HOME > 記事一覧

「@足し算ラブ@」と「@引き算ラブ@」の違いは「ある」かどうか

どうして@足し算ラブ@は、そうまでして認められたいのでしょう。
 それは、「今、その状態じゃない」
「今、そういう自分ではない」と思っているからです。
 「ない」からすべて始まっています。

 愛されていない。
 かわいくない。
 しあわせじゃない。

 あれがない、これがないって「ない」ことばかりに目が向いています。
 だからその状態をどうにか埋めたくて、がんばってしまう。

 それでも望んだ結果が得られないと、
 「認められないのは、私の頑張りが足りないからだ」
 「かわいくないのは、私が頑張っていないからだ」
 と自分のせいにして頑張り続けます。

 頑張りが足りなければ、どうする?
 ・・・・・・もっと、頑張るしかないよね。
 頑張っても、まだ認められなかったらどうする?
 ・・・・・もっともっと、頑張るしかないよね

 「頑張る」には終わりはありません。
 「頑張る」以外の選択肢がないのです。
 「私の頑張りが足りないんだ」と自分のせいにしたり、
 「これだけ頑張っているのに、なんで認めてくれないの!」と
 相手にキレたりして、いつまでも頑張り続けるしかありません。

 言い換えれば「今、その状態じゃない」自分を、ずっと責めているとも言えます。


 では、@引き算ラブ@はどう考えているのでしょうか。

 私は、認められている。
 私は、愛されている。
 私は、かわいい。
 私は、しあわせだ。

 「もう、すでにある」「すでに私は持っている」が
 前提になっています。だから足していく必要がないのです。
 もう愛されているのですから、頑張る必要がありません。

 @引き算ラブ@は「女王様キャラ」といいましたが、
 女王様って特別の女のことではありません。
 特別に美人でも、頭がいいわけでも、仕事が出来るわけでもありません。
 @足し算ラブ@よりなにかすごく優れているわけではないのです。

 唯一違うのが、「ない」ではなく「ある」を前提にしているということ。
 これはもう自分で決めればいいことです。
 「ある」ことにするのです。
 「かわいいって思ってほしいな」
 「みんなから認めてほしいな」と
 他人任せにするのではなく、
 「私ってかわいいの!」と自分で決まればいいということ。
 そう信じればいいのです
2019.08.10:おやコミ研究所:[親業会員情報]

引き算するのが怖いのはなぜ?

 どうして@足し算ラブ@は、なかなか引き算できないのでしょうか。

 なにもしなくてもいいんだから、すごく簡単そうですよね
 なにもしなくても、認められる。
 しなければしないほど、勝手に周りがちやほやしてくるというのに。

 なぜ出来ないかというと、@足し算ラブ@は、引き算していくのが怖いからです。
 すごく怖いんです。
 だって、これまでの人生で、ずっと、
 「あれをしたら、愛される」
 「これをしたら認めてもらえる」と
 思って生きてきたのですから。

 今までずっと「○○をしたら、愛される」というように、
 条件付きの 人生を歩いてきたから、
 その条件を失ってしまうのは、すごく勇気が必要です。

 条件付きだから、周りの人に愛されている。
 条件がなくなれば、周りの人に嫌われる。
 ・・・・だって私だから・・・。
 心の奥では、そう思っているのです。
 だから、@足し算ラブ@は、いつも欠乏感でいっぱいです。


 料理が出来ないから、愛されない。
 手順を忘れてしまったから、認められない。
 言い方がきついから、話しかけてもらえない。
 
 認めれない理由なら、いくらでも出てきます。
 だから、
 料理が出来るようにならなけらば、
 手順は完璧に覚えなけらば、
 いいコミュニケーションをしなけらば、
 ガンバらなけらば・・・・って、
 あれもこれも出来る私をめざすことになってしまいます。
 足し算をせずにはいられなくなるんですね。

 しかしこれには際限がありません。
 だって、料理ができるようになったのに、まだ認められていない!って思ったら・・・・?
「料理だけじゃダメなんだ。じゃあ、掃除も洗濯も完璧にしなきゃ!」と
 もっともっと頑張るからです。
 
 聞いているだけで疲れてきますよね。
 それでも、@足し算ラブ@は、いつまでもどこまでも、あれもこれもと頑張ります。
 なんにもしない@引き算ラブ@と真逆です。

 これまで足し算で生きてきた人が引き算するのは、
 タケノコの皮を無理矢理一枚ずつ剥ぎ取って行くような物です。
 あれもこれも先回りして足して、分厚い皮を被って、張りぼて状態で、
 それでももっとどんどん足して、どうにか生きてきたのに、
 それをはがしていくのはしんどいこと。
 恥ずかしいことです。

 でも、剥がしていったら最後には、”本当の私”が顔を出します。
 その姿は、絶対に人には見られたくない 、自分も見たくない姿かもしれません。

 でもそんな分厚い皮は、剥ぎ取った方が楽だとは思いませんか?
2019.08.10:おやコミ研究所:[親業会員情報]

劣っているから認められないって思っていませんか?

@足し算ラブ@は、@引き算ラブ@がすごく苦手です。最もいらつくタイプです。

 だってなーんにもしないから 。
 何にもしないのにモテるし、皆に愛されている。
 だからなんだかすごく得しているようにみえてしまいます。
 @足し算ラブ@は、心の中で、こう思います。

 わたしはこんなに頑張っているのに!!

 頼まれもないのに、あれもこれもして、たくさん頑張る@足し算ラブ@ですが、
 その根っこには、「私は劣っている」という思いがあります。
 劣っているという気持ちがあると、次のようなスパイラルにはまっていきます。


 私は劣っている
    ↓
 どうせ私は、ダメなんだ
    ↓
 ダメなんだから、人一倍、がんばらなきゃいけない
    ↓
 頑張ったら認めてくれた!褒めてくれた!
    ↓
 よし、もっと頑張ろう!
    ↓
 今度は認めてもらえなかった・・・。もっともっとがんばらなきゃ!
    ↓
 それでも認めてもらえない私は、ダメなんだ・・・・・。
    ↓


 私は劣っている。だから受け取る価値はない。

 このような気持ちが出発点になっていると、
 @引き算ラブ@のように「私だから、それでいいの!」とシンプルに思えません。
 劣っているから、あれもやってこれもやって、めちゃめちゃ頑張るくらいで、
 やっと周りにふさわしい自分になれると思っています。
 だから、あれこれと尽くしますが、
 でもその結果は報われないどころか、嫌がられたり、否定されたり、
 落ち込んでしまうことが増えてきます。。
 そして最後は
 「どうせ私はダメなんだ」「やっぱり私は愛されない・・・」と
 落ち込んでしまうわけです。


 例えば、上司から連絡がない。
 たったこれだけのことが@足し算ラブ@にとっては一大事です。
 一気に不安がどどーんと押し寄せてきます。
 それはどこかで
 「私が劣っているから、しかたがない」
 「私だから、そういう目に遭うんだ」と
 思っているからです。
 こういう思考パターンに陥っている@足し算ラブ@は、
「上司から電話がない」という単なる事実を、次のように解釈してしまいます。

 「私のことを認めてないから、電話をしてくれないんだ」
 「なんで電話してこないの?私から電話するなんて出来ない」し
 「私、なにか嫌われるようなコトしちゃったのかな」

 もうマイナスのループにはまっています


 周りの人がきいたら、
 「それってたんなる思い込みじゃない?いちいち気にしなくていいよ」と
 いいたくなります。
 でも@足し算ラブ@は、「劣っている」私が前提だから、
 「やっぱり私のことを認めていないのかな」とか
 「私がダメだから電話もくれないんだ」と
 勝手に結びつけて不安になったり自分を責めたり拗ねてしまうんです。

 でも、事実は「上司から電話がない」と、それだけのこと。
 ということは、こんな考え方も出来ますよね。

 上司ははすごく急がしくて電話するタイミングがないのかもしれな
 上司は突発的なことに対応しているのかもしれない

 もしその通りなら、上司が電話をしない理由は、あなたとはなにも関係がありません。
 あなたを認めていないから電話をしないって、見当違いもはなはだしい。
 だけど、「私のことを認めていないから・・」って
 一度ネガティブなループにはまったら最後、もうそこから抜け出せません。


 これが、@引き算ラブ@だったらどうでしょう。
 上司から電話がなくても、
 「あれ。そういえば電話がないなぁ。たいしたことないんだな~」で
 おしまいです。
2019.08.10:おやコミ研究所:[親業会員情報]

頑張るから、周りの人も仕事も遠のいていく

私は劣っているから頑張らなくちゃ。

 そう思う@足し算ラブ@は、「認められたい」という気持ちが強い人です。
 周りの人に認められたくて頑張ります。
 その気持ちが特定の人に向くと、こんなふうになります。

 私が、守ってあげなくちゃ。
 私が、なんとかしなくちゃ。
 私が、助けてあげなくちゃ。
 あの人を支えられるのは、私しかいない。
 あの人を理解できるのは、私しかいない。

 そこまで思わなくてと・・・・という感じですが、
 @足し算ラブ@はなんとかしてあの人に認められたいわけです。
 この「認められたい」という気持ちは、「頑張る」原動力になってしまいます。
 皮肉なことに、尽くせば尽くすほど、相手は面倒になってしまうのです。
 頑張れば頑張るほど、嫌がれてしまうのです。

 「こんなにあなたのためを思っているのに!」
 「こんなにあなたのためにがんばっているのに1」

 でも、あの人からしたら、「頼んでいないよ!」と言いたいところです。
 だから、お礼を言うのもせいぜい最初のうちだけ。
 だって、頼んでもいないから。

 でも@足し算ラブ@は、そんなあの人を見て
 「まだまだ足りないんだ!」
 「認められていないんだ」
 ともっと尽くしはじめるのです。

 そんなあなたを見て、あの人はこう思います。
 「うるさいー!」
 「面倒くさい!」
 「しつこいんだよ!」
 挙げ句に、あなたから離れていってしまう・・・・・。

 そんなことを繰り返していたら、すごく辛いですよね。

 でも、「認められたい」って思って頑張る限り、
 いつまでもこういう辛いことが続いてしまうんです。


2019.08.10:おやコミ研究所:[親業会員情報]

「人はあなたのどんなところを好きだと思いますか?」

 @足し算ラブ@か、@引き算ラブ@か、一発でわかる面白い質問があります。

 「人はあなたのどんなところを好きだと思いますか?」


 こう聞くと、@足し算ラブ@はこんなふうに言います
 「・・・料理が上手なところかなあ?」
 「仕事に打ち込んで頑張っているところ・・・?」
 「いつも一生懸命に相談に乗っているからかな」

 では、@引き算ラブ@はなんて答えるでしょう?
 「好きなところ?どこだろう?・・・私だから!!」

  は~?って感じですよね。
 でも@引き算ラブ@は、何で人に好かれているのかなんて、いちいち考えません。
 「私だから好かれるの」
 そう信じているのです。
 私だから、何もしなくても世話をやいてもらえるし、
 私だから、みんなが喜ばせようとしてくれるんでしょ?って思っています。

 つまり、@引き算ラブ@のすごいところは、
 「ありのままの私でいい」「そのまんまの私で誰からも好かれる」と
 思っているところです。
 「ありのまま」「そのまんま」というのは、
 もともとかわいいから愛されるとか、性格がいいから好かれるとか、
 そういうことをいっているのではありません。

 むしろ、逆。
「すごいダメなところも、ドロドロなところも、すべてひっくるめて私。
 そういう私でいい!」
 と思っているんです。

 もし誰かから嫌われたとしても、全然平気です。
 だって、その人に嫌われても、私の価値は変わらないって信じているから。
2019.08.10:おやコミ研究所:[親業会員情報]