HOME > 停車場ノート

「お帰り」と出迎えてくれるような

6月12日(土)

「お帰り」と出迎えてくれるような温かみのある駅舎ですね。

 

6月20日(日)

 昨日はとれいゆつばさに乗り、足湯とおいしいお酒を堪能しました。あいにくと天気には恵まれなかったけど、アテンダントさんたちの笑顔にあたたかさを感じました。高畠で一泊し、古い駅舎を堪能するためにフラワー長井線の羽前成田駅に降りました。

 駅舎に入る風が心地よく感じられ、目を閉じると安らぎを感じました。普通運賃表を見ながら空想の旅をすることもできました。この場所が永遠に続くことを祈り、願います。次は西大塚駅に行きます。(神奈川在住)

2021.06.25:orada3:コメント(0):[停車場ノート]

みんなで大切にしていきたい

  • みんなで大切にしていきたい

6月5日(土)

長井高校芸術(写真)部2年生2人、1年生6人で撮影会に来ました。今年度も宜しくお願いします。

 

6月6日(日)

囲炉裏と時計がとてもすてきですね。長井の駅が変わったので、木の駅舎、これからもず~っと大切にしていきたいです。みんなで。

 

 

【おらだの会】駅舎の環境は、おらだの会だけで守っているのではありません。今年も環境保全会の皆さん方が線路の西側の草刈作業をしてくれました。また夕方一人で、除草剤を散布してくれている人もいます。27日は駅協力会の皆さんが草刈り作業を予定しています。みんなに支えられてこの駅があり、風景があります。みんなに感謝です。

2021.06.21:orada3:コメント(0):[停車場ノート]

また来てみたいなぁ

  • また来てみたいなぁ

6月3日

久しぶりに来ました。昔ながらのすてきな駅舎がまだ残っていることを素晴らしく思います。私も小学生時代、ここ成田で育ち、自然豊かな場所でたくさん遊んだのを覚えています。また来てみたいなと思いました。

 

 

【おらだの会】

・写真は斎藤順一「そば畑を走る」~長井線を応援する地元写真家7人展Ⅱより

2021.06.15:orada3:コメント(0):[停車場ノート]

時をつないできた駅舎は・・・

  • 時をつないできた駅舎は・・・

「大正、昭和、平成と、時をつないできた駅舎は、令和の今に多くの人をなごませる」

 

素敵なメッセージを添えて、心をなごませる水彩画を残していってくれました。JRwH24さんは2019年8月にも成田駅においでになったようです。もしかすると、他の駅にも描かれているんじゃないだろうか。他の駅の絵を見てみたいし、機会があればお顔を拝見したいものです。

 

2019年の絵はこちらからどうぞ。

→ http://samidare.jp/orada2/note?p=log&lid=474924

 

 

 

 

2021.06.05:orada3:コメント(0):[停車場ノート]

小学生に戻ります

  • 小学生に戻ります

5月16日

大江町左沢から車で来ました。左沢線左沢駅の旧駅舎は成田駅と雰囲気が一緒です。昔の左沢駅を思い出しに来るには、とても良い駅です。祖父も祖母もどこからか出てきそうです。待合室に座ると、小学生に戻ることができます。成田駅、ありがとうございました。(Murakami)

 

【おらだの会】

・写真は加藤弘一「最上川絶景」~長井線を応援する地元写真家7人展Ⅱより

2021.06.03:orada3:コメント(0):[停車場ノート]