レインボープラン推進協議会

レインボープラン推進協議会
ログイン

 1.まちの5,000世帯の生ゴミが全量、土を豊かにする資源として
  田畑に戻っている。

 2.環境保全型農業への一つの流れをつくった。

 3.まちづくりへの市民参加が促進された。

 4.市民と農業、まちとむらが近づいた。

 5.環境教育、地域教育への貢献

 6.異業種間の融合と加工品づくり〜経済活動への波及〜
  市内の事業者によって、レインボープラン農産物を使った「レインボー
  ラーメン」「レインボーそば」、豆腐、味噌、納豆、野菜を使った
  菓子などの加工品も作られています。

 7.環境保全へ与えた影響も見のがせません。
  ゴミの減量が動機ではありませんが、結果として生活系可燃ゴミが、
  事業開始前の平成8年と平成9年度を比較して33%も減量
  (最近では37%)しています。
  可燃ゴミの減少は環境負荷の軽減(ダイオキシン、地球温暖化抑制)
  にも奏功しています。