HOME > 星に願いを音どけするチベッタンシンギングボウルの調べ

明日は「星に願いを音どけするチベッタンシンギングボウルの調べ」

  • 明日は「星に願いを音どけするチベッタンシンギングボウルの調べ」
日中は、仙台市天文台プラネタリウムのプラネくんに、ご挨拶。
あらたに聴いてもらいたい、お星さまの音色を、プラネタリウムに響かせて頂きました。お楽しみに。

音ぎばなし「星たちの唄ごえ」という、オリジナル童話の朗読と、シンギングボウル演奏をさせて頂きます。

目指せ!満員御礼ではありますが、お越しくださった方へ、丁寧に音のおもてなしを音どけしましょうと、心に命じました。


夜は、榴ヶ岡公園に天文台の天体観測車、ベガ号がやってくる日でしたので、早速お出かけ。

雲の合間から、明日のお話しに登場する、本物の冬のダイヤモンドなど、じっくり目に焼き付けてきました。お月さまが新月に向かってる今頃、星たちは鮮やかにみえますね。眺めてみてください。

しばらくみないうちに、ベガ号の側面に画面が、埋め込まれていて、驚き!星座盤は暗くて見にくいですが、光っている画面で、より理解しやすくなってました。

リアルなお星さまにも、明日はお客さまいらっしゃいますようにとお願いしたら、雲隠れ(苦笑)

でも、星たちはきっと、聞き入れてくれたと信じて。
シンギングボウル達と優しく唄います。

興味ございましたら是非、おやすみにきてください。

ご予約なしの当日9時からチケットは発売されます。
お席は、自由席となり、シンギングボウルの音色を直に体感されたい方は、どうぞ前のお席へ。

星空を楽しみたい方は、後方がおすすめですよ。
お待ちしております。


星に願いを音どけする
チベッタンシンギングボウルの調べ

キラキラ輝く夜空のお星さまと、チベッタンシンギングボウルの宇宙の子守唄(倍音浴)
プラネタリウムでの癒やしのひととき。
ただのなおみ創作童話「音ぎばなし」朗読、合わせてご賞味ください。

とき  2月10日(土)19:00-19:45。
ところ 仙台市天文台プラネタリウム
出演 「音のれすとらん」ただのなおみ
チケット 
当日9:00から天文台インフォメーションにて販売。
一般500円。小・中・高校生200円。
未就学児・障害者手帳無料。
天文台ファンサポーター100円引き。

お問い合わせ 
仙台市天文台 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32
tel 022-391-1300

よろしくお願い致します。

らくがきお絵描き

  • らくがきお絵描き
今日のお絵描き、完成とはいかず、まだ途中です。

2月10日の仙台市天文台プラネタリウム
「星に願いを音どけする
チベッタンシンギングボウルの調べ」の音ぎばなしの絵を描いていました。

お話は、出来上がり。

ギリギリまで、微調整しながら1日のお終いに、読んで寝ています。

内容から浮かんでくる絵を、少しばかり添え朗読とともにスクリーンにあげていただいておりました。

つたない絵ですが。。
わたし流でイメージをふくらませて。

メロディーシェフ今回は、願が叶う銀河チョコレートもらえるのでしょうか、、お楽しみに。

冬の澄みきった音、どうぞ食べに来てください。
お星さまと、シンギングボウル達とお待ちしております。

メロディーシェフはもう少し、お絵描きに集中でした。

ふたご座流星群、流れ星の銀河チョコレートもらいました!

  • ふたご座流星群、流れ星の銀河チョコレートもらいました!
きのうの晩、ふたご座流星群みえるかなと、音のれすとらんから眺めていました。最近、オリオン座などきれいにみえていて、うっとり。

お風呂あがりだったので、湯冷めしない程度にしばらく眺めていたら、キラリっと星が落ちました(嬉)

お願いごとは、一瞬でできませんでしたが、メロディーシェフの銀河チョコレートかも!?と

…私の創作童話「音ぎばなし」の、今年の夏と秋に仙台市天文台プラネタリウムにいらした方しか、分からない話しではありますが…願が叶う銀河チョコレートが登場するお話しでした。

秋のお話しでは、メロディーシェフに届くはずの、銀河チョコレートが、おあずけだったので、きのうは、本物の流れ星しを1つ見つけ、やっと願が叶う銀河チョコレート来た~と、思ったのでした(笑)

嬉しい反面…

一昨日は、お婆ちゃんにお別れをしてきました。

数え年で、105才の生涯を閉じました。

お婆ちゃんに会うたんびに、ピアノやってるか?と話しかけられることや、子どもの頃の出来事など、思いだしていました。

また光がひとつ消える瞬間を目撃し、とても感慨深い気持ちの中から、また新たなお話しが産まれそうです。

ありがとうございました。

静寂の時~星に願いを音どけするチベッタンシンギングボウルの調べ

  • 静寂の時~星に願いを音どけするチベッタンシンギングボウルの調べ
きのうの新月は、音のれすとらんでの、お月さまライブを飛び出し、仙台市天文台プラネタリウムから、シンギングボウルを音どけさせて頂きました。

ご来場の皆さま、誠にありがとうございました。
はるばる遠方からお越しくださった方も(嬉)

そして、ツイッターやフェイスブックページ、インスタにて、いいねやシェアして頂いた方々、メッセージをくださったお友達、この記事をご覧くださっている方々、周りの方におすすめして頂いた方々、天文台の皆さま、あと父&母に、あつく感謝申しあげます。

と~っても感無量な、新月でした。

お客さまは、はじめていらしてくださった方が大半をしめていたようで、今までにくらべものすごく少人数だったので、なんでこんなに人気のない演奏会だと、不審に思われてしまったかもしれません。

天文台さんにも、中々お役に立てずな私で、申し訳ないなという現実的な悩みも大きいです。

しかし、公演を終え、私自身が感じたことは「無」だったのでした。投影担当の仲さんも、同じだったようで、ふたりで心からにっこりしていたのでした。

静かな喜びってあるんですね!

というのは、はじめからおしまいまで、拍手がない公演。私は以前、拍手はいりませんと告知して演奏を行なうことがあったのですが、告知せず自然な流れで静かに始まり、静かにとじた演奏会をじっくり体感させて頂きました。

言葉で表現するのは難しく、あの空気感は一生忘れられないご褒美だったと。私の中では、忘れることの出来ない日となりました。

シンギングボウル達も、静かにじんわりプラネタリウムに響き渡っていたと思います。私もリアルタイムで自分の演奏を客席から聴いてみたいのですが、、

私の細胞にはしっかり記憶されました。

はじめていらした方は、驚いたかもしれませんね。
拍手もなく、客席ガラガラ状態を(苦笑)

演奏中、咳き込む方もいらっしゃり、堪えずに出し切ってくださって構いませんし、寝息が聴こえてきたり、宇宙の子守唄になってるやった!と、密かに感じながら。

少しのお時間ですが、夢の世界から覚めずに、お帰りになってくださったらという思いが伝わっていたら嬉しいです。

有り難いことに、来年の2月10日に次回の公演をさせて頂きます。真冬の季節の音楽と星空と新たな音ぎばなしを、音どけさせて頂きます。

またのご来館心よりお待ちしております!
どうぞよろしくお願い致します。

今回の「音ぎばなし」絵ができあがりました。

  • 今回の「音ぎばなし」絵ができあがりました。
やっと完成!
こちらは、途中のものですが。。

テーブルの上は、画材やらボツにした絵やら星くずで、埋まってます…片づけが大変だな。。片づけ苦手なメロディーシェフでした(笑)

新月にちなみ、お月さまのおはなしをさせて頂きます。
お楽しみに!