HOME > 記事一覧

すき焼き考

  • すき焼き考

昨日は商工会議所で主催している「まちなかゼミナール」の反省会で、みんなで集まっていろいろ反省やら、愚痴を聞いていただいたりして盛り上がった。場所は太田さんの「グルメ小僧万吉」ということで、当然のご遠くジャーン!すき焼きの登場となる。そしてメンバーの金子さんからはボジョレーヌーボー、金内さんからは香坂酒造の峻(だったかな?)というお酒をありがたく頂戴して宴会は始まった。

普段はまったく食べない「すき焼き」、私の場合は晩秋にいらっしゃるVIPの接待に御相伴させて頂いているので年に一度は食べる料理。まずうちでやることはない。もちろん今年になってから1回もやってない。一番最後にやったのは昨年の12月31日、お歳取りの日に息子が線香花火大会で優勝した時の商品、某米沢牛老舗の商品券でやったのが記憶に新しい。美味かったのは言うまでもない。

実家では昭和45年に亡くなった祖父がまだ健在のころは、時々すき焼きをしていた記憶がある。金色っぽい薄いすき焼き鍋で、醤油と白砂糖で味付けをするもので、肉は今は亡き大河原牛肉店から買っていた。スーパーなども出始めていたがやはり肉は肉屋で買っていたように思う。

昨日のすき焼きだが、肉の量も多かったのだが、野菜、糸こんにゃくの量が十分で、肉を食べた後もそれらの副菜もよく肉の味がしみ込んで、肉よりも旨いような気がした。写真では分かりにくいが玉ねぎが入ってたような気もする。普通は長ネギだけだと思うが、玉ねぎが入ると少し牛丼の味に近くなるような気もする。

最後に余った野菜や肉にうどんを投入、これもまたしっかり煮込んでエキス吸った玉うどんがめちゃくちゃ美味しゅうございました!!

 

2014.12.04:mameichi:コメント(0):[食いしん坊万歳]

12月1日は恒例「豆の市」です。

  • 12月1日は恒例「豆の市」です。
  • 12月1日は恒例「豆の市」です。

明日から師走ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。米沢は今のところというか、今日はずいぶん暖かく過ごしやすい一日でした。

さて、12月1日は「豆の市」を開催いたします。今回の20%offは下記の通りです。

① エメラルドマウンテン 100g@680円⇒@544円

② 12月の珈琲・春待ち月 100g@540円⇒@432円

③ Xmasブレンド      100g@561円⇒@448円

なお1品種200gからとなります。

またエメラルドマウンテン(200g~)は現在キャンペーン中です。スピードくじA賞ヘンプバック、B賞ハンドタオル、C賞メモ帳 がもれなく当たります。

またスペシャリティコーヒーが入荷しました。

グァテマラのエル・リモナール農園です。農園内にレモンの木が多く植わっていた事から“El Limonar”と名付けられた農園です。2013 年、2014 年と立て続けに COE 入賞を果たした豆。それだけでもこの豆のポテンシャルの高さが伺えます。

ひとつひとつ丁寧に作られたコーヒーは繊細な味を持っており、グァテマラトップクラスのコーヒーに仕上がっています。完熟チェリーのみハンドピック はこのクラス当たり前果肉除去後、水洗・発酵(48-72時間) そして天日乾燥(3-4日)倉庫で15-30日間保管 後 輸出業者に搬送ドライパーチメントを選別工程にかけます。

100g@810円で豊かな香り、コクが味わえます。

 

またお菓子も少しづつ充実しています。

モンサンミッシェル印でおなじみのサントベールパレット@324円とガレット@324円

スペイン、トレス社のエキストラベージンオリーブオイルで揚げたポテトチップス50g@324円

ベルギー、ロータス社 チョコカラメルビスケット@540円

是非、皆様お誘い合わせのうえ、お越しください。

2014.11.30:mameichi:コメント(0):[嗚呼うましコーヒー]

晩酌家と豚バラが好きだ^_-☆

  • 晩酌家と豚バラが好きだ^_-☆
いつも行く居酒屋、それはバンドでトロンボーンを吹いている堀君の店、その名を晩酌家という。
晩酌家はカウンターが、7席ぐらい、小上がりが4テーブルほどだが、一人でやっているのでお客様が何組か入るとてんてこ舞いになる。

メニューも多い。居酒屋定番の焼き鳥、唐揚げ、刺身、お好み焼き、餃子、ラーメン、焼きそば、鍋、おでん、義経焼、季節によっては芋煮、キノコ汁、天ぷら、オリジナルのピザっぽいとか様々あるのだ。

お通しを食べ終わると私が頼むのは豚バラ焼、何も言わなくとも焼いてくれる。脂っこいのを黒霧島という焼酎のお湯割3杯ほど流し込めば一丁上がり(^_^)v

有線チャンネルで『あしたのジョー』でもやっていれば最高だ。以前は女の子のお客さんもいたのだが最近は工事関係やお職人さんが多く、彼等の話題は仕事の話、会社の話が殆どだ。
その話を聞くともなく、一人呑むのも乙なものだ。

さあ、次はいつ行こうか、晩酌家へ\(^o^)/
2014.11.28:mameichi:コメント(0):[食いしん坊万歳]

コーヒーマイスターの免許更新

  • コーヒーマイスターの免許更新

この商売を始めるにあたって、取得した免状。そうそう、そういえば東京に二回通いました。基本記述式なので、教科書をほぼすべて憶えて会場に向かいました。なんか青山あたりの農水省の外郭の会館のようなところでした。

頭はパンパンにしていったのですが、カッピンクテストのジャッジシートの文言の空欄を埋めるところが全く記憶していなくて、でたらめを書いた記憶があります。取りあえず自己採点では80店ぐらいだったのでほっとして帰ってきました。

3年に一回更新があるのですが、毎回会長が変わります。最初はUCCの上島さん、次が林珈琲の林さん、今回がカフエ・パウリスタの長谷川さん、林さんと長谷川さんの間にカフェ・バッハの田口護さんが会長の時もあったようですが、更新時期でないのでそのお名前の免状は持っておりません。

じつはこの上の位のマイスターが出来たらしいので、来年あたり挑戦しようかと思っております。

2014.11.27:mameichi:コメント(0):[嗚呼うましコーヒー]

居心地のいい場所とは?

  • 居心地のいい場所とは?
わが家は朝も晩も基本ラジオをかけながらみんなで御飯を食べる。かみさんがテレビながらをしない方針なので、いつの間にかそうなったのだ。子供のころは見ながら食べてたな、うちは。

日曜日の夜は息子と二人だったのだが、いつもの通りラジオを聴きながら息子が作った唐揚げを食べていた。富山で貰った我酔楽(がすら)という里芋焼酎を口にしながらYBCラジオを聴いていると、珍しくラジオドラマが始まった。

それは、酒田のグリーンハウスという映画館や、欅、ル・ボット・フーというレストランの名店を作った佐藤久一についての物語だった。
久一は自分の趣味で最高の食材を惜しげも無く使い、原価計算もせずにお財布に優しい料金で出してしまうような人だったらしい。

確かにそれでは商売うまくいく筈なんてないなぁ、と思いながら聴いていた。でも本当のおもてなしとはそういうことなんだろうとも考えた。
ヒトは自分の居心地のいい場所を求めて彷徨する。
豆いちもそういう場所の一つと思って頂けれるかたが少しでもいらっしゃるならば、この上ない。
2014.11.25:mameichi:コメント(0):[嗚呼うましコーヒー]