HOME > 羽前成田駅イベント情報

お爺さんは柴刈りに(6月30日)

  • お爺さんは柴刈りに(6月30日)
  • お爺さんは柴刈りに(6月30日)
  • お爺さんは柴刈りに(6月30日)

 6月30日(日)に羽前成田駅・白兎駅協力会と協同で、ホーム西側と駅舎の南側の草刈作業を行います。写真で分かるように、桜の時期には草や雑木も見えなかったのですが、2か月たった今では、ジャングルの様相を呈しています。草刈りというよりは、柴刈りです。特に桑の木は、草刈り機で処理できない程に太くなっています。蚕の養育が可能だったのは、桑の木の成長力があってのことだと聞いたことがありますが、100パーセント納得してしまいます。

 それはさておき、今年は、「インスタ映え」などをイメージしながら、「撮影スポット」をつくっていくスタートの年にしたいと考えています。当日は朝6時集合、7時までの作業になります。草刈り機の燃料とペットボトルのお茶1本しか差し上げられませんが、ご協力いただける方は、成田駅前にご集合ください。

有難う広田先生

  • 有難う広田先生
  • 有難う広田先生

 長井高校写真部展は、6月9日(日)に作品の搬入と展示作業を行い、14日から公開しています。16日(日)は、鉄道写真家・広田泉さんによる講評(好評)会が行われました。広田さんは、展示された全作品について講評。部員は、熱心にメモをとり、終了後も広田先生に質問する部員の姿がありました。最後に部長からは、「今年の長井線祭りの時も展示会をするので、ぜひ見に来てください。」との挨拶がありました。

 広田先生とは、東北大震災の年に「頑張ろう東北 元気が出る鉄道写真展」を開催していただいたのが縁で、今日までお付き合いをいただいています。長井高校生には一昨年からご指導いただいています。また、16日の会に出席するために、当日、深夜に千葉を出発して、駆けつけてくれました。

 広田先生からは、「これからが楽しみです。」とのメッセージが届けられています。秋の展示会には、「広田先生、これどうだ!」と言えるような作品を見せて欲しいものです。有難う、広田先生。頑張れ、生徒たち!。

 

【長井高校写真部展】

  7月7日(日)までの毎週金・土・日の午後1時半から4時まで

ジャングルの中の激闘

  • ジャングルの中の激闘
  • ジャングルの中の激闘

 「成田清流のふるさと環境保全会」の皆さんが、線路沿いの草刈り作業を行ってくれました。同会の総勢19名の方が、13日、14日の両日、朝5時から7時までの「朝仕事」以上のハードな作業に取り組んでくれました。場所は野川鉄橋の北側から成田駅北側まで。

 作業にあたった方は、「野バラや桑の木、カヤ、蔓などと格闘しました。特に駅の北側は初めての場所なので、まさにジャングルの中の激闘でした。」と語ってくれました。幾重にも重なって横たわる残骸を見ると、激戦の様子がありありと目に浮かびます。お疲れさまでした。そして、30日は、羽前成田駅・白兎駅協力会の皆さんとおらだの会で、格闘第2弾を実施します。

少しは参考になったのでしょうか

  • 少しは参考になったのでしょうか
  • 少しは参考になったのでしょうか

 本日、関東地区の民間鉄道会社で組織している関東鉄道協会の皆さん方が、視察においでになりました。おいでになられたのは、技術委員会土木部会の皆さん方で、最上川橋梁を見学した後、荒砥から乗車して羽前成田駅で降車されました。おらだの会会長のボーっとした説明にも、あくびもせずに真剣に耳を傾けられていました。少しは参考になったのでしょうか。

 協会には第三セクターの会社も加入しているようですので、お互いに切磋琢磨し、応援し合える関係がつくられればいいですね。それにしても、駅前まで大型バスが入って来られたことに驚きました。

長井高校写真部展が始まるよ

  • 長井高校写真部展が始まるよ

長井高校写真部の作品展「物語のある風景」が今週末から始まります。全国大会出場を果たした3年生が引退して、2年生4人が新入部員12人を引っ張っていきます。ありふれた景色と時間の中に、眩いばかりのアオハルが見える作品が並んでいます。30年あるいは半世紀前の若者も、ぜひご覧になってください。なお、6月16日の午後は、会場で鉄道写真家・広田泉先生による高校生に対する学習会を予定しておりますことをご了承ください。

 展示期間 6月14日(金)~7月7日(日)の毎週金・土・日

 開場時間 午後1時半から4時まで (入場無料です)