イザベラ・バードの泊まった宿(金谷侍屋敷:日光)

  • イザベラ・バードの泊まった宿(金谷侍屋敷:日光)
  • イザベラ・バードの泊まった宿(金谷侍屋敷:日光)
  • イザベラ・バードの泊まった宿(金谷侍屋敷:日光)
  • イザベラ・バードの泊まった宿(金谷侍屋敷:日光)
  • イザベラ・バードの泊まった宿(金谷侍屋敷:日光)

2016年11月24日(木)この日、明治11年(1878年)イギリス人旅行家(イザベラ・バード)が宿泊した日光『金谷ホテル』の前身『金谷カテッジ・イン』に行くイベントがあり参加した、朝から冷え込み雪、置賜はこれ普通、しかし関東地方も雪、11月として観測史上初の積雪になった日となりました、街の施設フレンドリープラザ朝7時半発バスで日光には昼前に到着、日本最古の西洋式リゾートホテル発祥の地であり、江戸時代の武家屋敷がそのまま残る貴重な遺産であります、資料展示室を併設した歴史館として2015年3月から一般公開されてます、残念ながら資料館内部、サムライ屋敷内部は撮影禁止、外からはOKというので撮影、併設のレストラン内にバードがスケッチした屋敷デッサン、創業者金谷善一郎の写真があり、これ撮影OK、バードの旅行記もいくつかの本となり、バードの痕跡を求め、その足跡を訪ね歩く人がいる、同じように良寛さんや芭蕉さんなどこれらの人はこの現在の状態をどう思うのだろうか?バードが残した数々のデッサン、文章も凄すぎる、思えば多くの人に感動を伝えたいという想いが絵や文章になりまた、それに感動するのだと思うのです・・・宿泊した部屋はそのままの状態で残っているのもこれすごいよね、ちんけなじじは感動するもいい言葉は見つかりませんぬ。それにしても雪すご!みるみる積もっていく勢いで雪景色のサムライ屋敷いい写真撮れて満足、そのあと昼食を金谷ホテルでプチ贅沢のランチで満足したのでした。

2016.11.26:li-no:[イザベラバードの通った道]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。