日野光綱(ひのあきつな)

 天正五年(1577)?~寛文六年(1666)?

 将監を称す。岩波館(山形市岩波)3千石を領したと伝わる。慶長十九年(1614)、最上家親の命により最上義光三男(家親の弟)清水義親を攻めて自害させた。義親の遺領は最上家の蔵入地となったが、実質的には光綱が管理するところとなり、新庄(新城)沼田城主となった。最上家改易後は、津藩藤堂家に預けられた。

2015.06.27:mogapro:[ ◇最上家家臣団(は行)]