避難者支援・10月定期交流会~秋のいも煮会をしました!!~

  • 避難者支援・10月定期交流会~秋のいも煮会をしました!!~
10月28日(日)、
避難者の方々が結成した《きびたき長井甦るの会》が
初めて主催する『秋のいも煮会』が行なわれました。
会場は相馬市から避難後、
長井で開業した洋食店《アトリエ・パッション》で行なわれました。

今年も震災後長井に避難されていた世帯、
避難者を支援していただいた方にご案内させてもらいました。
 
代表の村田さんから「年に2・3回、あまり形式ばらずにやっ
ていきたい。」と挨拶がありました。

今回はいも煮会ということもあり、
パッションさんに特別に作っていただけるか聞いたところ、
心よくお引き受け頂きました。

食事は舞茸ご飯や鶏肉の照り焼き、
さらにタルトやフルーツのデザードもあり、和と洋が融合していて大変おいしかったです。

子どもたちもワンプレートの中に
パスタやハンバーグなどが盛り付けられていて、
喜んできれいに食べていたようでした。



おいしいいも煮はおかわり自由で、
みなさん、2杯目もおいしくいただきました。

 会食中、返信はがきの近況報告欄を紹介すると、
みなさんから
「そうか~。」や「お~。」など
驚きや懐かしむ声が聞こえてきました。

大人のみなさんは、会話に花が咲き、
和やかな雰囲気が感じられました。
子どもたちは別室(和室)で遊んでいて、
楽しく賑やかな声が聞こえてきました。



 店内のインテリアは、ほとんどご主人が手作りされたもので、
その前で集合写真を撮りました。

 今後も、《きびたき長井甦るの会》が主催する交流会を相談員
として、協力していきたいと思います。

*「きびたき」とは、福島県の「県の鳥」です。

避難者支援・9月の交流会の記事はこちら

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。