今はないバスの車掌

  • 今はないバスの車掌

天元台スキー場開業から55年、米沢駅から直通のバスが運行、白布温泉から最終の天元台ロープウエイの湯本駅間を運行、当時の直通バスの中を撮った写真があります、中にスカーフを被ったバスガイドさんが写っています・・いまはワンマンカーになっていますが昭和40年代の初め頃まで、路線バスには「車掌さん」が必ず乗務していました。高度経済成長期のモータリゼーション(車社会化)の進展によってバス事業の経営が苦しくなった際、その合理化策として車掌さんの乗務は廃止され機械化されてしまいます、切符の販売に回収、行先のアナウンスも車掌さんが肉声で「次は○○~。お降りの方はありませんか~」てな感じで、踏切とか駐車場などでは車掌さんがバスから降りて、笛を吹きながら誘導したのです。懐かしい昭和の風景です・・

2017.12.08:li-no:[気ままなつぶやき]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。