エコノミーとハピネス



幸福学の第一人者である前野さんの講義。

発展途上の研究なのだろうが、
とても興味深く面白い。

エコノミーとハピネス。

GNPに対して、
地域総生産量(Gross Local Product)というのは
当然考えられるだろうが、

国民総幸福量(GNH)という概念があるのなら、
地域総幸福量(Gross Local Happiness)
という指標があっても面白い。

総生産量では敵わなくても、
総幸福量ならばどうか?

安全も健康も経済も、
一定程度担保されている「先進国の田舎町」って、
頑張れば案外いいとこ狙えると思うのだが。

個人的には、両方バランス良く上げていくのが
地域としては吉。
2018.01.11:NAO:[読みログ]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 33件
昨日 228件
合計 531,545件