気づくと、そこに まっしろい(笑)華

  • 気づくと、そこに まっしろい(笑)華

桜色に咲くさくらの木が、「いま」は、

まっしろな色のさくらの木たち。ありがとう~。

さまざまなところから、また、さまざまな日常から、教わることが、たくさん「あり」ます。

こうして立って「いて」くださる。わたしに、すがたや姿勢をみせてくださる。

そして、また、わたしたちに、桜の色をみせてくださる。

 

桜の色に色づくまで、

見えない、ちから強さや、厳しさや、たくましさや、

気温、天候、水分、土壌、風、すべてがあって、春をみせてくださいます。

 

雪国にとっては、この2月も、冬真っただなかではありますが、

自己調整、メンテナンス、時間を有効活用して(笑)、芽吹く春を迎えられたら、と思います。(笑)

 

暦のうえでは、そろそろ、節分と立春ですが

ふと、思いました(笑)

わたしは、「暦」が(だいすき?(笑))

「暦」があると、あるというだけで、

ホッとする節が、あるようです(笑)。

遠~い昔は(笑)、暦をそばに置いていたのかもしれません。(笑)

 

そして、それは、きっと、わたしにとって大切なひとときで「あった」と思います。

自分にとっても。そして、必要な方にとっても。

そのなごりは、多少、存在して「いる」かもしれません(笑)。すがたを変え(笑)、

 

いまを生き、気づいたら動く、

動いたら、その都度その都度の気づきがでる。

その気づきの積み重ねが、先を創る。その先も、その先の時点は、「いま」と成り、

そうした、まっしろな(笑)華が咲いてゆくのかもしれません。(笑)

 

先人の方々は、そうしたさまざまなことを知って、動いて、こられたのかもしれません。

わたしも、そうした方向へと、道へと、すすんでゆきたい、と思っています。

日々、さまざまな教えを、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.01.31:ototoiro:[人生、という旅、道]