HOME > 羽前成田駅100年物語

(43)何を残したいのか  写真撮りツアーで学んだこと

  • (43)何を残したいのか  写真撮りツアーで学んだこと

 平成24年の9月8、9日に『写真家宮嶋康彦さんと歩く写真撮りツアー』を開催しました。横浜や静岡などからの参加者も含め十数名の方が、カメラを片手に地区内を歩き回りました。しかもこの両日は成田八幡神社の祭礼にあたり、9日は駅前で歌謡ショウなども行われる第1回の成田絆祭りが行われることになりました。横浜から参加された女性の方からは、「田舎で何もない所だと言われたけれど、横浜の方が何もないことを知ってショックだった。」との感想をいただきました。

 

 6月に下見に来てくれた際に、宮嶋さんからいただいたアドバイスを紹介します。「普通の暮らしの価値」「何が大切で何を残したいのか」「媚びないで欲しい」との言葉が、コロナ禍の今ひときわ重く感じられます。私たちが残したいものは、一体何だろうか。

 

・自分の故郷を見直す、生まれ育った風景を見直すきっかけにして欲しい。

・普通の田舎が正しくあること、普通の暮らしに価値があることを理解して欲しい

・景勝地がないことを悲観することはない。都会の参加者は「普通」に心が癒されるもの。

・旅人は長い歴史を感じたい。時間が作り上げた歴史と失われたものを感じたいものである。

・長井で有名な黒獅子は村祭りが基本であり最も魅力のあるものである。黒獅子が練り歩く町を大事にして欲しい。

・何が大切で何を残したいのか。媚びないで欲しい。

 

写真撮りツアーの様子はこちらから

 → 成田駅イベント情報:山形鉄道 おらだの会 (samidare.jp)

 → 町歩き魅力ポイント写真帳:山形鉄道 おらだの会 (samidare.jp)

 

 

【おらだの会】写真はツアーに参加した小松さん提供。獅子舞の前に身を清める子供たち。

2022.06.18:orada3:コメント(0):[羽前成田駅100年物語]

(42)「学ぶ」ことを始めました  平成24年度

  • (42)「学ぶ」ことを始めました  平成24年度

 第2期の改修事業を終えてから、ようやく会としての独自の活動を模索することになります。その第1弾が7月22日の「駅舎の魅力と成田の歴史を学ぶ会」。講師に致芳史談会会長の色摩貫司さんと山形工科短大の小幡知之教授を迎えて開催しました。

 

 この時の小幡先生の講演をもとに、おらだの会では平成28年に「羽前成田駅の魅力」を発行し、さらに西大塚駅との比較パネルを制作することになります。さらに成田の歴史や町並みの魅力を教えてもらったことが、次回紹介する「写真家宮嶋康彦さんと歩く写真撮りツアー」へと展開されることになります。(それにしても、珍しく真面目に勉強もしたのですね。)

 

 小幡先生の講話の内容はこちらから

 → 木造駅舎の魅力:山形鉄道 おらだの会 (samidare.jp)

 

 西大塚駅との比較はこちらから

 → 駅舎探検(成田VS西大塚):おらだの会 (samidare.jp)

 

 

【おらだの会】現在「成田駅の魅力」は完売しており、販売いたしておりませんのでご了承ください。

2022.06.14:orada3:コメント(0):[羽前成田駅100年物語]

(41)山鉄応援の輪が広がる

  • (41)山鉄応援の輪が広がる

 平成24年度も山形鉄道応援の輪が広がった年で、成田駅も応援の対象として認知されてきたようです。4月28日から5月6日までは、山形鉄道大学で講師を務められた鉄道写真家 米屋浩二さんが中心になって西大塚駅、成田駅、蚕桑駅で連携事業が行われました。

 

 西大塚駅では米屋浩二さんが、成田駅では永山さんが写真展を行い、蚕桑駅ではイルミネーションが設置。昨年の沿線サミットなどを踏まえた沿線連携を目指す最初の事業企画だったと思います。またこの時成田駅で写真展をなされた永山さんにはその後も成田駅においでいただき、写真データの提供など協力いただいています。

 

 そして第2弾は、東北地方の私鉄を応援している団体「みちのく鉄道応援団」から特製スタンプ3基が山形鉄道に寄贈されたことです。その3駅が荒砥、宮内、羽前成田駅でした。成田駅が3駅に含まれたことにどのような経過があったのかわかりません。また当時の私たちは、「押し鉄」という楽しみ方があることも知りませんでした。事務室が開場していない時は押すことができないこのスタンプを目当てに降車される方も少なくありません。このスタンプは新しい人たちとの出会いをつくってくれたもので、今では成田駅の宝物となっています。

 

 

 停車場ノート41 木造駅舎がギャラリーに:山形鉄道 おらだの会 (samidare.jp)

 

 成田駅の宝物(21) 特製駅スタンプ:おらだの会 (samidare.jp)

 

 「押し鉄のススメ]:山形鉄道おらだの会 (samidare.jp)

2022.06.10:orada3:コメント(0):[羽前成田駅100年物語]

(40)第2期改修事業と卒寿を祝う会

  • (40)第2期改修事業と卒寿を祝う会

 第2期(平成24年度)の改修は、西と南側の屋根及び壁面補修、正面腰板部分のトタンの撤去と窓の木枠化を行った。待合室に囲炉裏が設置されたのもこの時である。竣工を祝う会は、開業90周年にあたるため卒寿の祝いを合わせて行うこととした。テープカットの記事に書かれた前宮崎会長の独白が心に残ります。

 

 「成田駅に致芳小学校の先生と児童、そして地元のただ一人の子供であるトモちゃんが参加してくれた事が、とても嬉しかったです。年寄りの想いが、次の世代の記憶に残ってくれればなあ、と思ってます。」

 

 

改修工事の様子はこちらから

→ こうして羽前成田駅は甦った:山形鉄道 おらだの会 (samidare.jp)

 

竣工と卒寿を祝う会の様子はこちらから

 成田駅イベント情報:山形鉄道 おらだの会 (samidare.jp)

 

2022.06.08:orada3:コメント(0):[羽前成田駅100年物語]

(39)鉄道写真講座と雪灯り回廊ツアー

  • (39)鉄道写真講座と雪灯り回廊ツアー

 忙しかった平成23年度の最後の事業協力が、平成24年2月4-5日に行われた山形鉄道大学(鉄道写真講座)であった。「有名鉄道写真家米屋こうじ先生と行く鉄道写真教室ツアー」と題していた。内容では羽前ニャリ太駅長と成田鯉の駅長のお出迎え、駅舎内喫茶店造りとかまくら造り体験、かまくらで餅焼きなどとある。

 

 この時期に駅前広場を中心にランタンの制作をやっていたが、それに加えてかまくら造りの準備をしなければならなかった。忙しかったからだろうか、ツアー参加者の皆さんと交流した記憶がほとんどない。ただ、これまで一緒に事業に協力してくれた地元短大生が卒業制作としてランタンを作り、この会場に展示してくれたことを覚えている。

 

 彼の夢は「駅舎で喫茶店をやること」と語っていたが、この年の春卒業していった。「駅茶」とは彼の夢を聞いたときに付けられた名前である。100周年にもう一度会いたい一人である。

2022.06.04:orada3:コメント(0):[羽前成田駅100年物語]