高橋伊賀守(たかはしいがのかみ)

 生年不明~正保元年(1644)
 亀ケ崎城代・川北三奉行の一人。最上家改易に際し、最上家中から武勇の士として選ばれた七人のうちの一人といい、徳川忠長に仕えた。屋敷のあったところは酒田町代官所(のち酒田町奉行所)となった。(酒田市本町)

2015.05.13:mogapro:[ ◇最上家家臣団(た行)]