東根親宜(ひがしねちかのり)

 生年不明~寛永三年(1663)
 東根景佐の子。父と同じく源右衛門を名乗る。最上義光の四女・禧久姫を娶った。父の跡を継いで東根城1万2千石を領す。城主となって間もない元和八年(1622)に最上家が改易となり、徳島藩蜂須賀家に預けられた。のちに蜂須賀家から千石の知行を与えられ、中老の職に任ぜられた。

2016.08.04:mogapro:[ ◇最上家家臣団(は行)]