萠展作品つくり(2品目完成そして3品目開始)

  • 萠展作品つくり(2品目完成そして3品目開始)
  • 萠展作品つくり(2品目完成そして3品目開始)

萠展は来月18日から町田の国際版画美術館で行います、所属している相模原市の油絵サークル、今年40周年記念なんです、40年すごいですよね、新設当初からの会員がいますが、20代で初めて今じゃ定年過ぎのじいさんばあさんになってます、毎年1点以上30号から100号と本格的な油絵サークルですが、先生は厳しく勝手に絵をつぶされたりしました、おべんちゃら言って会員ふやそうとかという気持ちは全くなく、いやならやめればいいという感じでした、70ちょいで亡くなってしまい今では懐かしいです、さて今年の1作目は米沢市の広報正月版に掲示依頼のあった作品『初春』を持っていきます、2作品目は天元台高原の第二リフトからみた風景ホワイトという休憩所とその奥に見える飯豊山、タイトル『ホワイト』3作品目は同じく天元台高原第一リフトからの風景、幸福の鐘がありタイトル『幸福の鐘』キャンバスは昔昔、同期の影響で描き始めた頃の作品をつぶして上書きで使用します、1977.2.22とサインのある荒海の風景です、寮の中で描いてました、どこか絵画教室入ろうかと思っていた頃です、教室に入るのをためらっているうちに仕事も忙しくなり結婚もし1981年で長男生まれて、絵具とか出していると危ないので箱にしまって描かなくなった、再開したのは長男が大学に入り、娘が大学受験を迎えたころです、全く親の相手をしなくなりとうとう親離れしたなと感じたのでした、ぽっかり空いた時間どうしようかと思った頃、しまってあった絵の道具を箱から出し、昔実現しなかった絵画教室に入ることにしたのでした、住んでいた相模原市には女子の美大がありその近くに美大卒業生の人たちが絵では食っていけないので数軒か教室がありましたのでその教室に数年通ってデッサン基礎を習いました・・なつかしいな・なんてもの思いにふけってる場合ではなく頑張らないといけません・

2019.03.13:li-no:[気ままなつぶやき]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。