HOME > 記事一覧

会津に行ってみよう!その3

  • 会津に行ってみよう!その3

五色沼というのは個人の所有だと聞いたことがある。裏磐梯でも人気のスポットだし、お土産屋やボート屋もあるので相当の売り上げがあると思われる。それはそれで、問題は自然がよく整備されていると思う。

何を言いたいのかと言えば、ハイヒールで来ても何とか自然の中を歩けるように整備されてtるのだ。
多分主にデートスポットになる条件として、ハイヒールで来ても無理なく楽しめることがあげられる。
とにかくその辺が五色沼は上手く出来ていると思った。

さて、ボートが終わって野口英世記念館に行く前に、近くのtaro cafeに立ち寄った。
会津屈指の人気カフェらしく、何人かから是非と聞いていた。平日とはいえ店内は混んでおり、外で20分ほどウエイティング。

外側のよしず張りのテラスのようなところに案内された。猪苗代湖の湖面がよく見え、落ち着く空間だ。珈琲はポットに3杯分(カップが小さいのもあるが)、ワッフルもフルーツがきれいに盛り付けてあるオサレカフェであった。

さてそこから改装間もない野口英世記念館へ。こちらも多くの人が訪れていて、相変わらずの人気だ。
私が子供の頃来た時は、それほど人はいなくて結構シーンとした空間だったように思うのだが。
英世ロボットがいたりして、胸像だけでも6個ぐらいあるらしい。久しぶりに手を怪我した家の囲炉裏を覗いたが、未だに農家独特の匂いがした。藁が中心の匂いだと思うが、何とも言えず親父の実家に入った時の匂いと同じだなと思った。

それから向かいにあるガラス館などを見学して一路喜多方へと向かう。
そこには意外な出会いがあった。
 

2015.08.31:mameichi:コメント(0):[家庭の事情は!]

会津に行ってみよう!その2

  • 会津に行ってみよう!その2

泊ったペンションの御主人に伺ったのだが、裏磐梯には約80軒ほどのペンションがあるらしい。
そのくらいの規模が成り立つのだから、やっぱり会津は観光産業が盛んなのだろう。
宿は、セブンイレブンや郵便局などがある中心地からすぐのとても便利なところだった。

どうやって宿を決めるか?ご主人に伺ったのだが、昔からのお得意様は電話での御予約もあるが、今はほとんどネットサイトからの予約だそうだ。観光地に強いじゃらんが4割、楽天が3割、yahooその他が残りだそうだ。

私が住所を書くと、ご主人が実は私も米沢市民だと話し始めた。
というのは、スキーが好きで天元台のペンションを購入して営業していたのだが、スキー人口の激減と共に天元台での営業だけでは成り立たなくなり、現在やっている「ペンション楓」を購入。一時は奥さまとバイトで手分けして、二か所を廻していたが現在はこちらだけにしたとのことであった。商工会議所やコンビニの店長など共通の友人も多く、万事適当にネットで検索した偶然を楽しんだ。

お楽しみの夕食は米沢牛ビーフシチュー食べ放題だったのだが、その前のいろいろなお料理が肉中心で豪華でそれだけで腹が一杯になってしまった。
もう少し朝昼を少なくすればよかったのだが、旅じゃそれは無理なこと。

おふろにゆっくりつかって、夜は漆黒の闇。
ゆっくりと疲れをいやした一日目であった。

2015.08.30:mameichi:コメント(0):[家庭の事情は!]

会津に行ってみよう!その1

  • 会津に行ってみよう!その1

家族旅行といっても店を長期間休めないので、どうしても近場での一泊旅行になる。
今回は会津へ行くことになった。みんな前日もそれぞれ忙しく、余り早起きはしたくないということでのチョイスだ。8月17,18の両日である。

一気に若松の中心部、会津一番館という喫茶店に手モーニング。 
野口英世が寄宿していた医院をそのままカフェにしたということで、歴史の重みを感じる。
二階はその当時の資料などが陳列してあったのでちょこっと覗いてみた。

そうそう、モーニングだが600円でサンドイッチ、スープ、サラダが付いて中々のボリウム。
腹もお一杯になったところで、今日のメイン大内宿へと向かう。 

会津西街道を南へ南へ。一時間ほどで大内宿。平日と言うのに駐車場は車でいっぱいだ。
ここに来たのは20年以上前になると思う。まだほとんど観光地化していないことだったのだが、いつの間にか会津でも最も多くの観光客が訪れるスポットとなっていた。

ほとんどの家がみやげ物屋か蕎麦屋か民宿となっており、商売をしていない家は数えるほど。
但しその家の人がやってる場合もあるし、テナントとして業者に賃貸している場合もあるようだ。
店の商品も珠玉混交、いいものもあればかなり怪しいものもある。自分が土産物屋を回ったいた頃のことを思い出した。

昼は大和屋という蕎麦屋で名物葱蕎麦を頂く。手打ちそばで甘めのたれ量も十分だった。
土産などを買ったり、写真を撮ったり、そろそろということで若松に戻る。

若松では今日二軒目のカフェ、焙煎屋珈琲店で一服。ここは私が珈琲屋を始めた頃に伺った店だ。サイフォンで淹れていただく珈琲は割合深入りの珈琲。その後町中を散策、蒲生氏郷の墓に詣でる。米沢よりも古い建物がしっかり残っており、ならぬものはならぬという会津の頑固魂を感じさせる風情だった。

それから多分十三参り以来だから約40年ぶりの飯盛山に登った。
白虎隊が自刃した場所などは憶えていなかったが、ローマから贈られた鷲のオブジェは何となく記憶していた。
それからさざえ堂という不思議な塔に登った。

若松も大体見終わり一路裏磐梯に向かった。

2015.08.28:mameichi:コメント(0):[家庭の事情は!]

明日は豆の市です!

  • 明日は豆の市です!
  • 明日は豆の市です!

熱い夏、美味しいコーヒーで癒されませんか?
 

明日8月1日は豆の市、3種類の豆が20%オフになります。(1品種200g~)
①大ふへん者 100g@640円⇒@512円
②ウォータードリップ100g@536円⇒@429円
③葉月100g@561円⇒@449円

それと、7月から大いに売りだしております「ライチとレモンちょっと酢」を
1000l@432円⇒@400円で提供します。もちろん試飲もOKです。

さらに水出しコーヒーポット、ウォータードリップポット、アイスコーヒーサーバーをお買い上げの方にはもれなくアイスコーヒー或いはウォータードリップコーヒー100gをプレゼントします。

明日は是非豆いちへgo! go! go!

2015.07.31:mameichi:コメント(0):[嗚呼うましコーヒー]

逸品活動と豪華なオードブル

  • 逸品活動と豪華なオードブル

よねざわ逸品研究会が行うスタンプラリーも残すところあと3日になりました(20日まで)。
まだ回られていない方、これから回る方、逸品ってナニ?という方、詳しくご説明いたしますので是非豆いちにいらしてください。もちろん米沢市以外の他市、他町からもお待ちしております。

よねざわ逸品研究会というのは17店舗のお店と米沢市、商工会議所からなる団体です。会員はみな地元のお店で、もっともっと地元商店にご来店いただくにはどうすればいいのか、を考えております。それには皆さまからのお知恵を拝借したいと思っております。

思えば、一緒にバンド活動をしている役所のスターフィールドさん(仮名)から誘われて入会したのが2年前。その担当者もいなくなり、いつの間にか第2回を迎えることとなりました。

7月2日にはゲスト、報道、各店のお客様を招いてのお披露目会、5日には逸品の東北大会を開催いたしました。
写真は東北大会でのレセプション時の「イタリアンレストラン リーガル」さんの豪華な豪華な「オードブル」です。

逸品メンバーでもあるリーガルさんの凄いところは、もちろんお料理も美味しいのですが、この時の約50人ぐらいの宴会をマスター白田さんと奥さま二人で廻してしまうところです。
通常考えられますか?考えられません。是非皆さん、リーガルさんで宴会を楽しんでください。

昼はランチ、夜はご予約のみとなっております。
ちなみにリーガルさんの逸品は20時間煮込んだ肉とスープがたっぷりの米沢牛カレースパゲッティです。
そしてオードブルの写真の真ん中は名物米沢牛のローストビーフですが、こんもりしている下は、野菜などではなく、ずーっとローストビーフが積み重なっている「ヤマ」なのでした。食べがいありましたよ!

2015.07.17:mameichi:コメント(0):[食いしん坊万歳]