天元台高原のニホンカモシカ

  • 天元台高原のニホンカモシカ
  • 天元台高原のニホンカモシカ
  • 天元台高原のニホンカモシカ
  • 天元台高原のニホンカモシカ
  • 天元台高原のニホンカモシカ

タロとジロ・・日本の南極観測隊に同行した樺太犬の兄弟で南極に取り残されながらも生存し1年後に救出されたことで有名になった・・天元台のロープウエイ2号支柱の右横のお決まりのところによくいるようになったニホンカモシカ。。2匹いて特に名前はないのですが太郎と花子と呼んでいる今日も2号支柱のところで身じろぎもせず雪にすっぽり埋まっている・・可愛いおしりに可愛い顔で迎えてくれます

2018.01.07:li-no:[気ままなつぶやき]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。