HOME > 遅筆堂文庫の情報

憲法について学ぼう! 企画展【生活者大学校2018 憲法を考える】

  • 憲法について学ぼう! 企画展【生活者大学校2018 憲法を考える】
2月14日(火)から始まった企画展『生活者大学校2018 憲法を考える』、ただいま開催中です。

今回は、4月14日(土)に行われる第31回遅筆堂文庫生活者大学校「大人が学ぶ『子どもにつたえる日本国憲法』」にさきがけまして、遅筆堂文庫にある憲法関連の書籍&井上ひさしが憲法について語ったものを集めたコーナーを作りました。

企画展は5月13日(日)まで開催しております。
生活者大学校でよりよい学びを得られること間違いなし!ぜひ一度お越しくださいませ。

吉里吉里忌の詳細についてはこちらをご覧ください。
2018.03.18:プラザ:[遅筆堂文庫の情報]

企画展【「円生と志ん生」著作資料展】は2月4日迄開催しています。

  • 企画展【「円生と志ん生」著作資料展】は2月4日迄開催しています。
遅筆堂文庫にて、企画展【「円生と志ん生」著作資料展】を開催しています。

10月14日(土) に行われるこまつ座の公演に合わせた展示です。
戦後の大連に600日間も閉じ込められた落語家、五代目古今亭志ん生と六代目三遊亭円生。性格も芸風も違う二人が駆け抜けた珍道中を、史実を交えて描く評伝劇。
執筆のきっかけとなったエピソードや参考にしたとされる資料の紹介など、公演の前に是非一度見ていただきたい展示となっております。

企画展は2月4日(日)まで開催しております。是非一度お越しくださいませ。
2017.10.14:プラザ:[遅筆堂文庫の情報]

吉良上野介から見た「忠臣蔵」 企画展【『イヌの仇討』著作資料展】

  • 吉良上野介から見た「忠臣蔵」 企画展【『イヌの仇討』著作資料展】
遅筆堂文庫にて、企画展【『イヌの仇討』著作資料展】が始まりました。

8月4日(金) に行われるこまつ座の公演に合わせた展示です。
井上ひさしさんの「忠臣蔵」への思いや関連資料の紹介、また川西町の古文書から突き止めた「なぜ上杉領内で『忠臣蔵』は上演禁止だったのか」など、これを観れば『イヌの仇討』をより楽しめること間違いなし。

企画展は9月2日(土)まで開催しております。是非一度お越しくださいませ。
2017.08.02:プラザ:[遅筆堂文庫の情報]

あの2日間をもう一度! 企画展【吉里吉里忌2017レポート】

  • あの2日間をもう一度! 企画展【吉里吉里忌2017レポート】
5月30日(火)から始まった企画展『吉里吉里忌2017』、ただいま開催中です。

4月15日(土)・16日(日)に行われた、吉里吉里忌2017の講演内容をまとめた展示となっております。
1日目の第30回生活者大学校のテーマは「原発・沖縄・TPP」。小出裕章氏・宮本憲一氏・山下惣一氏をお招きし、いま日本を取りまく大きな問題3つについてのご意見をお伺いしました。
2日目は、井上ひさし氏のふるさと川西町で3回目の開催となった吉里吉里忌。鼎談「小説のたくらみと愉しみ」では作品にまつわるエピソードやおすすめ作品の紹介、講演「井上ひさしと江戸」では度々井上作品の舞台となる“江戸”の文化や暮らしについてのお話をたっぷり聞かせていただきました。

企画展は7月2日(日)まで開催しています。ぜひ一度お越しください。
2017.06.23:プラザ:[遅筆堂文庫の情報]

朗読セミナーがありました!

  • 朗読セミナーがありました!
6月8日に朗読セミナーがありました。今年の講師はNHK日本語センターの斎藤季夫さん。
毎年恒例のこのセミナー、今回のテーマは“話すように読むのではなく、話す”。ドリアン助川さんの『あん』の文章を用いて、自然で存在感のある読みを皆さんで練習しました。
一人ひとりに「名詞ははっきり、特に頭を意識する」「現代文を読むときは調子をつけない」「顔を上げて間を取る」など細かいところまで指摘していただき、2時間があっという間に過ぎていきました。この講座で学んだことを、読み聞かせなど様々な機会で活かしていきたいですね。
2017.06.09:プラザ:[遅筆堂文庫の情報]