HOME > 気ままなつぶやき

雲海

  • 雲海
このところ天気がすぐれません、すっかり涼しいというよりは、寒いです、あの暑さはいったいどこに行ったのやら、雨が続いて稲刈りも停滞ぎみですね、昨日の天元台高原駅から雲海が見えました、なんとも幻想的。あと2週間すると高原付近紅葉になります、西吾妻山はいま草紅葉です。
2020.09.27:li-no2:コメント(0):[気ままなつぶやき]

不忘閣ヒュッテ跡

  • 不忘閣ヒュッテ跡
  • 不忘閣ヒュッテ跡
  • 不忘閣ヒュッテ跡
  • 不忘閣ヒュッテ跡

天元台高原湯元駅からロープウエイリフト乗り継いで北望台(ほくぼうだい)へそこからカモシカ展望台25分→人形石10分→藤十郎(とうじゅうろう)1時間→不忘閣ヒュッテ跡2時間半への登山ルートでツアーがありヒュッテ跡に迎えに行くことがありそこまで車で行くことに・・大平温泉に行く道になるのだがこの道は麓の集落を過ぎるとガードレールもない急峻な山道で崖もあり切り返しも大きな車だと一回では済まないような九十九折の細い道が続く退避するところが少なく対向車が運悪く来るとのぼりの人がバックで戻ることになるけど非常に危険で怖いところです、滑川温泉、姥湯は行ったことがありますがそこよりはるかに危険・・行きたくないとこです、登山ルートもめったに行くことがないようなマイナーなルートです、大きな巨木のところが目印の登山道、昔ここに山小屋があったということですが・・調べると2008年に取り壊したらしい・・ネットで画像あるか見たら数枚検索すると出てきます・・巨木に古い看板があり不忘閣~藤十郎、大平温泉~不忘閣と読めるが半分木が飲み込んでいる・・

2020.09.24:li-no2:コメント(0):[気ままなつぶやき]

鼠ヶ関

  • 鼠ヶ関
  • 鼠ヶ関

子供の頃、幼少期・・夏は子供会で瀬波、由良と行くことが多かった・・海は大きくて水平線が見えて入道雲が水平線からモクモク上がっている風景は心が躍り早く海入りたい・岩場とかで磯遊びしたくてたまりませんでした、いろんな生き物楽しかったですね、我が子が大きくなってからはそんなに海行くことがなくなってしまいました・・夏に帰省すると岩船で魚買って笹川あたりの海岸でバーベキューするのが楽しみでした何年かぶりで海へ岩ガキ、ホタテ、イカそして鯖干炭火で焼いていい感じに運転なんでノンアルですが今のノンアルはおいしい飲んだ気分なりますね・・遊覧船が近くまで来たり、前には粟島・・いい感じで時間が過ぎていく・海は子供の頃を思い出すとこです

2020.09.22:li-no2:コメント(0):[気ままなつぶやき]

あつみ温泉

  • あつみ温泉
  • あつみ温泉

9月の16日17日と久しぶりの連休をとっていて海に山にとプチ旅行、ちょうど泊まるとこの近くにあった山形100名山”温海岳”に登って汗もかいたし気分さっぱりしようと下山してすぐのとこにある共同浴場に入ってみました・・温海温泉は何回か来たことがありますが共同浴場は初めて・・3か所あるみたいです・・今回は正面湯というところ200円の協力金の箱があり無人です、地元の人が涼んでいていまは誰も入ってないからということでそんな大きな浴槽ではない5,6人くらいというくらいですかね湯は熱め水道があり水出してそこにつかり慣れたら止めてみました温泉臭がしてあったまりのいい湯です・・

2020.09.22:li-no2:コメント(0):[気ままなつぶやき]

温海岳(その2)

  • 温海岳(その2)
  • 温海岳(その2)
  • 温海岳(その2)
  • 温海岳(その2)
  • 温海岳(その2)

温海岳は標高736m・・やまがた100名山となっている、山頂までは車道もあるが現在工事のために通行止めになってました、登山ルートから登ること2時間ほど意外とかかりました、だいたい1時間半から2時間という山ですね、沢に沿った道は橋に階段と意外と急な狭く危険なところもありますので気を付けないといけません、みごとなブナ林のおかげで水が豊富なんですね、滝に沢水がごうごうと流れてました、山頂に熊野神社があり、引き戸を開けて参拝・外見はなんの建物かなと思った小屋みたいなものでした、山頂には周囲の山々を記した山頂標識があり鳥海山に飯豊、朝日、粟島、佐渡とありますがこの日はかすんで見えませんでした、鳥海山がうっすらわかるかなという感じ・・日があたるとこに出るとこの日は暑くてミンミンゼミが9月17日というのに元気に鳴いて暑さを助長してましたね、沢に入れば涼しいですが汗かいて早く麓の温海温泉入りたいなと思うのでした。。

2020.09.20:li-no2:コメント(0):[気ままなつぶやき]