HOME > 長井の福祉情報サイト      「ながいふくしランド」はこちら!!

第38回 市民展 に出品しました。

  • 第38回 市民展 に出品しました。
平成30年11月21日から長井市民文化会館で「市民展」が開催されています。
長井市老人クラブ連合会でも、作品を出品しました。
力作ぞろいです。
ぜひ、足を運んでご覧になってくださいね(^^♪















避難者支援・10月定期交流会~秋のいも煮会をしました!!~

  • 避難者支援・10月定期交流会~秋のいも煮会をしました!!~
10月28日(日)、
避難者の方々が結成した《きびたき長井甦るの会》が
初めて主催する『秋のいも煮会』が行なわれました。
会場は相馬市から避難後、
長井で開業した洋食店《アトリエ・パッション》で行なわれました。

今年も震災後長井に避難されていた世帯、
避難者を支援していただいた方にご案内させてもらいました。
 
代表の村田さんから「年に2・3回、あまり形式ばらずにやっ
ていきたい。」と挨拶がありました。

今回はいも煮会ということもあり、
パッションさんに特別に作っていただけるか聞いたところ、
心よくお引き受け頂きました。

食事は舞茸ご飯や鶏肉の照り焼き、
さらにタルトやフルーツのデザードもあり、和と洋が融合していて大変おいしかったです。

子どもたちもワンプレートの中に
パスタやハンバーグなどが盛り付けられていて、
喜んできれいに食べていたようでした。



おいしいいも煮はおかわり自由で、
みなさん、2杯目もおいしくいただきました。

 会食中、返信はがきの近況報告欄を紹介すると、
みなさんから
「そうか~。」や「お~。」など
驚きや懐かしむ声が聞こえてきました。

大人のみなさんは、会話に花が咲き、
和やかな雰囲気が感じられました。
子どもたちは別室(和室)で遊んでいて、
楽しく賑やかな声が聞こえてきました。



 店内のインテリアは、ほとんどご主人が手作りされたもので、
その前で集合写真を撮りました。

 今後も、《きびたき長井甦るの会》が主催する交流会を相談員
として、協力していきたいと思います。

*「きびたき」とは、福島県の「県の鳥」です。

避難者支援・9月の交流会の記事はこちら

老人クラブ主催「第40回 年忘れ芸能大会」開催!

  • 老人クラブ主催「第40回 年忘れ芸能大会」開催!
平成30年11月8日(木)長井市老人クラブ連合会主催「年忘れ芸能大会」を開催しました。

出演者は、特別出演を含め、46組 180名
来場者数は、600名と盛大に開催されました。

団体の部は、各地区のクラブが嗜好を凝らし、毎日練習を重ねて本番に臨みました。



団体最優秀賞「清水町しあわせ会」さん。都はるみ「好きになった人」の軽快な唄に合わせて踊りを披露しました。



団体優秀賞「寺泉寿会」さん。みごとな「スコップ三味線」!毎日夜遅くまで練習したそうです。



団体優秀賞「中道寿会」さん。「旅愁、夜汽車」を伴奏なしでみごとなハーモニーでした。



個人歌謡の部最優秀賞「佐竹 重信」さん。詩吟で白虎隊を披露。89歳で高齢者賞も贈られました。



個人舞踊の部最優秀賞「渋谷 朝子」さん。お吉傘を妖艶に舞っていただきました。

他にも芸達者な方々がたくさん!(^^)!紹介しきれなくて残念です。

楽しい秋の一日となりました。

やってみよう!ハロウィンのお菓子づくりとボランティア体験!

  • やってみよう!ハロウィンのお菓子づくりとボランティア体験!
致芳土曜らんどにて、今回社協が担当させてもらいました!

 10月27日、市内の小学生25名が参加してくれました!
 まずは、「ボランティアってなーに?」ということで、
いろんなボランティアがあることを知ってもらい、ボランティアは
だれでもできること、大切なのは「やさしいきもち」「約束守って」
「すすんでしよう」とお話しました。

 そのあといよいよお菓子づくり!リーダーを中心に各班で分担し、
見事「かぼちゃむしぱん」ができあがりました!



 その後、おじいちゃんとおばあちゃんに喜んでもらえるよう
かわいいラッピングとメッセージカードを書き、自分達もハロウィンの
仮装をして、いざ会いに出発!
 待っていてくれたのは、白兎地区のミニデイサービス「ミニデイ葉山会」さん。
20名弱のおじいちゃんおばあちゃんに手作りむしぱんとメッセージカードを
プレゼント!

 自己紹介しながら一緒に食べ、しりとりや肩たたきをしました。
「うまいごどぉー。」「上手にできたなぁ、ありがとう。」とたくさんの
うれしい言葉と笑顔をいただきました!




 体験をした子ども達からも、「作るのは少し難しかったけど、喜んで
もらえてよかった。」「またしたい!」との感想をいただきました。
 
 体験をした結果、ボランティアの楽しさや喜びに気づき、少しでも
ボランティアに興味をもつきっかけになってくれたらと思います。
 これからも、ボランティアの大切さを伝えられ、そしてより参加して
もらえる企画を考え取り組んでいきたいと思います!

避難者支援・9月定期交流会~絵手紙交流会をしました!!~

  • 避難者支援・9月定期交流会~絵手紙交流会をしました!!~
 9月27日(木)、2回目の絵手紙交流会を行ないました。
1月に1回目の絵手紙交流会を行ないました。これから年賀状
の季節にもなってくるので、吉野先生に再度お願いし、2回目
の絵手紙交流会を開催しました。

 前回参加した方は画材を決め、絵を描くところからスタート。
今回初めて参加した方は、落款印作りからのスタートです。

 画材はぶどうや栗、コスモスなど秋のものを用意し、
好きな画材を選んで描いてもらいました。


 参加者の方から、「ちょっとダメだったかな。」などの言葉が聞こえると、
先生からは「絵手紙には下手ということはない、すべてその人の個性なんだ。」
と説明を受けました。




 制作に集中し、静かな時間が2時間程流れていきました。
みなさん2~3枚描いており、出来上がった作品はホワイトボードに貼って
写真を撮りました。
画材の特徴を掴んでおり、みなさんの個性が光る作品が出来ました。
 
 先生から講評をいただき、先生の作品を見せていただいたりしながら、お茶をしました。
作品について話したりしながら和やかなひと時が過ぎていきました。

 初めて挑戦した方は最初心配そうでしたが
終わる頃には笑顔が見られ、楽しんでもらえたかなと安心しました。
これを機に、絵手紙を描いて誰かに送ってもらえたらうれしいです。

避難者支援・8月の交流会の記事はこちら