HOME > 記事一覧

オース! バタヤン

  • オース! バタヤン
  • オース! バタヤン

正月は都会に出ている友人が帰って来てくれる。今回も高校の同級生の小野君がいっぱいの手土産をもって店に回ってくれた。ありがとう!

土産の中でも圧巻は、以前から見るように言われていた2013年に亡くなった田端義夫のDVDである。

田端義夫、バタヤン、もちろん時代物のエレキギターを弾いて歌う姿、「オース!」の掛け声、そしてコレ(小指を立てて)のハナシ。ある程度イメージはできたが、それほど興味を持って聞いたことはない。

平成18年4月9日、バタヤンの母校である北鶴橋小学校体育館での歌謡ショウが映像の中心となっている。87歳の時の映像だ。あっちこっち危なっかしいところもあるが、持ち前の愛想の良さと、司会者浜村淳のフォローでなんとも暖かいコンサートになっていた。

そのコンサートにかぶせて、田端義夫絶頂期の大阪劇場、中座、日本劇場などの様子が分かる。その中で、ナット・キング・コールの「モナリサ」を歌う部分がある。二人とも1919年の生まれ、同級生だ。その歌が何とも良い。耳で覚えた歌、ピアノのみの伴奏だがとても味わい深い歌。心に染みいる歌。

そして歌うときにかける掛け声「まかしとき!」「よっしゃ、いきましょ!」の軽さ、かっこよさ!そして歌と、ギターの正確さは素晴らしい。まさにミュージシャン。

また合間合間に入る、故立川談志、白木みのる、菅原都々子、千昌夫等のスターが語る尊敬する大スターへの愛情あふれるコメント。これだけでも泣けてくるのだ。家族のコメントも凄いし!

もうひとつ、バタヤンのショウには必ず司会者が付く。この映画には司会者だけで四人登場する。このショウを取り仕切る浜村淳、最後の専属司会者水木淳、その他に映像の中には故宮尾たかし、故玉置宏という名司会者の顔も見える。司会者は只歌の説明をするだけじゃない。バタヤンとからんだら見事に漫才になってしまう。ネタはいつもいつも女の子のハナシ。それ一本。でも観客は頑張れバタヤンとその話を喜んで聞いている。人徳と言うべきだろう。

さあ、これを見たら唄いたくなった。大利根月夜、島の舟歌、十九の春、かえり船、玄海ブルース

今ヤフオクでバタヤンのレコードを入札中であります!!!!バタヤンありがとう\(^o^)/

 

 

2015.01.08:mameichi:コメント(0):[嗚呼うましコーヒー]

豆いちです。あけましておめでとうございます\(^o^)/

  • 豆いちです。あけましておめでとうございます\(^o^)/

毎度ご愛顧を賜りまして誠にありがとうございます。

かなりの雪の中、皆様いかがお過ごしでしょうか?

豆いちでは2日、3日と恒例の初売りを行います。詳細は画像にてご確認ください。珈琲豆の割増、陶器・漆器などの割引、歌詞の福袋などご用意してお待ちしております。

なお臨時駐車場として、向かい側カーブス様の駐車場をお借りしました。気を付けて横断してください。では、皆様のお越しをお待ちしております

2015.01.01:mameichi:コメント(0):[嗚呼うましコーヒー]

クリスマスプレゼントにどうぞ!

  • クリスマスプレゼントにどうぞ!

大好評の豆チョコですが、Xmas用に3種類を箱詰めしてみました。

豆チョコと豆チョコスノー、アメカリッ!が一袋づつ入って、1,110円赤い紙袋付きです。

また瓶入りなどもありますので、簡易包装が出来るのでお申し付けください。

明日からまた雪降りらしいですが、美味しいコーヒーと豆チョコで暖まってみませんか☆彡

2014.12.12:mameichi:コメント(0):[嗚呼うましコーヒー]

米商2年生にパネルを作って貰う

  • 米商2年生にパネルを作って貰う
  • 米商2年生にパネルを作って貰う

3年前にも作って貰ったお店紹介のパネル。夏の交通量調査などでも米商の子たちがやってきます。不思議にその学年学年なのか、一人ひとりの個性なのか、随分大人しいら、随分やんちゃで交通量調査やってる間に、いろんな彼氏が出たり入ったりしてたのもありました。 

今回の3人は、随分大人しい生徒さんでした。手紙にこんなことが書いてありました。

「私たちの質問に対して丁寧に対応していただいたお陰でコーヒーをイメージしたパネルを制作することが出来たと思います。制作で心掛けたことは、お店の雰囲気を出せるような背景の色やフォントを使うよう工夫したところです。また、撮影させていただいた写真も存分に活用し、豆いちさんの良さが伝わるよう一生懸命制作しました。」

2人が進学、1人は就職とのことでしたが、これからも頑張って頂きたいと思います。パネル、ありがたく頂戴いたしました。

( 2枚目の写真は3年前に制作いただいたものです。)

2014.12.08:mameichi:コメント(0):[嗚呼うましコーヒー]

芋煮考

  • 芋煮考
  • 芋煮考

外での芋煮会は残念ながら史上最大級の台風接近(以外に大したことなかったのだが、)ということで流れてしまったのですが、今年はある芋との出会いがありました。先月行った富山県上市町のホテルに着いたときに、いきなりここの名物の里芋は如何ですか?と言われたのです。ふかしたやつに田楽味噌を付けて食べたらとてもねっとりしていて美味しかったので、帰りに買ってきました。で、先日芋煮を作って貰ったのです。芋の味は芋のえぐみのようなものがなく、非常に上品な芋煮になりました。

小学生の頃は、河原で班ごとに芋煮をしたことがありました。問題はどこから水を汲んで来たのだろうということです。もしかしたらあの硫黄鉱毒の松川の水を使っていたのでしょうか?ポリタンで持ってきていたという印象もないので、多分いや、絶対川の水に違いないと思います。と、ここまで書いたのですが、河原にはあちこちに清水が湧き出ていたので、流石に川の水ではなかったのかなぁ。

町内の芋煮はマルサン醤油屋さんの醤油を煮る大鍋(直径2メートルぐらい余り)で作っていました。もう最初から鍋に代々の醤油の味がしみ込んでいるので(ホントかよ!)かなり美味かった記憶があります。

上市町の大和という品種の里芋を使った芋煮は、二日目はカレーに化けました。長ネギを使った蕎麦屋のカレー風で、これもまた大好評でした。

2014.12.07:mameichi:コメント(1):[食いしん坊万歳]