HOME > 記事一覧

★☆ EMで『健康回復住宅』にしましょう!!

  • ★☆ EMで『健康回復住宅』にしましょう!!
【写真:奈良の東大寺にある鏡池もEMで浄化】

異常気象が止まりません!

自然環境の悪化が止まりません。
空気、水、土壌の環境が悪くなる一方なのです。
生活環境も悪くなる一方です。

地球上のあらゆる環境が汚染されているのです。

今すぐ、住宅を『健康が回復できる家』にすべきです。
今、住まいをクリーンで安全な環境にすべきなのです。

EMで、住まいをクリーンで安全な環境に
することが可能なのです。

春先、中国から黄砂と一緒に
PM2.5が偏西風に乗って
日本に運ばれ、各地で空気が汚染され
アレルギー症状を患う人が増えています。
東京電力の第一原発による放射能汚染も深刻です。

このままでは、
今後ますます、空気、水、土壌の環境が悪くなります。
生活環境もますます悪くなります。

それは、あなたの住んでいる家の中にも云えます。

今、国民病といってもいいアトピー性皮膚炎や
アレルギー性鼻炎・花粉症、そして頭痛・腰痛・肩こり
といった病気の原因が
家の中に蔓延している化学物質にあるかもしれないということです。

今すぐ住まいを安全な環境にすべきなのです。
EMで、住まいをクリーンで安全な環境にすべきなのです。

なにしろ家はほとんどの人がもっとも長く過ごす空間です。
特に専業主婦の女性、若い奥さんと幼児、そして高齢者です。

日本国内で、アトピー性皮膚炎の患者数は1,200万人(人口の約10%)以上、

日本国内で、化学物質過敏症患者636万人(人口の約5%)以上、

どんなに健康に気を使っても、
これらの病気の最大原因である化学物質を
家の中から取り除かない限り
苦しみから逃れることはできないのです。

そのような中で
住環境を良くして
健康を回復する家にすることができます。

健康が回復できる安全な住宅にできます。
EMで、住まいをクリーンで安全な環境にできるのです。

これからの家づくりは
『健康回復、安全住宅』なのです。
EM資材やEM技術を活用して
本物の『健康回復、安全住宅』にできるのです。

あなたの予算で、EM住宅にすることが可能でしたら
本物の『健康回復、安全住宅』にしたいと思いませんか?

何故可能なのかと申しますと
コストがあまりかからないからです。

あなたの住まいを
本物の『健康住宅』にすべきです。
EMで、本物の『健康住宅』にすべきです。

EM技術を活用し、健康に良い自然素材を使った
『EM健康回復・安全住宅』です

当社ではEM技術と健康に良い自然素材を
新築、増改築、リフォームに取り入れております。

特にEM(EM技術)を
日常生活の中で
全ての場所で
全ての事に使うと
ますます住環境が良くなるのです。

料理にも
炊事洗濯にも
掃除にも
何にでも使うことができるのです。

あなたの住まいを
EMで本物の『健康住宅』にしたいと思いませんか?

あなたの住まいを、
EMで本物の『健康住宅』にする方法を
NANAHOM 『EM住宅』で紹介致します。
是非、NANAHOM 『EM住宅』に
アクセスいただき、参考にして下さい。

コストをあまりかけないで
EMで健康住宅にすることが可能です。

是非、EM資材と、EM技術を活用して
本物の『健康住宅』にして下さい。

そして、
あなたも健康
家族みんなも健康で暮らせるようにして下さい。

これから、
あなたの建築予算で、
本物の『健康住宅』にする方法を
NANAHOM 『EM住宅』で
紹介・ご提案して参ります。
是非、お読みいただき、参考にして下さい。


Mr.EM


2013.08.02:masuda:[□EM活用事例]

☆★ これからはEMの力が欠かせません!

  • ☆★ これからはEMの力が欠かせません!
これからは、有用な微生物の力が欠かせません。
環境のすべてにEMが必要になっています。

空気が汚れる一方です。
水も汚れる一方です。
土壌も汚れる一方です。

地球上のあらゆる環境が汚染される一方です。

しかし、
これは酸素を必要とするの好気性の生物側からの見方です。
嫌気性の生物側からすると大歓迎かもしれません。

地球はどのような生態系を望んでいるのでしょうか?

地球は今、病んでいるように思えてなりません。
新型ウイルスが次々発生します。
地球は今、憂いてるのでしょうか?
紛争が絶えません。
地球は今、怒っているのでしょうか?
大規模の地震が発生します。
異常気象(大型台風、ゲリラ豪雨、)が起こります。

これには、私達人類が関わっているように思います。

資本主義、自由経済主義の名のもと、
儲け優先の経済拡大競争が
個人レベルから、企業レベル、国家レベルのすべてで行われ、
新技術、新製品、医薬、農薬が、
工業・農業・漁業・医療などの
あらゆる産業で生まれ、生産され、

便利で豊(?)になったと思っている人が多い中、

あらゆる産業で開発された化学物質などが

産業廃棄物の処理問題、工業排水汚染
農薬被害、医薬品の副作用
原発事故による放射能被害
などをもたらし、

地球のあらゆる環境を汚染しているのです。

私達自身も、呼吸や飲食を通して
少しずつ汚染物質を体内に取込み、
蓄積しているはずです。

アトピー性皮膚炎の患者数が1,200万人以上(人口の約10%)

化学物質過敏症患者数636万人以上(人口の約5%)

これからは、自分の健康は自分で守らなければいけません。
家族の健康も自分たちで守らなければなりません。

それにはEMの力が欠かせません。
毎日、どこでもEM(EM製品、EM技術)を使うことです。
住宅の内装にも、生活のすべてにEM(EM製品、EM技術)を使うことです
2013.07.31:masuda:[□EM活用事例]

EMによる熱中症や夏バテ対策

  • EMによる熱中症や夏バテ対策
EMの開発者・比嘉照夫教授書き下ろしの「新・夢に生きる」(72回目)は、
『EMによる熱中症や夏バテ対策』
です。

1.室内の冷房対策
2.外出時の対策
3.EM生活に徹することが夏バテ対策の基本


以下は、記事の抜粋です。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
・・・今年は猛暑の長期戦になりそうですが、その暑さに負けずパワーとして取り込むくらいの気概と対策が必要です。ふだんからEM生活に徹している皆様にとっても無理は禁物ですが、次のような心得を実行すればEMパワーを確認する絶好のチャンスです。・・・
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


詳細については、
下記をクリックすると掲載ページが開きますのでどうぞご覧ください。
↓↓↓
◆連載 新・夢に生きる 第72回 EMによる熱中症や夏バテ対策
2013.07.08:masuda:[□EM活用事例]

【記事】 地産地消エネ

  • 【記事】 地産地消エネ
2013年6月23日 

21日に開かれた

置賜地区の商工会女性部の研修会で

” もみ殻の固形燃料 ”  ・・・「モミガライト」

について山形新聞に掲載されました。

2013.06.24:masuda:[□お知らせ]

【記事】 樹木果樹

  • 【記事】 樹木果樹
2013年6月14日 

10日に行われた『樹木果樹の手入れ方法を学ぶ講習会』

について山形新聞に掲載されました。



「EMの効果を出すには、

きれいに剪定(せんてい)することが前提。

誤った切り方では傷口は治らない」


「植えつけた後に支柱で固定すると

木は根を張らずに怠けてしまう」

とのことです。
2013.06.24:masuda:[□EM活用事例]