HOME > 記事一覧

工房の周りを散歩する、”きじ”

  • 工房の周りを散歩する、”きじ”
雪が融けてから、天気が良いと毎日のように
きじ(雄かな?)が”餌拾い?”散歩してます。



甲高い鳴き声で存在を知らせて、
近づいてもあわてては、逃げません。

”男同志の共感?”を感じてます。


共に頑張ろうな!
2012.06.18:s-eturo:コメント(0):[鈴木悦郎メモ]

千葉在住の方からの問い合わせ

  • 千葉在住の方からの問い合わせ
千葉在住のご夫婦から、大江町型住宅に問合せ頂きました。
お二人の”終の棲家”として、大江町型住宅が
検討されているようです。

お二人の古里は、福島と山形とのこと、

旅の途中、偶々大江町型住宅との出会いがあり、更に具体的なお話の
お電話でした。

「大江町型住宅は、全国どこにでも建てさせていただきます。」
そのように、お応えさせていただきました。

”無垢材の安らぎ”や”堅牢な木組みへの安心感”などの
感想を頂きました。 とても嬉しかったです。

具体的なお話になります事に願いを込めて、
今日のブログとします。
(お話が進展しましたら、ご報告します。)
                    
写真の彫刻は、モデルハウスに取り付けてあります、
町の鳥”カワセミ”です。
2012.06.12:s-eturo:コメント(0):[大江町型住宅]

懐かしの旧車に逢って来ました。

  • 懐かしの旧車に逢って来ました。
 6月10日、寒河江SA最上川ふるさと総合公園の、ノスタルジック
カーミーティングに行って来ました。

 1970年・アロファロメオです。
秋田から駆け付けてくれたのですね、
オーナーの”愛情”が感じられました。

 実は、私若い頃、車のデザイナーになる夢がありました。
車のカタログや雑誌を、山ほど押入?にしまってました。

 今でも、車の話になると、止りませんね。
(GTR、ブルーバードP510SSS,ヨタ8、etc)
GTRの生みの親、桜井真一郎の話が新聞に載ってましたね。
日産の中村史郎常務は、前いすゞに居られたデザイナーで、
マーチやリーフは、彼の”風”を、感じます。
2012.06.12:s-eturo:コメント(0):[鈴木悦郎メモ]

大江町型住宅

  • 大江町型住宅
大江町がオーナーの”大江町型住宅モデルハウス”です。

テーマは、
”健康”エコ”こだわり”匠の技”ブランド材:西山杉”天然乾燥木材”です。

大江町の想いと、町の匠、町の建築士の技が結集したモデルハウスです。





大江町美しい森づくり協議会が2年前に発足、モデルハウスのコンセプト
の検討を重ねました。
 近くの山の木で家をつくるということは?
 いま、木の家をどうつくるか?
 家づくりの近代化がもたらしたものは?
 風土に根ざしたエコロジカルな家とは?
 職人の技術を生かし、地域でつくる。
 森づくり、人づくり、家づくり。

こんな言葉を繰り返し語っておりました。
その、皆の総意が、このモデルハウスです。
2012.06.07:s-eturo:コメント(0):[大江町型住宅]

(エアウェーブ:山形市) コートハウス

  • (エアウェーブ:山形市) コートハウス
借家の域を超えた、5棟のデザインコートハウスです。

オーナーのこだわりもあり、1棟毎の”建売”も視野に入れ計画しました。

構造は在来軸組であり、当時5人の若手棟梁の”卵”達が、
腕を競うように、現場に取組む様子が思い出されます。

100%トステム(当時)建材を使用し、デザインの統一や、
経済性の追求等の、チャレンジをしました。

2012.06.05:s-eturo:コメント(0):[WORKS]