現実と虚構

  • 現実と虚構
認知革命以来、我々にんげんの世界は、
現実と物語(虚構)の二つでもって出来ている。

無いものを在るように認識できる、この能力こそが、
僕たちをホモ・サピエンスたらしめてきた訳だが、
きっと貨幣などはその最たるものなんだろう。

当たり前だが物語には原作者がいる。

途中で編集した人もいるだろうし、
それを広めた人もいるだろう。

生まれた時から存在するものや、
沢山の人が信じているものを、
僕たちはつい現実であるように思ってしまいがちだが、
多くの場合、それは誰かがこしらえて、
多くの人が信じることで成立した精巧で秀逸な物語だ。

疑えという意味ではなく、
願わくば子供たちには、
すべての拘束から自由になって、
新しい物語を紡いでいって欲しいなと思う。
2018.09.12:NAO:[メモ・雑感]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 15件
昨日 34件
合計 545,618件