長井市議会議員 がもう光男 WEB SITE

 ・東北ブロック協議会
長井大会開催前日、U15ドラフティング講習会が行われました。

U15ドラフティング講習会

なお、U15講習会は全国で実施されました。

U15 ドラフティング講習会開催一覧


...もっと詳しく
2011.11.12日酒田市に置いて、2011年度東北ブロック協議会事業報告会が開催された。

今年は、ボート界の第一人者、若井江利さんを呼んで講演会がかいさいされました。若井さんは、2010.11.19広州アジア大会で優勝。

本年は11月に世界選手権、アジア大会と国際大会連戦、いよいよ来年のロンドンオリンピックに向け始動開始だ。


...もっと詳しく
7月25日開催された2010新体連トライアスロン大会は猛暑の中開催されました。
...もっと詳しく
3月27日日本トライアスロン連合社員総会で、福島県森崎俊紘理事が副会長に就任され福島市内で就任祝賀会が開催された。
当日は、福島県トライアスロン協会の人たちが中心となり、東北ブロック協議会片桐理事長、吉田事務局長も参加して和やかに開催されました。

森崎氏の5人の孫さんたちから花束をもらってご満悦の森崎氏、26年間のトライアスロン人生で出場回数126回、これからも体力の続く限り情熱を傾けたいと挨拶されました。
...もっと詳しく
2009年度の東北ブロック協議会事業報告会を青森県で開催しました。
今年度の事業報告、決算報告などが提案されました。また、今年度開催された東北トライアスロンサーキット戦で入賞した各選手に表彰状、楯が贈呈されました。
2008日本海トライアスロンおしんレースは、肌寒い中6月15日開催されました。
水温19度、気温20度あるかないか、長そでがないと寒い。
しかし、全国から駆け付けたトライアスリート280名は、自分の身体の限界と戦った。自分に家族にそして仲間に感謝してのレース展開は、「ボランティアするよりレースに出た方がいい」というのが本音。
一般の部男子は長谷川健選手が、女子はロングの第一人者今泉奈緒美選手が優勝した。
おしんレースホームページ

東北triathlonサーキット戦表彰を受けた長谷川健、小林恵選手です。
...もっと詳しく
8日仙台市でJTU東北ブロック協議会役員と東北各県の大会実行委員会との合同の会議が開催されました。

今年の東北地内で開催されるtriathlonなどの日程確認や、triathlonサーキット戦、日本選手権大会ブロック代表選手選考などについて意見交換しました。
西内洋行・真紀選手結婚おめでとう!!
長井鉄人会松永政和選手のイタワリです。
板に、怪我・事故・浮気・貧乏と書いて、これを突きとケリで割るというもの。
しかし、貧乏だけが一回で割れなかった。
西内選手は苦笑い。しばらく貧乏と付き合わなければと、妙な決意を語っていました。
でも、結婚は「いたわり」ですとしめて拍手喝采!!
...もっと詳しく
スイムはほぼ全工程水深2メートル以下、初心者に優しいものとなった。
1週目を終えて、続々2週目に入る選手の群れだ。
...もっと詳しく
8月20日午前9時「2006 うつくしまトライアスロン」が開催された。
本大会に300人がエントリー、招待された西内選手・下村選手は期待通りの
成績でFINISHした。
...もっと詳しく
第12回みやぎ国際triathlon七ヶ浜大会は、かって経験したことが無いほどの雨の中
開催された。
選手にも、低温症で何人か医師の手当てを受けたが、総じて無事終了した。

西内洋行選手は今回出場せず、大会運営に回った。
エリート男子は細田雄一選手が、女子は大松沙央里選手が制した。
大会運営には、東北各県から審判員として多数協力、大会運営自体転換期に
入ったことを印象付ける大会となった。


 
...もっと詳しく
3月4日、仙台市で東北ブロック協議会主催、東北各地の大会実行委員会関係者と、ブロック役員との合同会議が開催された。

この会議で、18年度の大会日程調整、サーキット戦や新規大会の報告がありました。
今年は、ポイントレースとして、酒田おしんレース、七ヶ浜大会、新規大会の「小名浜スーパースプリントトライアスロン大会」が解されることが報告された。
...もっと詳しく
19日20日の月山道はもう雪でした。
除雪車も出ていました。
...もっと詳しく
11月19日酒田市で2005東北ブロック協議会会員報告会が行われた。この会議は毎年この時期に開催されているが、会場は東北各県持ち回りで、今年は山形県となった。
おしんレースで、エリートの部で、「ドラフティング・フりー」の大会を開催し成功に導いた。実行委員には大変な苦労も重なったが、来年のよりよい開催を目指し、酒田の皆さんと一献酌み交わしたいというのが本音。

八柳実行委員長、加藤彰事務局長に感謝したい。
...もっと詳しく
 東北ブロック協議会は、2005年3月5日開催した東北各地大会の実行委員会メンバーと、ブロック役員との合同会議において、2005年以降の組織体制の改選を行った。ブロック代表として8年間理事長を務めた蒲生光男が退任し、新たな理事長に宮城県片桐勝一氏を選任し、副理事長も新たに山形県高橋伊満夫さん、福島高橋悟さん、岩手小野寺長男さんを選任した。
 
 また、東北ブロック選手権大会と日本選手権大会ブロック代表選手選考大会を兼ねる、第20回日本海トライアスロン大会おしんレースの選手権の部に「ドラフティングレース」を導入する提案がされた。3月26日に開催された日本トライアスロン連合理事会でこの問題が提案され日本トライアスロン連合として「ドラフティングレース」を全会一致で承認する議決がなされ、ここに歴史的一歩を踏み出すとになった。