HOME > 記事一覧

家庭教育支援研修会②「子どもの健全な発達~食育学習とスラックライン体験~」

  • 家庭教育支援研修会②「子どもの健全な発達~食育学習とスラックライン体験~」
 11月30日(土)に本所おいて家庭教育支援研修会②「子どもの健全な発達~食育学習とスラックライン体験~」が行われました。
 当日は天童市・山形市の幼稚園・小学校の幼児・児童・保護者の方々の参加がありました。講師として井上祐氏(県立東桜学館高等学校教諭)をお招きし、講義「食を通して心と体を健やかに育む」とスポーツ体験「親子で楽しむスラックライン」を行いました。
 講義では、食品や食材のカードを使って、子供たちや保護者が協力して食事のメニューを考えました。講師からは色のたくさん入った食事に心がけることを教わりました。
 スポーツ体験では、様々な高さや長さのスラックラインを設置して、大人から子供まで楽しみながら受講しました。子供たちは、初め上手にできなくても、保護者や職員が補助をしながら、バランスを取って次第に上手に渡るようになっていました。





2019.12.04:青年の家:[お知らせ]

山形県青年の家体験講座③「地域の食と文化-みそ作り体験-」

424.9KB - PDF ダウンロード
 山形県青年の家の主催事業である「山形県青年の家体験講座③地域の食と文化―みそ作り体験」が本所を会場に令和2年1月19日(日)に開催されます。

 詳しい内容はPDF(チラシ・申込書)をご覧下さい。

 県内の中学生・高校生・一般の方の沢山の申し込みをお待ちしております。
2019.11.27:青年の家:[お知らせ]

山形県青少年教育施設協議会合同研修会in青年の家

 県内の青少年教育施設が一同に介し、年に一度合同研修会を開催しています。今年度は、文化財・生涯学習課生涯学習振興室ほか、県内の少年自然の家の職員44名が県青年の家に集いました。1日目は、専門部会(所長会、研修部会、庶務・技能部会、施設管理責任者部会)、研修①(「天童のまちおこし!“66将棋”」)、情報交換会が行われました。研修①では6班に分かれて、天童ならではの66将棋で熱戦が繰り広げられました。また2日目は研修②(「古代人になろう!“西沼田遺跡公園”」)では天童市西沼田遺跡公園にて、組みひもづくりに挑戦しました。皆さん楽しく研修を行いました。今後の研修のヒントになればと思います。お疲れ様でした。











2019.11.15:青年の家:[活動レポート]

令和元年度第2回YYボランティアの集いのご案内

1MB - PDF ダウンロード

令和元年度第2回YYボランティアの集いが、県青年の家において12月14日(土)・15日(日)の1泊2日で開催されます。皆さんの参加お待ちしております!

詳しくはPDFをご覧ください。

2019.11.06:青年の家:[お知らせ]

令和元年度 第2回オールてんどう社会教育懇談会が行われました!

  • 令和元年度 第2回オールてんどう社会教育懇談会が行われました!
  • 令和元年度 第2回オールてんどう社会教育懇談会が行われました!
  • 令和元年度 第2回オールてんどう社会教育懇談会が行われました!
  • 令和元年度 第2回オールてんどう社会教育懇談会が行われました!
  • 令和元年度 第2回オールてんどう社会教育懇談会が行われました!

 オールてんどう社会教育懇談会とは、県青年の家の中核事業である青年交流事業及び青少年ボランティア推進事業を発展させるために、本所の拠点である天童市内にある教育関係機関(県教育センター、天童高校、創学館高校)と天童市教育委員会(生涯学習課)との意見交換の機会を持ち、協力・連携関係を構築し、青年(中学生・高校生・大学生等)のボランティア活動を支援するものです。具体的には、青年の家を拠点に地域の青年が「楽しい自主活動」を創造・計画・実行して、地域や若者同士がつながり合うことを目指します。

 今回は、6月の第一回目の懇談会を受けて、この懇談会の理念を具現化するために、天童高校・創学館高校・羽陽学園短期大学の皆さんから参加をいただき、仲間作りのための交流活動のスタートとなりました。指導リーダーに羽陽学園短期大学の石沢惠理先生をお招きし、充実した温かみのある和やかな交流活動ができました。参加者の皆さんからは、「はじめは緊張したが、少しずつ話すことができ、自由な発想でアイディアを出すことができた」「アイスブレイク(スケルメン)があったことにより班員と仲良く活動ができた」「コミュニケーション能力を高めることができた」「機会があればまた参加したい」などの感想をいただきました。

 次回は、令和2年6月に、学習ボランティア活動の計画を立てることをテーマにしながら交流活動を行う予定です。

2019.10.31:青年の家:[活動レポート]