Atelier Li-no

Atelier Li-no
ログイン

同じ会社で、同じ相模原市に住み、実家は同じ山形、連れ合いも同じ長崎、子供は同じ2人、山歩き友、スキー友である先輩、定年になり軽井沢でスキー講習アルバイトを始めた、山大スキー部で1級取得していたがカービングのない昔の滑り、インチキラクターではまずいと、インストラクター検定を受け始め合格した、インチキラクターはインストラクターへと昇格した!その先輩から検定受けてみろとのアドバイス、2年前のこと、我流で楽しく滑ればそれでいいと、板も昔の競技用板だった、受けるならカービングスキーもやるからと、板とウエアを譲り受け、スケジュールを調整し、スキー練習の旅へ、友人知り合いが雫石でインストラクターをしているので個人レッスンを受けさせてくれた、初めて安比でもスキーして米沢で2級検定を受けた、これは一発合格、昨シーズンは仕事が忙しく1回も滑りにいけず、今シーズンは山形暮らしとなりシーズン券を購入、1月の検定講習を受け2月検定講習の後に検定受けたが、不合格,まだこの時、何が悪いか分かっていない、1級は肩位置、腕の位置、足の曲げ、体の傾斜も全てポイント、スピードコントロールも微妙な加速を見逃さない、分かったのは3回目の検定講習末日、癖の首位置を指摘された、自分では気が付いてないが谷を向ける頭は山側に五木ひろしのようにかくっと曲がるそうだ、修正に時間が足りないまま試験当日、早めに行き5本滑った、もう今年はあきらめた、来シーズンも挑戦だなと知り合った人とも話していたがなんと合格、非常にうれしい、講習でしりあったメンバーからも祝福の声、非常にありがたい、来シーズンも講習会は参加しよう、先輩にもお礼を伝えよう。

 


2016.03.12:li-no:count(25):[メモ/気ままなつぶやき]
copyright li-no
powered by samidare
▼コメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。
powered by samidare