HOME > おやコミ通信

まーくんin山形

藤原勝氏のセミナーが昨日・今日と行われた。


マー君は、気づきのワークもやるけど
真面目なセミナーもやるんですよ。


19日は
ストレスのない組織をつくる 第112回産業メンタルヘルス研修会
20日今日は
マネジメントスキル習得研修  人材育成編

どちらも、参加者参加型でとても盛り上がりました。


ワークで初対面なのに(だからこそ?)双方向のコミュニケーションができるって
素晴らしいと思いました。

ありがとう!!
2018.09.20:おやコミ研究所:[おやコミ通信]

まーくんと話したこと  気づきのワーク

  • まーくんと話したこと  気づきのワーク
まーくんから どんなことやりたい??
と連絡がありました。

毎年自分と向き合う時間があるのですが
参加者にとっては
今までにない時間なので
戸惑う場合もあるのではないか
そんなことを、伝えました。

その時間があることで
気づくきっかけになるということでした。


気づく
どうなりたいか
自分でむきあう
なかなかできない時間を持つ時間は必要なんだと感じました。


2018.09.01:おやコミ研究所:[おやコミ通信]

これなん~だ  気づきのワーク

  • これなん~だ  気づきのワーク
来週参加するとわかりますよ

まーくんの鐘

これがワークの始まりの音

いい音色です 
2018.08.31:おやコミ研究所:[おやコミ通信]

自分らしく生きる  気づきのワーク

  • 自分らしく生きる  気づきのワーク

気づきのワークを伝えるのに素敵な言葉がありました。
カール・ロジャースの言葉です。


自分らしく生きるための心理学
 ロジャースの心理学は、社会の風潮の毒された、本当はどこにも存在していない「自分らしさ」とうい幻影を追い求めるこのような生き方とは無縁です。
また、自己改造セミナーのトレーナーが言うように、私たちの心のどこかに「まだ磨かれていないダイヤモンド」のような「真の自己」が潜んでいるからそれを発見せよ、などと解くわけではありません。

 それは、もっと力の抜けた、楽な自然体の生き方です。気負ったり装ったりばかりしているのを辞めて、あるがままの自分で居ることを自分に許すことができる。
ありのままの自分を自分で自分として受け入れ、認めることができる。そんな生き方のことです。


カール・ロジャース入門 自分が”自分”になるということ
諸富祥彦から引用


おすすめ情報・講座のご案内はこちら

2018.08.28:おやコミ研究所:[おやコミ通信]

自分の枠組を知ることができる  気づきのワーク

  • 自分の枠組を知ることができる   気づきのワーク
例えば、
家族でも誰でも人と向かい合うとき
相手が「~~~    」と言えば
自分は相手が~~~~と言ったのだから、と
その言葉に合わせて自分の行動を とる
そして自分の思ったとおりにことが進まないと
怒りを感じる
小さな怒り 大きな怒り かは別にして

なかなか、まっいいか、とはならないもの

そういう場合でも
自分はこう思う癖があると思うだけでもラクである。

自分の癖を知ることができるワークショップです


おすすめ情報・講座のご案内はこちら
2018.08.27:おやコミ研究所:[おやコミ通信]