雪灯篭まつりが今年もやってくる~1年3組雪灯篭つくり~vol.2

  • 雪灯篭まつりが今年もやってくる~1年3組雪灯篭つくり~vol.2
  • 雪灯篭まつりが今年もやってくる~1年3組雪灯篭つくり~vol.2
  • 雪灯篭まつりが今年もやってくる~1年3組雪灯篭つくり~vol.2
  • 雪灯篭まつりが今年もやってくる~1年3組雪灯篭つくり~vol.2
  • 雪灯篭まつりが今年もやってくる~1年3組雪灯篭つくり~vol.2

今年も雪灯篭まつりの季節です。

昨日記事をあわててアップしたあと、6時間目に雪削りをしました。

 

そうしたら・・・・

もう!!

固まった雪の固いこと!!

 

4日にざらざら雪を詰めた後に、気温が下がって

氷の柱になっていましたよ!

 

夏に「かき氷始めました」的な・・・。

 

 

とにかく削らなくては・・・、と3組のメンバーも意気込んだわけですが、

まず、板が外れないんです。

別な作業中だった男子生徒をつかまえて、「お願い!手伝って!」

普段は、男女別クラスで過ごす九里学園生徒ですが、(授業は男女一緒のものもあります)

やっぱりこんな時は、男子生徒の力が頼りになりますね☆

女子生徒(と女性担任)だけではびくともしなかった板を、一生懸命取り外してくれました。

「なんか、今日は男らしい。」と女子生徒の声。

こうやって、お互いのいいところを認め合って生徒は、大人になってゆくのですね。(しみじみ)

 

 

男子の活躍で目の前に現れた大きな氷の柱・・・もといトーフですが、

灯篭の形にしるしをつけて削りました。

のこぎり出動!

スコップ出動!

5組ではつるはしも出動していました!

削るのが大変でした。

 

結局3時間くらいかかって、やっと

「あ、なんか形になった・・・かな?」という感じでした。

 

こんな大変な雪灯篭つくりは、私も久々で、毎年生徒と作ってきましたが、

こんだけ固い氷のときは初めてでした。

生徒たち本当によくがんばりました!!

なんだか達成感・・・。

 

本日また、最後の手直しです。

 

※九里学園HPからこの記事をご覧になっている方へ

コメント投稿欄より下の、涼子のノートに記載されているhttp://samidare.jp/ryo06/note?p=log&lid=345236から見ていただくと、写真が複数見ることができます!!

 

2014.02.07:ryo06:[コンテンツ]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。