HOME > お知らせ

もちつき

  • もちつき
  • もちつき
  • もちつき
  • もちつき
  • もちつき

1月19日にもちつき大会がありました。今年は保護者のお父さんにお力をお借りして餅をつきました。

もち米が入ったもちつき機から湯気が出てくると、「アッ!湯気出てる」「何か匂いする!!」と炊きあがる様子に気付いて指さす姿があったり、餅の目つぶしでは「がんばれ!」と自然と応援する姿がありました。

異年齢の3人組で餅つきをすると「もーちつき、ぺったんこ♪」と歌を歌ったり、「美味しくなーれ」と餅にことばをかける子どもたちでした。

給食の餅を「うまーい」「噛みきれないね」など友だちと話ながら沢山おかわりをして食べました。

2018.01.26:nanbu:コメント(0):[お知らせ]

クリスマス会その②

  • クリスマス会その②
  • クリスマス会その②
  • クリスマス会その②
  • クリスマス会その②
  • クリスマス会その②

クリスマス会が終わった後、年長の数人が集まっていました。

「サンタさん、プレゼントを届けて疲れているんじゃない?」と多忙なサンタさんを心配する子どもたち。そこで、コーヒーとお菓子を準備しておもてなしすることになりました。

お菓子とコーヒーを子どもたちで作り、クリスマスツリーの下に置きました。手紙も書きたいとのことで、「いつもプレゼントありがとう」「たまに手伝わせてね」などメッセージも添えました。

 お昼寝から目覚めた子どもたちは、すぐにツリーのもとへ集まりました。あわてんぼうのサンタさんは、約束通りプレゼントを持ってきてくれたのです。そして、ツリーの下に置いていたコーヒーやお菓子が空になっており、お手紙もなくなっていました。

「サンタさんお菓子食べてくれた」「本当に来てくれたんだね」と大興奮の子どもたちでした。後日、サンタさんから子どもたちへお手紙が届きました。

年長児のサンタさんを思う優しい気持ちに心温まる保育者でした。

2018.01.04:nanbu:コメント(0):[お知らせ]

クリスマス会その①

  • クリスマス会その①
  • クリスマス会その①
  • クリスマス会その①
  • クリスマス会その①

12月22日にクリスマス会がありました。

前週にクリスマスツリーの飾りつけやクリスマスにちなんだ制作を行っていた為、

期待に胸を膨らませていた子どもたちです。

 クリスマス会では、火の神様が登場し火の大切さや火の温かさを教えて頂き、

代表で年長組の子どもたちがろうそくに火を灯してもらいました。

ゆらゆら揺れる火を静かに見つめ、きよしこの夜を歌い心が安らいだ様子でした。

その後、クリスマス物知りクイズに盛り上がっていると…どこからか鈴の音が聞こえてきました。

「メリークリスマス」とサンタさんが登場し、大喜びの子どもたち。「どこからきたの?」「空は飛べる?」「私のプレゼント作った?」など子どもたちからの質問に答えてくれる優しいサンタさんでした。しかし、肝心なプレゼントを忘れてしまったとあわてんぼうなサンタさん。「お昼寝している間に急いで届けるからね」とお約束をして記念写真を撮って帰っていきました。

「プレゼントなにかな?」「早く寝ないと」とワクワク、ドキドキでクリスマス給食を食べた子どもたちでした。

2018.01.04:nanbu:コメント(0):[お知らせ]

五百羅漢見学

  • 五百羅漢見学
  • 五百羅漢見学
  • 五百羅漢見学
  • 五百羅漢見学

年長組の五百羅漢見学がありました。

「お釈迦様は何人いますか?」「お釈迦様は願いを叶えてくれますか?」

「羅漢様に女の人はいますか?」などたくさんの質問をしてきました。

子どもたちの質問に一つひとつ、優しく答えてくださった住職さんでした。

また、五百体の羅漢像は一人ひとり表情が異なっており、その中に自分に似ている像があるそうです。「パパに似てる」「これはママ」とおうちの人を探す子どもたちもいました。

最後にお経を読んで頂き、静かに手を合わせた子どもたちでした。

2018.01.04:nanbu:コメント(0):[お知らせ]

なんぶみんなの広場パート2

  • なんぶみんなの広場パート2
  • なんぶみんなの広場パート2
  • なんぶみんなの広場パート2
  • なんぶみんなの広場パート2
  • なんぶみんなの広場パート2

たんぽぽ組(年少児)は絵本の「こぶたほいくえん」を題材に普段の生活の様子やゲームボックスからジャンプできるようになった様子を見てもらいました。

すみれ組(年長児)はりんご狩りに行った経験から「りんごがひとつ」を題材に自分たちで衣装を作ったり、イメージを広げオリジナルのキャラクターに変身して劇を発表しました。

ゆり組(年長児)は得意なこととしてリズム運動、縄跳び、そうじを見てもらい、最後にクラスで「友よ~この先もずっと~」を遊戯し、「トモヨ」の文字を作って見せてくれました。

 今年は子どもたちから「こうしたらいいんじゃない?」「これしたい!」の声を大事にした取り組みを行い、いきいきとした姿を見てもらった発表会でした。

2017.12.28:nanbu:コメント(0):[お知らせ]