最上義守(もがみよしもり)

 大永元年(1521)~天正十八年(1590)

 最上家10代当主。先代の最上義定が跡継ぎの無いまま亡くなったため、一族の中野氏からわずか2歳で当主に迎えられた。義定が長谷堂城の戦いにて伊達稙宗に敗北して以降、最上家は伊達家の影響下におかれていたが、義守は稙宗とその子晴宗が争った天文の乱時に伊達領へ出兵し、独立を果たした。 嫡男・義光と不和になり、義守は周辺の国人衆を味方に付け、さらには娘婿の伊達輝宗に助勢を求め、義光と対立した(天正最上の乱)。この争いに敗れた義守は隠居し、以降、表舞台に出ることはなかった。

2016.01.05:mogapro:[ ○父・母 ]