楯岡光直(たておかあきなお)

 永禄二年(1559)or永禄八年(1565)~寛永六年(1629)

 最上義守の三男。甲斐守。楯岡城主1万6千石。兄・最上義光を慕っていたようで、山寺立石寺に奉納した義光の健康を祈る願文を刻んだ鰐口が現存している。慶長五年(1600)の慶長出羽合戦では、長谷堂城を救援して上杉軍と戦い、その後の庄内攻略戦では、甥の清水光氏とともに総大将を務めた。山形藩二代藩主・最上家親が死去すると、三代藩主の最上家信に代えて、義光四男・山野辺光茂の擁立に動いた。このため、最上家中は二分して混乱し、改易された。改易後は小倉藩細川家に預けられた。

2016.02.24:mogapro:[ ○弟・妹 ]