HOME > 記事一覧

まんだらの里へ~メロディーシェフのケーキを音どけしてまいりました。

  • まんだらの里へ~メロディーシェフのケーキを音どけしてまいりました。
きのうは、山形県の山辺町にある
作谷沢小・中学校へお伺いさせていただきました。

全校生徒22名の学校ときいてまして
まんだらの里とは、知らず。驚きました!

水車があったり、湧き水が豊富にあり
プールのお水が天然水らしいです。凄いな~
美味しい空気を深呼吸。

菅野校長先生とは昨年、宮城県の村田町で
行われました、被爆ピアノの演奏会でお会いし
それからのご縁で、山形で先生が続けていらした
被爆ピアノの演奏会のことを、ゆっくりお伺い
してみようと思い、そしてオルガニートをおともに
お邪魔させていただきました。

サプライズオプションで、長靴とジャージまで
ご用意いただき、ジャージも学校以来かな(笑)

学校の敷地内のわらび取りをしましょうと。
こんなことできる学校はとても貴重ですね。
生徒さんも、少し前にわらび取りをされたそう。

オルガニートのケーキをみなさまへ音どけさせて
いただき、みんなのキラキラした眼差しが
印象に残りました。お粗末さまでした。

その後、菅野校長先生と山菜取り名人
片桐先生と楽しませていただきました。

たくさん持ち帰ったわらびのアク抜きに
今日は1日費やしたところでした。

なんと、3,6キロもありました!

オルガニートよりはるかに重たかった(笑)
まさかそんなに持ち帰ってたとはね~
ありがとうございました!

アク抜き早くしなくっちゃと
重曹は買わないとないし
火鉢の灰を使うことに。

自然には、無駄がなくて
うまくまわっているものなんだなと
感心するばかりでした。

寸胴鍋でもあれば、一度にドーンと
つくれるでしょうが土鍋や鉄鍋
ホーロー鍋を使いまわし冷めたら
ジップロックに小分けしてな感じで

わらび 400グラム
灰   100グラム
お湯  2リットル

こんなに作ったのは、はじめてでした。
山菜取りをしたのも、何年ぶりかな。
夢中になりました。

肌で、山の生命力を感じながら
これ食べたら元気になるよ~とか
おしゃべりしながらね。

片桐先生のわらびの入れ方…
ひとつだけ、お店に並んでいるような
綺麗に揃えて詰めた袋があり
これはメロディーシェフでも
校長先生のでもなさそうと(笑)

お話しも、興味深いお話しをされていて
メロディーシェフは、見習いたいと
思うことばかりでした。

いろんなヒントをいただきました。

明日は、教えて頂いたレシピで
いただくことにします。楽しみ。

身近な方々へ
お裾分けもしましょうと。
2019.05.31:ただの なおみ:comment(8):[被爆ピアノ]

ダンゴムシ大作戦!

  • ダンゴムシ大作戦!
第一弾に蒔いたひょうたんの芽が
ダンゴムシに食べられ
全滅してしまいました。。悲しい。。

第2弾に植えた種がひとつ出てきて
でもまたダンゴムシに
かじられはじめていました。

ダンゴムシさん達は
新芽が大好きなのかな。

ミントをそばに植えたり
ハーブの匂いで散らせないかと
試してみましたが
ハーブに食いついていいかもと
観察していたけど
やっぱりダンゴムシは、うろうろしていて

第1段は、食べられっぱなしでしたが
殺虫剤などは使わず
どうにか守ってあげることはできないかと
数日、悩んでおりました。

そして今朝、寝起きにヒラメキが
さっそく実行してみることに

土から葉っぱをめがけて上がってくるから
あがれないようにしてみようと
透明フィルムを筒状にしてみました。

そうだもっと身近なペットボトルを
筒状に切れば簡単にできるじゃないと(笑)

ダンゴムシを入れないように注意して
今のところしっかり守られている模様(喜)

ひまわりの芽も食べられはじめているから
またダンゴムシかな?
土から上がってくる虫には、いいかもと。

ペットボトルでガードをつくることに。

共存できるかな。
これからも観察は続きます。
2019.05.29:ただの なおみ:comment(0):[ひょうたんで楽器をつくろう]

藁にまみれて~こしみの衣装つくり

  • 藁にまみれて~こしみの衣装つくり
ALO~HA~(笑)

来月のひょうたんワークショップにと
以前、福島県天栄村で、正月飾りのしめ縄を
たくさん頂いていたのを、引っ張り出し。

ネジネジをほどきミシンで繋ぐ
こしみのできないかなと。
ウエーブかかってますけどね。

ホントは、シンギングボウル敷用藁として
頂いて来たのだけれど、まだつくってなく

ひょうたんワークショップにどうかなと
ひとつしか作る藁がないけど
順番にはいてみるでもいかなと

パウスカートのかわりにね。
雰囲気つくり大作戦その1でした。

その2もまたまた作り物で
これから試作してみることに。

ハワイアンミュージックを聴きながら
気分の準備です!
2019.05.25:ただの なおみ:comment(0):[手づくり]

たった1つの音色をつくろう!

  • たった1つの音色をつくろう!
音のれすとらんの2号店が
イーハトーブにあります。

私の中での認識のみに近いけどね(笑)

岩手県の平泉にて
メロディーシェフのまな板オルガニートが
さっそく活躍しているとのことで

高齢者の方々へ、音どけされているとの
おたよりを頂いていました。

嬉しいですとっても~

たくさんの方に、音どけするには
やはりオルガニートは小さい音なのです。

それで、反響箱のオーダーをいただき
メロディーシェフと同じタイプをと

でも、木材が多少違うので
響きが同じではなくて。

メロディーシェフの場合
反響箱じゃなくて
コンロレンジといいます(笑)

ちゃんと五徳もあって
音のおままごと用にこしらえましたが
音を大きくする役目が、五徳には
あるのでした~

2号店も、五徳にしようか
箱でまな板オルガニート本体をかぶせようか
小さい引き出しで、何度もお試し、お試し。

とびきりよい、引き出しがあって(笑)
下に敷いたり、上にかぶせたり
音の変化を聴き比べ
それを参考に、つくろうかと思ったのですが

そういえば、ひょうたん達は
バラフォンみたいに反響ひょうたんとして
使えないかなと。。

メロディーシェフのお茶碗ひょうたんを
処分せずにあったのを、引っ張り出して

ミニミニウォータードラム達なんです。

さっそく、ひょうたん品評会をはじめました。

はじめ2コでは、やっぱり不安定だなと
見た目もまあるいし
こんなお姿、見たことないだろなきっと。

でもでも、3つ、4つにすると
底はまあるいのに、がっしり安定感が
う、うまれてる!!

何だこれ~!!
夜な夜な大発見!!(笑)

ひょうたんの組み合わせを
とっかえひっかえしてみたところ
ベストメンバーあらわる~!!

高さも微妙に違うんだけどな。。

そして、重要なのが音です。
オルガニートをまわしてみると

すご~い!!

いちばん響きが良かった引き出しと
同等に響いてました~

またなんども、聴き惚れてしまいました(笑)

ナチュラルサウンド完成!

メロディーシェフはオススメのスタイルですが
果たしてこの見た目を、皆さん受けとめて
くださるだろうかが、問題でした。

ひょうたんもひとつとして
同じ形はなくて、人も同じだね。

種から育てたひょうたん達
唯一無二の存在に気づいていただける
自分を愛でるサウンドが
平泉にも響いてくれたらいいなぁ。

反響箱もあと少しの作業で完成まじか。
あっ!コンロレンジだった(笑)

…色々ガサゴソしていたら
はじめてオルガニートをつくっていただいたとき
の記念プレートが出てきました。

みると2000年とありました。

オルガニートとであって、19年も月日が
流れていた事に驚き(笑)

これからも、美味しい音をつくっていこうと
楽しさ倍増のメロディーシェフでした。

メロディーシェフのひょうたん反響お椀
見ためかなり未来的だけど、原始的なか(笑)
迎え入れてくれるといいなぁ。

音の違いにびっくりしていただけたら
バンザイだね!
2019.05.24:ただの なおみ:comment(0):[ひょうたんで楽器をつくろう]

ひょうたんのミツロウワックスクリームつくり

  • ひょうたんのミツロウワックスクリームつくり
今日は、大きなカレー皿が真っ二つに
割れちゃいました。ガッシャーン!!
厄落としかな(苦笑)

6月9日のひょうたんワークショップ準備に
といってもそれだけではなくて

お肌のクリームとして使ったり
お家の柱磨き用ワックスや
木の楽器達のつや出しやら
オールマイティーに。

ミツロウは、ハチ蜜の森キャンドルさんの
上質かつ安全なミツロウをお願いして。
いつもありがとうございます!

オイルは、マカダミアナッツオイルを
選んでみました。30%OFFに惹かれて(笑)
食材売り場のだけど、マッサージにもOKらしい。

ナッツは食べるけど、オイルははじめて
独特な香りと味がしますね。

瓶にミツロウを入れ
相変わらずの目分量(笑)
ホットプレートで湯せんして

とりあえずミツロウの3倍の
オイルをプラスしてみました。

かき回し用の木のスプーンについた
クリームをハンドクリームにぬりぬり
するとしっとりしました。

自分もまわりも、お手入れお手入れ(笑)

使い切ってしまったマカダミアナッツオイル
の瓶を眺めていたら最近、楽しんでいる
ハーバリウムつくりの瓶に丁度いいかもと。

ラベルを綺麗に剥がして、ストックしました。

ひょうたんワークショップご参加の方へ
材料として小分けです。楽しみ楽しみ!
2019.05.22:ただの なおみ:comment(0):[ひょうたんで楽器をつくろう]