HOME > 記事一覧

夏の体験ボランティアリーフレットの掲載

2.1MB - PDF ダウンロード
令和元年度の夏の体験ボランティアのリーフレット(村山・最上・置賜・庄内)を掲載いたします。どうぞご覧ください。気になる企画がありましたら直接開催施設・団体にお問い合せください。
2019.06.27:青年の家:[お知らせ]

上山市高校性ボランティアジュニアリーダーあすなろの活動

  • 上山市高校性ボランティアジュニアリーダーあすなろの活動
 訪れたのは上山市「二日町プラザ1周年記念フェスティバル」、入口を見ると、ゆるキャラの、「かみのやま湯たろう」と「カセ坊」がお出迎え。中の人が、「あすなろ」のメンバーです。子どもたちと触れ合ったり、写真撮影に応じたりとフェスティバルを盛り上げていました。
 「あすなろ」は、上山市を拠点としている高校生ボランティアサークルです。現在のメンバーは7名で、当日は4名が参加。「ピノ」「すいちゃん」「ポテツ」「グソク」(キャンプネーム、子どもたちと打ち解けるとこができるように付けたニックネーム)がインタビューに答えてくれました。毎年力を入れている活動は、上山市と名取市の小中学生が参加する「わんぱく交歓研修会」です。レクリエーションやキャンプファイヤー等の活動では、子どもたちから「楽しかった」との声があり、達成感も得られるいい経験ができたそうです。また、最近力を入れている活動は、「ながすず元気食堂」(子ども食堂)の手伝いで、子どもたちとの食事や交流が楽しく、笑顔を見ると元気が出るそうです。「あすなろ」に入るきっかけは、「人と話すことが苦手だったので、人とかかわることで克服したかったから」、「この活動で、もっと妹の気持ちが理解できると思ったから」と様々でした。色々な人とかかわることで、自分を変えることができたと笑顔で話してくれたのが印象的でした。

2019.06.27:青年の家:[活動レポート]

YYボランティアサークル「地球(テラ)」6月定例会に視察訪問しました!

  • YYボランティアサークル「地球(テラ)」6月定例会に視察訪問しました!
  • YYボランティアサークル「地球(テラ)」6月定例会に視察訪問しました!
  • YYボランティアサークル「地球(テラ)」6月定例会に視察訪問しました!
  • YYボランティアサークル「地球(テラ)」6月定例会に視察訪問しました!

 

 

 

()

 6月12日(水)16:30からYYボランティアサークル地球(テラ)6月定例会を視察訪問させていただきました。

 参加してまずは、定例会に参加した会員の多さに驚かされました。グループワークでは、最初に【「地球(テラ)」は地域に〇〇を増やす】の〇〇に入れる言葉を挙げさせ、各グループとも活発に多くのアイディアを出し合っていました。このことは、それぞれの会員が自分の地域のために何かをしたいという強い意欲の表れではないかということを感じました。また、本題の「自主企画を考える」というグループワークでは、各グループが「地域に〇〇を増やす」というテーマでボランティア活動の企画を創りだしていました。

 約2時間の定例会でしたが、あっという間に感じるほど意欲と熱気に溢れた素晴らしい定例会でした。「地球(テラ)」の皆さんありがとうございました。

2019.06.13:青年の家:[お知らせ]

令和元年度 第1回オールてんどう社会教育懇談会

  • 令和元年度 第1回オールてんどう社会教育懇談会
  • 令和元年度 第1回オールてんどう社会教育懇談会
  • 令和元年度 第1回オールてんどう社会教育懇談会

 6月6日(木)に令和元年度第1回オールてんどう社会教育懇談会が開催されました。この懇談会は、県青年の家の中核事業の1つである青少年ボランティア推進事業を発展させながら実施していくために、本所の拠点である天童市内にある教育関係機関等(県教育センター、天童高校、創学館高校)と天童市教育委員会(生涯学習課)との意見交換の機会を持ち、協力・連携関係を構築し、相互の連携を深めていくために、平成28年度より行われているものです。

 他己紹介によるアイスブレイクにはじまり、これまでの懇談会の流れを確認しながら、今年度は「一歩踏み出す」をテーマに、天童市内の中高生及び青年の社会参加の機会を増やすための方策と支援方法について活発な話し合いが行われました。委員の皆様からはそれぞれの立場で、地域の活性化やボランティア活動の推進のための貴重な意見が出されました。そして、「スモールステップ」をキーワードに、第2回のオールてんどう社会教育懇談会は高校生や大学生の若者が参加する会にすることを確認しました。次回が楽しみです。委員の皆様ありがとうございました。

 

2019.06.07:青年の家:[お知らせ]

YYボランティア推進研修会に向けて①

  • YYボランティア推進研修会に向けて①
  • YYボランティア推進研修会に向けて①

 青年の家では開所60周年記念事業として10月に「YYボランティア推進研修会」を計画しております。青年の家が昭和33年に設置されてから60年目に当たる今年度、その記念事業として、現在の本所の中核事業である「YYボランティア」に焦点を当て、記念研修会を企画し、YYボランティア活動のさらなる推進を図るものです。

 研修会の開催に向けて、今回は「YYボランティア」の創始者である堀米幹夫先生から、「YYボランティア」についてお話をお聞きすることが出来ました。先生からは、草創期の貴重なお話やワイワイと楽しく活動していたこと、また、当時ボランティア活動していた高校生が、現在様々な分野で活躍されている事をお聞きしました。さらに、持続的な地域社会を存続させるために社会教育の重要性や、ボランティア活動を通して、人間関係形成能力や自己肯定感・自己有用感が育まれるとのお話をいただきました。当時の活動や、ボランティアの重要性をエネルギッシュに語られる堀米先生に、ボランティア活動に対する情熱を分けていただいた貴重な時間となりました。堀米先生ありがとうございました。

2019.06.05:青年の家:[お知らせ]