HOME > 記事一覧

葵月のレコード 坂上暁生の巻 

  • 葵月のレコード 坂上暁生の巻 

ジャンプブルースというとっても狭い領域の音楽があった。それは1940年代アメリカの黒人が作ったもので、ジャズとブルースの間をいく、そう、初期のロックンロールだったのかもしれない。有名なのはワイノニー・ハリス、ロイ・ブラウン、アイヴォリー・ジョー・ハンター、エイモス・ミルバーン、ルイ・ジョーダン、エディ・クリーンヘッド・ ビンソンなどだが、知る人ぞ知るで見事に名前が残らなかった。

そんな音楽をやってみたいと思っていた俺はブルースのライブに足を運び友人を作り、最初に出来たバンドが「オールド・ディックス」。割と早くそれが潰れて「コールド・スェッツ」と云うバンドに拾われる。そこが「パナマ・ナイト・クラブ」と名を変えその間自己のバンド「スイート・ナイツ・トウキョウ」というバンドをやっていたころだと思う。

オールド・ディックスで一緒にテナーサックスを吹いていた佐藤尚行(後クールスへ)が、横浜のバンドに手伝いに行こうと声をかけてくれたのだ。そのバンドはチャーリー宮毛バンドと云い、チャーリーは奈良生まれで漫才唄子啓助の鳳啓助の弟子だと名乗った。その劇団で芝居をしていたらしく、関西のその筋の名刺をいっぱいファイルしており、それを見せてくれた時の印象は強烈だった。

その時ピアノで来ていたのが坂上暁生で、横浜の音楽シーンではいい顔だったようだ。確か山本リンダの録音に入っていたし、クールスなどにも手伝いに行っていたからだ。その後彼とは「楽団・魅惑の羽衣」を結成、それはそれは青春の日々だった。その後社会人になり世はバブル時代、毎日毎日楽しいことばかりだったが私は息切れを起こし田舎に引っ込んだ、また東京に出ることを期して。だが結局高畠の会社に就職、その後珈琲屋になったのはご存じの通りだが、坂上暁生は92年に急死を遂げる。その後彼の父母との付き合いが始まり程なくしてお母さんが亡くなり、今はお父さんとの連絡もとれなくなってしまった。

このCDには入っていないが、6月10日にライブをやるダイナマイトミキもこの楽団出身だ。その後ベースの中川清が亡くなり毎年追悼ライブが開催されるため、団員との交流は途切れ途切れだが続いている。

彼が何故あの時命を絶ったのかは分からないが、あのブギウギピアノを初めて聞いた時はほんとに驚いた。日本にもこんなピアノを弾ける奴がいるなんて、と。今年は27回忌ということになる。そうだ、新潟に墓参りに、彼に会いに行こう。

2018.06.12:mameichi:コメント(0):[嗚呼うましコーヒー]

リンツの箱入り入荷しました!

  • リンツの箱入り入荷しました!
  • リンツの箱入り入荷しました!
  • リンツの箱入り入荷しました!
バレンタインデーも間近。
今回スイスのリンツ社から、正方形の小箱が発売されたので仕入れてみました。種類はミルク、アソート、シトラス、ストロベリーがあり、シトラスとストロベリーの箱が特にいかしてます。9個入り1080円、プレゼントにもバッチリです。包装もいたします。
2018.02.07:mameichi:コメント(0):[嗚呼うましコーヒー]

雪の降るまちを

昨年のようには行かないと思っていたが、やっぱり降るときは降る。
今日は朝から結構積もってしまい、北側の駐車場は都合3回ほど雪を掃いた。
いつもの年よりも、少し大きく場所を確保しているので止めやすいと思います。

歩道の下に暗虚になった川が流れていて、そこに雪を流してやる。
水はいつも流れているとは限らないのだが、流れていなくても投げ込んでおけばいつか無くなっている。
この川があるからいつも間口をきれいにしておける、ありがたい川なのだ。

今日は1月23日、これから大町町内会の新年会がある。
先輩方の話を聞く機会なので、楽しみに参加しようと思う。
少し雪、休んでくれないかなぁ~。。

2017.01.23:mameichi:コメント(0):[豆いち、店舗にて]

目の前を通り過ぎた専務

人の出会いというのは面白いものでいつもそれは突然だ。

就職が決まっていない息子に、親父は地元のあるコネを使って一つの会社に行けと言った。その時に出会ったのがその会社の専務だった。その人は高校の先輩で、卒業後これまた高校の先輩の会社の社長に婿養子として入ったらしい。

彼は「なんで、こがな時期まで就職活動してねがったんだ!」と米沢弁で怒鳴った。流石にバンドマンになるつもりなので、、、などと言える空気じゃないことは馬鹿な俺にも伝わって来た。

専務は片手が不自由で、手は付いて入るのだが、普通よりも若干小さくてまったく神経が通っていなくて、ただぶらぶらと背広の袖からぶら下がっているだけだった。

私はその会社に三年だけで辞めてしまったので詳しいことは分からないのだが、社長が繰り広げていた財テクの損失で首脳陣は失脚、専務はそれから自分が障害者ということもあったと思うが、介護ビジネスを始めたらしい。

数奇な運命が彼をコムスンという巨大な会社のCEOにしてしまったのは、私にはどうしてだかは分からない。でも上場会社のトップという職責を何年間かに渡って果たせるだけの器だったのだろう。

何で専務がこの会社のトップになったのかちょっと不思議だったのだが、ちょっと調べたらオーナーの折口氏(ジュリアナ東京であてた人)と前の会社の社長が同じ商社の出であることがわかった。世の中って狭いし、先輩後輩って意外に重要なのですね。

その後所謂介護保険金不正受給などでCEO解任、テレビで謝っている映像なども随分流れて、大変な思いをされたことは想像に難くない。で、会社はなくなってしまった。

その後の専務の行き先はまったく分からなかったし、特に気にも留めなかった。

 

一昨日のことだった。店の前の通りを挟んだ反対側に一台の白い宮城ナンバーの車が止まっていた。少ししたら一人の男性がその車のほうに歩いて行った。あっ、見たことのある顔だったがとっさには分からなかった。はっとしたのはぶらんと下がった左手だった。

「あっ、専務だ。」

すぐに車に乗り込んで発車してしまったので、声をかけることは出来なかった。というか、声をかけられなかったし、多分専務を私を憶えていることはないと思ったから。

だが、歩いている専務の顔は30年前に初めて出会った時と同じ、生き生きとした溌剌とした姿だったし、声をかけたらまた怒られるぐらいの生気がみなぎっていた。

この「専務」がいた会社から私の社会人人生が始まった。田舎に帰って就職してからも、大阪の御堂筋線の駅で本部長に声をかけられ、「石塚、また戻ってこい」と言われたこと、御徒町のホームで偶然隣の部の部長に声をかけられ、その部長は呑まなかったのだが「おい、石塚呑みに行くぞ!」と言って御馳走になったこと。

私は偶然目の前を通り過ぎた専務が乗った車が走り去るのをずっと見つめていた。

 

 

 

 

2016.05.29:mameichi:コメント(2):[嗚呼うましコーヒー]

豊川炭鉱馬車鉄道という幻 米沢に鉄道馬車が走っていた  その1

今から40年以上前の話だ。ある冬のこと私は山交のバスに乗って丸の内日活の所で降りた。目的は南堀端にある図書館に行くためだ。

 その図書館は城下町米沢には似つかわしくないギリシャ様式の神殿風のファザードで、正面には桜井佑一のレリーフが掲げられ、それはそれは眩しかった。昭和29年に建てられたものだが、右の写真には「繊維館」という説明が付いてるので、図書館として建設されたのは奥の方だけかもしれない。

昭和50年には現在の置賜総合文  化センターに移転しているので、僅か20年余りでお役御免となったのも奇異な感じがする。こんなに立派なものを造ったのに。

 それはとも角、地元の歴史に興味のあった小学3年生は、増補訂正米沢大年表(再販 中村忠雄編 昭和40年12月1日発行)から非常に興味深い一行を発見する。それは、

 明治三十二、立町郵便局前を起点とし(当時の局舎は現在場所の西方)小松、赤湯に至る馬車鉄道開通、二ヶ年にして廃止。

という記述だ。米沢にも鉄道馬車が走っていたのだなあということが心に何となく記憶された。

 その後は一時鉄道ファンでもあったため、いろいろな資料にもあたってみたのだが、全国の鉄道がまとめられた資料にはどこにも載っておらず、その鉄道の行方は要として知れなかった。

 店を始める前だから、今から9年ほど前のことだろう。小学校の時に目撃した年表の記述が急に気になり始めた。あれは本当に書いてあったのだろうか。もしかしたら自分の思い違いとか、夢ではなかったのだろうか。相当記憶もあいまいになっていたのだ。

 久しぶりに図書館に向かい、年表を確かめると、間違いなく前記の記述が確認できた。それが書いてある前のページにもう一つ大切な記述が発見された。

 明治三十二、一、一一

 豊川炭鉱馬車鉄道株式会社創立、

取締役 蔵田国治、高野義雄等。

会社の名前が判明した。豊川炭鉱って一体どこにあった炭鉱なのだろう。立町から小松、赤湯を結んでいたと書いてあるのに豊川って一体どこ?そして蔵田国治、高野義雄は何者なのだろう。疑問は次々に浮かんでは消えていく。

 よし、もう少し性根を据えて調べてみよう。40年ぶりの図書館通いが始まった。そして、調べれば調べるほど疑問は深まるばかりであった。     (第1回 続く)

2015.12.09:mameichi:コメント(0):[嗚呼うましコーヒー]