆっくりと抑揚をつけて読むことができました。途中で、笑い声や歓声が起こり楽しいひと時を過ごすことができました。その間鈴木さん・川越さん・林さんは「認知症理解」の研修を受けました。
 紙芝居の後は、会員4名も加わり、ゴム風船でバレーボールをしました。汗をかきながら楽しくできました。最後に昭和の歌を入所者と一緒に歌いました。約1時間半の訪問を終え、次回の約束を交わして帰ってきました。




 今年度の第1回県地域青少年ボランティア推進会議が、5月8日(火)に本所で開催されました。
この会議は、推進委員として県内のボランティアに関連する団体等の代表の方を御委嘱し、県内
4地区の教育事務所担当者などと共に一堂に会し、今年度の地域青少年ボランティア活動に関す
る事業等について協議するものです。
 協議の前半では、アイスブレイキングゲームに引き続いてワークショップ形式の分科会を行い、
打ち解けた雰囲気で話し合うことができました。
 この会議をうけ、今月中に各地区での推進会議が順次開催されます。若い世代がどのようにボラ
ンティア活動に関わっていくかに関して、今後も各地区の関係団体や市町村担当者とともに連携を
深めていきたいと思います。


 3月27日に酒田市社会福祉協議会へ寄付金14,300円を贈呈しました。この寄付金は昨年の「生涯学習まつり2017」のチャリティカフェでご来店いただいた皆様からいただいたものです。
 新聞記者の方も来てくださり、インタビューを受けるなど会員たちは少し緊張したようすでしたが、寄付金について聞かれると「地域の福祉のため活用していただければと思います」としっかりと気持ちを伝えていました。

 プライマルです。3月3日(土)に、市民プラザにて、第91回市民映画劇場『夜間も
やってる保育園』上映会を行いました。








 当日は、新庄市出身の大宮浩一監督をお招きし、中高生による鑑賞後の恒例の女子会もや
りました。





女子会後も、楽屋に押しかけて進路のことで相談するメンバーもいるなどにぎやかな一日でした。
 プライマルです。2月3日のイベントに参加しました!
 今回も、地元中学生の参加のもと、折り紙ライヴを行いました。あっという間の90分間の
ライヴでした。
 プライマルでは、こうした活動の他、毎月第3土曜日はわらすこ広場で活動しています。
 関心のある方、奮ってご参加ください!




 市図書館より図書館まつり(12月10日)のボランティア要請がありました。
 「チェリーズ」から3名が参加し大きな絵本の読み聞かせをしてきました。乳幼児や小学生
低学年を相手に上手に演じることができました。時々「おー!」と歓声があがったり、笑い声
が聞こえたり楽しい30分を過ごしてきました。読み聞かせの大先輩から、いろんなアドバイ
スをいただき「チェリーズ」のメンバーも勉強になったと思われます。メンバーたちから来年
も参加したい、という感想があり有意義な半日になりました。



 寒河江市ボランティアサークル「チェリーズ」です。12月9日に「チェリーズお菓子作り
教室」を開催しました。
 当日は幼稚園年長〜小学校3学年の子ども達と一緒にクッキーを作りました。交代でホット
ケーキのデコレーションをしたり、形を崩さないよう慎重に型抜きをしたり、みんな真剣に頑
張っていました。
 数名事情があって欠席しましたが、2つの班に分かれ紙飛行機や紙トンボを作り遊びもしま
した。焼き上がったクッキーは袋に詰めてお土産に。お迎えに来たお父さん・お母さんに「私が
作ったんだよ」「上手にできたよ」と楽しそうに話していました。



寒河江市ボランティアサークル「チェリーズ」です。10月に社会福祉協議会からの要請で
2件の活動を行いました。

 一件目は、10月7日に赤い羽根共同募金活動を行いました。6人の高校生が二カ所に分
かれ、約1時間小雨の降る中、大きな声で募金を呼びかけました。初めての活動でしたが生
き生きと行うことができました。
 二件目は地元のグループホームの感謝祭のお手伝いです。5人のメンバーが綿あめやデ
ザートの模擬店担当・アトラクションの輪投げ担当に分かれ、自分たちも楽しく活動できました。
小さな子どもたち・おばあちゃんおじいちゃんたちの素敵な笑顔が印象的でした。