清水光氏(しみずあきうじ)

 天正十年(1582)~慶長十九年(1614)

 最上義光の三男。義親(よしちか)、氏満(うじみつ)とも。最上氏の一族であった清水義氏の養子となり、清水家を継いで清水城主となった。慶長出羽合戦では、長谷堂城を救援して上杉軍と戦い、その後の庄内攻略戦では、叔父の楯岡光直とともに総大将を務めた。若い時に豊臣氏の人質となっていたことから、大坂の役に際して豊臣方への内通を疑われたという。このため兄の最上家親により清水城を攻められ、嫡子・義継ともども自刃した。

2016.01.11:mogapro:[ ○息子・娘 ]