HOME > 記事一覧

『リコーダーアンサンブル花音』 プラザロビーコンサート

  • 『リコーダーアンサンブル花音』 プラザロビーコンサート
阿部寛さんと女性たちがリコーダーを合奏している清涼飲料水のCMとか、
小学生が謎の演奏をするCMとか、最近CMでリコーダーを吹いている姿をよく見ます。
もしかするとリコーダーのブームが来ているのかも…
そのブームに乗ろうというわけではないのですが、
5月5日(金)こどもの日、
置賜でリコーダーでの演奏活動を続けている
「リコーダーアンサンブル花音(かのん)」のみなさんによる
コンサートをフレンドリープラザロビーで開催します。
入場無料、お客様と一緒に演奏できる曲も準備しています。
お手元のリコーダーを持って聴きに来てください。
お待ちいたしております。
2017.05.03:プラザ:[プラザの情報]

生活者大学校 吉里吉里忌 開催

  • 生活者大学校 吉里吉里忌 開催
生活者大学校、吉里吉里忌の開催まで残り2日となりました。
除雪後の雪が残る、会場の川西町フレンドリープラザ周辺も、
春の足音を感じられるようになってきました。
15日開催の生活者大学校、16日開催の吉里吉里忌の両日とも、
講演に若干の余裕がございます。ご興味の講座がございましたら
事務局までご連絡下さい。
☆15日の交流会にご参加を希望の方は事務局までお申し付け下さい。
電話:0238-46-3311
2017.04.13:プラザ:[プラザの情報]

4月1日(土)より図書館の閉館時間が変わります

  • 4月1日(土)より図書館の閉館時間が変わります
川西町フレンドリープラザ・町立図書館・遅筆堂文庫は
4月1日(土)から夏時間になり、火~土曜日の閉館時間が20時になります。
なお、開館時間は今まで通り9時30分です。
*休館日は月曜日、日祝の閉館時間は18時です。

平成29年度の開館・休館カレンダーも併せてお知らせいたします。
2017.03.31:プラザ:[プラザの情報]

こまつ座第116回公演『私はだれでしょう』は明日30日、18:30開演です。

  • こまつ座第116回公演『私はだれでしょう』は明日30日、18:30開演です。
 28日12時からはじまった搬入は、11tと4tの2台のトラックから舞台に運ぶこと1時間で無事終了。

 吊ものに柱、台組にパネル。夜の9時半にはご覧の状態です。

 ほぼ舞台は出来上がり、今日は昨日に引き続き、照明の調整、そしてサウンドチェックに入ります。
 
「私はだれでしょう」は東京公演を終えてこの芝居初の地方公演となる「川西町フレンドリープラザ」公演となります。
 キャストも本日夕方米沢駅に降り立ち、明日30日18時30分に開演です。
 生ピアノによる音楽いっぱいの井上芝居、当日券は17時30分より販売いたします。
ご来場をお待ちいたしております。
2017.03.29:プラザ:[プラザの情報]

「ことばの魔術師」のルーツ!? 企画展【井上ひさしと戯作】

  • 「ことばの魔術師」のルーツ!? 企画展【井上ひさしと戯作】
先月14日(火)から始まった企画展『井上ひさしと戯作』、ただいま開催中です。

井上ひさしと江戸の戯作・戯作者との関係を考える中で、今回は二つのキーワードを元に展示を展開しております。
1つ目は「言葉を操り笑いを生み出す魔術師」 言語学者並みの知識を持ち、自身も「ことばの魔術師」と呼ばれていた井上ひさしですが、自分がそういう物書きになろうとしたのは大学生の頃に出会った黄表紙(戯作の一種)にある、と本人が述べたことがありました。どんな黄表紙と出会い、井上ひさしは何を感じたのか?  
2つ目は「自らの志を果たせなかったもの」 井上ひさしはその基準を満たす、“真実の戯作者”として平賀源内を挙げています。多才な発明家として名高い源内は戯作方面にも明るく作品を幾つか発刊していたといいますが、なぜ平賀源内は真実の戯作者なのか?自らの志とは一体?

気になった方、ぜひぜひ一度展示を見に来てください。5月28日(日)まで開催しています。
2017.03.28:プラザ:[遅筆堂文庫の情報]