HOME > 9月子どもたちの様子

お星さまになったすずめさん

  • お星さまになったすずめさん
  • お星さまになったすずめさん
  • お星さまになったすずめさん

 乳児園庭にすずめが死んでおり、職員がもも組(2歳児)に見せてくれました。

「病院に連れて行こう」と話すM君。

死んでしまったから病気は治らないこと、お釈迦様の所に行くことを伝えると「かわいそう」と話す子どもたち。すずめをどうしたら良いか一緒に考え「ナムナム、お経をあげてくれる人誰だっけ?」と尋ねると、「次長先生!」と応えてくれた為、夕方次長先生にお経を読んで頂くことになりました。

 夕方、次長先生にご祈祷して頂き、静かに手を合わせた子どもたちです。その後、お墓を作り「お星様になってね」「また会おうね」とお花を飾りました。

 子どもたちのすずめに寄り添う気持ちに成長を感じ、2歳児なりに考え、命と向き合う機会になりました。

保育まつり (2018/9/1)

  • 保育まつり (2018/9/1)
  • 保育まつり (2018/9/1)
  • 保育まつり (2018/9/1)
  • 保育まつり (2018/9/1)
  • 保育まつり (2018/9/1)

9月1日(土)に毎年恒例となっている保育まつりが開催されました。

南部保育園を代表して、年中・年長の子どもたちが「ミッキーマウスマーチ」を大きなステージで披露してきました。

年長の子どもたちにとっては初めての大きなステージ…

そして、地域の皆さんの前での発表もこれが初めて!!

ドキドキワクワク緊張の反面楽しみでもあったようです。

いざっ本番!!

頼もしい年長さんに手を引かれ、いつも通りの笑顔と元気な掛け声で、南部のミッキー&ミニーさんたち堂々と発表することができましたsmiley

発表を終え、お父さんやお母さんのもとへ帰ると、一気に緊張の糸がほぐれ

「緊張した~」「楽しかった~」と話している子どもたち。

でもその顔は、自信と満足にあふれているようでした。

みんな、本番もがんばったねyes

1