ながいファン倶楽部

ながいファン倶楽部
ログイン


地元農家の方が復活に取り組んでいる在来の枝豆「馬のかみしめ」が
まもなく食べ頃を迎えます!在来種の枝豆として資料に残っているの
は鶴岡のだだちゃ豆とこの「馬のかみしめ」なんだそうですヾ( ̄□ ̄)ツ
「馬のかみしめ」は普通の枝豆よりも収穫時期が遅いため(9月末〜
10月上旬)枝豆としては晩生種と言われています。

▼先日「さわのはな」を栽培している遠藤孝太郎さんのところで、
「馬のかみしめ」の収穫の様子も見せていただいちゃいました(*^▽^*)ノ


▼一粒一粒が普通の枝豆と比べると大きいですねo(*'o'*)o!


▼そして、茹でた状態では分かりませんが、大豆にした状態だとこの
ように馬が噛んだ歯型のような模様が見えますよね?




実際に茹でた枝豆をいただいたのですが食べ応えがあるとっても
おいしい枝豆でした!実際食べた方々にはコクがあって美味しく、
口飽きしないと好評なんですよヾ(=^▽^=)ノ

現在「馬のかみしめ」は地元グループによりお菓子、味噌などの加工品
食品開発が盛んに行われているそうです。この「馬のかみしめ」を楽し
みながら魅力を確かめ合い、復活作戦にパワーを得る為『伝統野菜と
新野菜と楽しむ会』が昨夜TASビルにて行われました。

▼山形スローフード協会理事長の仁藤斉さんからの挨拶がありました。


▼「馬のかみしめ」を使った料理(春巻き、煮物、じんだん大福等)の
他に地大根「花作大根」の漬物や新野菜「行者菜」を使った様々な料理
が紹介されました。


地元の伝統野菜や新野菜の魅力を再認識する良い機会になりました(*^▽^*)

2009.10.02:nagai-fan:count(2,222):[メモ/長井のうまいもの]
copyright nagai-fan
powered by samidare
community line
http://yamagatan.com/
http://go-chi.net/
http://oki-tama.jp/