医療法人社団聰明会 みゆき整形外科クリニック

医療法人社団聰明会 みゆき整形外科クリニック
ログイン

 今年は暖冬だと思っていたら、ついに雪が降り、あっという間にいつもの冬景色になりました。このまま雪が降らなければ、地球温暖化も信用しようかと思っていましたが、1月25日には沖縄でも観測史上初の雪が降ったとのことで、どこが地球温暖化なんだと思っている今日この頃です。
 早く春にならないかな、あと1週間で4月1日にならないかななんて馬鹿なことを考えてしまいます。雪のない地方の人々は本当に幸せだと思います。一昨年まではスノーボードをしていたので冬の暇つぶしになっていましたが、今は寄る年波で寒さが先に立ってスキー場に行く気にもなりません。それに初心者コースで転ぶようになってはもうおしまいだと思って、スノーボードはやめることにしました。私に残された趣味はもうバイクしかありません。You tubeなどでバイクの走る画像を見て夢を膨らませています。早く走りたい。残り少ない人生、あと何年バイクに乗れるだろうかと思うとこの雪景色が憎たらしくなります。
 しかし、Face bookで私が「雪なんて嫌だー。」と書いたら、フォローしているある先生が、「私は健康維持のために喜んで雪かきをしている。」という返事がありました。なるほど、物は考えようだと感心させられました(でも、それでも雪は嫌いです)。物事には何でも前と後ろがあります。物は考えようです。
 そういえば、最近は、外来で後ろ向きな患者さんが多いと感じています。以前からそういう人はいましたが、以前よりは明らかに多い。ちょっとしたことをどこまでも心配する。例えば、「お尻がかゆいのは悪い病気でもう治らないから私は死ぬんだ。」なんて感じでクリニックを受診してきます。「お尻のかゆいのなんかはそのうちなおる。」と医者がいっても、「んでもー。」(標準語では、「でもー」)とどこまでも心配する。「どうせいつか死ぬんだから心配しても始まらない。」と考える人は少ないです。「病は気から」とはよく言ったもんだといつも思っています。私も雪国に生きている人間、もう雪国で暮らすしかない人間として何とか前向きに考えて、冬の間の新たな趣味を見つけ出したいと思っています。それとも冬の間はせっせと働いて、雪のない季節は暇を見つけてはせっせとバイクに乗る。それがいいかな。

2016.01.29:miyuki-cl:count(203):[メモ/コンテンツ]
copyright miyuki-cl
powered by samidare
▼コメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。
powered by samidare