清水夫人(しみずふじん)

 天正五年(1577)~寛永十五年(1638)

 最上義光の継室。清水城主・清水義氏の娘。名はお辰という。義氏の跡を継いだ義光の三男清水光氏にとっては義姉でもある。義光の五男光広、六男光隆、四女禧久姫の生母と考えられ、京や江戸で生活していたと思われる。義光が亡くなると故郷の清水の地に隠棲した。法名を真覚尼といい、最上家改易後も新庄藩主戸沢政盛から手厚く遇されていたという。

2016.01.31:mogapro:[ ○奥方 ]