HOME > 停車場ノート

もっちぃと鮎貝りんごとあゆみちゃん

  • もっちぃと鮎貝りんごとあゆみちゃん

 駅ノートイラスト展もいよいよ明日で終了となりますが、羽前成田駅のノートに描かれた素敵な作品を紹介します。「8月8日 健酸」の署名があるこの作品は、待合室の細かな所まで丁寧に描写されています。天井近くに設置されて気づきにくいスピーカー、端々のコンクリートがはがれているスロープ、引き戸の窓ガラスから見える工事用のコーン・・・。

 

 囲炉裏を囲んでいるのはもっちぃと鮎貝りんご、そして山形鉄道のHPに登場する広報担当のあゆみちゃんのようです。この3人が登場するイラストは初めて見ました。3人はどんなことを話しているのだろう。健酸さんにはどんな会話が聞こえていたのだろうと尋ねてみたくなるような絵です。

 

2021.08.28:orada3:コメント(0):[停車場ノート]

特別な時間をありがとう

  • 特別な時間をありがとう

8月16日

神奈川から免許合宿で長井に来ました。最初は余りの違いに驚きましたが、2週間もいると愛着がわくものなんですね。また来ます。(大学生4人組)

 

8月17日

上の方と同じく免許合宿のため埼玉から来ました。当初この駅で下車する予定はなかったのですが、レトロな木造の駅舎そして風になびく風鈴と虫が奏でる音色に魅了されて、気づいたら列車を降りていました。時代が進むにつれて景色も目まぐるしく変化していますが、こういった変わらない場所があることはとても素敵な事だと思います。特別な時間をありがとうございました。(20歳 大学生)

 

 

【おらだの会】写真は過去の駅ノートを小冊子にまとめたものです。駅茶(旧駅務室)に展示しています。

2021.08.24:orada3:コメント(0):[停車場ノート]

私は平成生まれですが

7月10日

私は平成生まれですが、昭和の時代にタイムスリップしたかのようなこの駅が好きです。

 

7月11日

埼玉から来ました。昔懐かしくて感動しました。(83歳)

 

2021.07.19:orada3:コメント(0):[停車場ノート]

あれは幻だったのか

7月6日

7月3日、短歌を作っているので、そのために長井駅から荒砥駅まで乗ってみて、羽前成田駅が文化財であることを知り、車窓から駅務室に扇風機が見え、興味を持ち今日、7月6日、車で来てみました。旧駅務室に扇風機などなく、あれは幻だったのか。ストーブが2台、藤棚。北側の広場の端にナス、トマト、ズッキーニ、オクラ、ネギ、これは誰の畑?

あずまやのテーブルが巨木なのがいいネ! 待合室の昔の運賃表、柱時計もいいネ!!

木造駅舎永遠に、地元の人たちの愛が見える。(長井市民70代)

 

【おらだの会】3日の日はとても暑かったので、自宅から扇風機を持参していました。長井線で詠まれた短歌を拝見したいものです。ぜひぜひ!

2021.07.09:orada3:コメント(0):[停車場ノート]

アジサイはまだですか?

  • アジサイはまだですか?

6月○日

神奈川から合宿で赤湯へ。山形鉄道の良さを知り、3日に1回ぐらい乗っています。また来ます。アジサイはまだですか? (まえだ) 

 

6月28日

清掃の行き届いた駅舎です。地元の人の思いが伝わってくるような駅です。心が休まります。(Оkuyama)

 

【おらだの会】写真は7月7日の状況です。満開までは、もう少しかかりそうです。

2021.07.07:orada3:コメント(0):[停車場ノート]