YYボランティアビューロー(山形県|青年の家)

YYボランティアビューロー|わいわいボランティア
YYボランティアビューロー|ランダムイメージ
ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
寒河江市ボランティアサークル「チェリーズ」です。10月に社会福祉協議会からの要請で
2件の活動を行いました。

 一件目は、10月7日に赤い羽根共同募金活動を行いました。6人の高校生が二カ所に分
かれ、約1時間小雨の降る中、大きな声で募金を呼びかけました。初めての活動でしたが生
き生きと行うことができました。
 二件目は地元のグループホームの感謝祭のお手伝いです。5人のメンバーが綿あめやデ
ザートの模擬店担当・アトラクションの輪投げ担当に分かれ、自分たちも楽しく活動できました。
小さな子どもたち・おばあちゃんおじいちゃんたちの素敵な笑顔が印象的でした。




 10月22日(日)酒田市総合文化センターでおこなわれた生涯学習まつり内でチャリティ
カフェを出店しました。普段の活動で使用する部屋が飾りつけにより素敵なハロウィン仕様
のカフェに様変わり。また活動の様子も展示し紹介しました。
 ドリップしたコーヒーも担当者が太鼓判を押す美味しさ。たくさんのお客様がきてくれました。
 今回の出店でご協力いただいたお金は全額募金し、地域の福祉活動に役立てていただく
予定です。




 8月5日『3月のライオン 前編』上映会を行いました。
 当日は、事前に募集をかけたところ、PPスタッフが中高生合わせて20名以上集まり、
暑く熱い、にぎやかな状態でした。





 受付だけでなく、空いた時間に映写室で機材の説明も受け、1回目の上映後には、今回、
この作品の新庄市でのロケを担当された新庄フィルムコミッションの関氏を囲んでの「女子
会」を行いました。








 これで、代表の3年生は引退となりますので、また秋口以降メンバーを集めて頑張るつ
もりです。今日集まった中高生の中から次の世代が育ってほしいものです。
 今後ともよろしくお願いします。
 プライマルです。『3月のライオン(前編)』上映会の際、財団より贈呈を受けました。





 当日は東京より財団の方をお迎えいたしました。ありがとうございました。
 これからも頑張ります!
 プライマルです。7月22日(土)に行われました、「MOSOマルシェ」に参加しました。
 内容はいつもの折り紙ライヴで、当日は新庄東高のボランティアの方にも協力していた
だきました。








 次回は、8月5日の『3月のライオン(前編)』上映会です。こちらもボランティア
募集中です。
 プライマルです。例会の模様が7月12日の山形新聞に掲載されました。





 プライマルでは当日をはじめ、上映会ボランティアを随時募集中です。



 今年5回目を数える高校生限定イベント「ゆかたde花笠」。
 8月15日の実施に向けて、PRのために大石田駅前でチラシを配って呼びかけました。
 この日は19人が参加し、200枚ほどのチラシを配りました。今後は、SNSを使って
学校などでも呼びかけます。
 また、参加してくれた人に喜んでもらうため、これから何回も集まって企画を練ります。
 高校生のみなさん!大石田で夏の思い出つくりませんか?




 今回(7月9日)のプライマルの例会は、3月のライオン上映会への様々な作業の他、山形
新聞の取材がありました。
 阿部代表(写真左)やメンバーにとっては初体験でしたが、それでもいろいろお話しており
ました。ついでに、マスコミ関係への逆質問もあるなど、充実した内容だったようです。こう
した機会があるのもPPの醍醐味ではないかと考えるところです。






 7月1日(土)、大石田保育園の夕涼み会に行き、訪れた園児や小学生にバルーンを作って
プレゼントしました。
 事前に1回集まって、去年参加した先輩が講師となって練習会を行い、本番に臨みました。
 子供たちや保育園の先生方、地域の人たちに声をかけられ、貴重な体験をさせていただきま
した。
 多くの高校生がテスト期間中の大事な時間でしたが、それでも16人が参加し、みんなで協
力してボランティアをしてきました。







 6月18日(日)、山形市の文翔館前で開催された日本一さくらんぼ祭りの「ご当地グルメ
フェスティバル」に、大石田の青年サークル「大石田にぎりばっと部」が出店したので、お
手伝いに行ってきました。
 大石田の郷土料理であるにぎりばっとを復活させ、それをPRしながら町おこしをしている
「にぎりばっと部」さんから学ぶことはたくさんありました。
 にぎりばっとについて詳しく教えていただき、お客さんに聞かれても答えられるようにな
りました。また、並んでる待ち時間の間に、大石田のそばや花火大会のチラシを配り、大石田
に来てください!と大石田のPRもがんばりました。
 今後も一緒に活動をしていきながら、お互いに刺激し合っていい活動ができればいいなと
思っています。






 5月28日(日)、大石田町の最上川ふれあいマラソン大会に参加したランナーのために給水の
ボランティアを行いました。
 1年生から3年生まで8人で活動してきましたが、このボランティア活動は全員が初めて
でした。10キロコースの折り返し地点の給水ポイントと、ゴール後の給水所でレモンや飲み
物を提供しました。
 折り返し地点では、ランナーの気持ちになって、どうすればうまく水をとれるのか?を考え
ながら準備をしました。
 高校生が「がんばってください!」と声をかけると、「ありがとう!」という声が返って
きて、高校生たちはやりがいを感じながら最後まで笑顔で活動できました。


◎ボランティアに参加した高校生たちの感想
 大会に参加する側でなく、初めて大会を運営する側になってみて、今まで知らなかった
いろんなことが見えてきました。町の人だけでなく、町外の方もたくさん参加していて、
いろんな方といろいろ話ができて楽しかったし、とても勉強になりました。



 プライマルです。3月18日(土)は恒例のわらすこ広場での折り紙ライヴでした。
 3連休の初日ということもあり、多くの子どもたちに楽しんでもらえたようです。
 次回は、4月15日わらすこ広場です。
 なお、わらすこ広場では子どもたちとの交流をすすめるボランティアの参加を求めて
おりますので、各校のみなさんもいかがでしょうか?






 プライマルです。毎年恒例のゆめりあでの「YYボランティアフェスティバル」に参加しました!
 当日は中学生のボランティアの参加も有り総勢9名でのブースになりましたが、親子連れがひっきり
なしに訪れ、休む間もない75分間でした。








 市図書館より図書館まつり(12月11日)のボランティア要請がありました。「チェリーズ」
から4名が参加し大きな絵本の読み聞かせをしてきました。乳幼児や小学生低学年を相手に
上手に演じることができました。時々「おー!」と歓声があがったり、笑い声が聞こえたり
楽しい30分を過ごしてきました。読み聞かせの大先輩から、いろんなアドバイスをいただ
き「チェリーズ」のメンバーも勉強になったと思われます。メンバーたちからも来年も参加
したい、という感想があり有意義な半日になりました。



 寒河江市ボランティアサークル「チェリーズ」です。12月3日に「チェリーズお菓子
作り教室」を開催しました。
 当日は幼稚園年長〜小学校3年生子ども達と一緒にクッキーを作りました。交代でホット
ケーキのデコレーションをしたり、形を崩さないよう慎重に型抜きをしたり、みんな真剣に
頑張っていました。
 数名事情があって欠席しましたが、2つの班に分かれ体育館でボール遊びも交替でしまし
た。焼き上がったクッキーは袋に詰めてお土産に。お迎えに来たお父さん・お母さんに「私が
作ったんだよ」「上手にできたよ」と楽しそうに話していました。