焼き場に立つ少年

  • 焼き場に立つ少年
https://plaza.rakuten.co.jp/siawasesuper/diary/200509240000/?scid=wi_blg_amp_diary_next

故ジョー・オダネル氏が撮影した「焼き場に立つ少年」。

写真は何度か見たことがあったが、
背景は知らなかった。

「誇り」とは何か?

所属(土地、組織、血統など)を根拠にするものと、
自分自身の過去に向けられたものとがあるように思うが、

今の日本人に足りないものだと言われたら否定できないし、
それは昔海外を放浪した際に嫌というほど味わった感情でもある。

いずれにしろ、
何かしら人が生きていく上での
足場になるものであろうとは思うし、

この写真のように、
特にその人の底力とか生命力が試されるような、
ライフぎりぎりの土俵際での踏ん張りには、
少なからず影響しそうな気がする。

未来を生きる子供たちに、
できればギフトしたいもののひとつです。


誇りで飯(メシ)は食えないが、明日を生きる糧(カテ)になる。
2018.08.16:NAO:[読みログ]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 206件
昨日 145件
合計 540,939件