Atelier Li-no

Atelier Li-no
ログイン

大正15年9月28日(1926年)米坂線開業となり昭和51年(1976年)9月28日米坂線開業50周年記念で街中パレードの写真がある、昨年2016年9月28日開業90周年になる、同じ日に同じ場所で撮ってみた、建物はほぼ同じ、信号機が横ならびから縦へと変わっている。そういえばみな縦に信号が変わっているがいつからなのだろうか、この交差点は川西町上小松の坂の上というところ、越後街道の米沢と長井の小出に行く街道の分岐点になる。バードが宿泊した日この場所には多くの人が集まったとされている。


バードが手ノ子に着いたのは午後、ここ手ノ子でバードはおもてなしを受けている、『ここで伊藤はぞっとする料理を7皿とり、わたしには酒、お茶、ごはん、黒豆が運ばれた・・』とある。 もてなした旧家は今も風情ある建物で残っている、昭和のはじめまで旅人に出す茶屋をしていたとのことであり、伊藤が食べた“ぞっとするもの”とは「納豆もち」という説があります、11月5日にあった街道探訪での昼食は手ノ子地区民のもてないしで”ごま、あんこ、納豆”もちが出てきました、そういえば東京に出て四国出身の会社の同期2人がスキーしに実家に来たとき、2人とも納豆もちはありえないと言っていたのを思い出す・・美味しいのにね。。バードも気持悪かったのはうなずけるよね、しかしバードはここで、娘さんがうちわで丸1時間扇いでくれて、代金を不要とする親切さに心を打たれたとあります、おもてなしの心、日本の誇れるところですね、バードは松原から諏訪峠を超え小松へと向かいます、松原の旧道の通りは大内宿にあるような幅広の通りが残っているが、昭和40年を境に萱屋根民家は姿を消し、昔の風情ある風景はなくなりました、松原からゆるい下りとなり通りを過ぎると緩やかな上りの諏訪峠に進みます、頂上が飯豊町と川西町の境になる、宇津峠から落ち合は飯豊町『手ノ子保存会』、諏訪峠は川西町『諏訪峠保存会』がそれぞれ街道保全やPR活動を行っている、街道探訪11月5日のあと、11月20日天気が良かったので落合から諏訪峠まで散策、諏訪峠は旧道から頂上まで登ってみました。

 


落合の大松は昔2本あったが米坂線工事のとき切られてしまったということです、小学生のころ父の商いに小国まで付いて行くことが多かったが、この大松はすごく印象に残っている、盆栽みたいないい枝ぶりは今も健在のようです、松のすぐ右下は削り取られた崖となり米坂線が通ってます、大松から手ノ子方面、右手の山には手ノ子スキー場が見えます、ここを下ると現113号線にぶつかり左に折れて手ノ子の町にと入ります。当時手ノ子は山麓に開けた重要な宿駅であった所です、旅人宿10、木賃宿、牛馬宿、茶屋に遊女屋も4件と記されています、宿場独特の雰囲気で昭和40年頃までは萱屋根の店やが両側に残る通りだったと記憶していますが、車の普及とともにバイパスの開通となり旧街道筋は人通りが無くなり、お店は無くなってしまいました。


落合の地蔵堂から程なく現国道113号線に合流し、その後すぐに左に『花の越後街道』と看板が出てくる、ここから手ノ子駅まで旧道となる、米坂線をくぐり進むと大きな屋敷が見えてくるが、ここは馬も泊まれる宿だったところ、そして杉並木へと進みます、右手に米坂線が通り、都会ナンバーの車が止まりここで写真撮りしてるかたがいました、この辺は当時の面影が残りいい感じです、更に進むと大松が見えてきます、松の右下は米坂線、その右手奥は現国道113号線が見えます。


2016年11月24日(木)この日、明治11年(1878年)イギリス人旅行家(イザベラ・バード)が宿泊した日光『金谷ホテル』の前身『金谷カテッジ・イン』に行くイベントがあり参加した、朝から冷え込み雪、置賜はこれ普通、しかし関東地方も雪、11月として観測史上初の積雪になった日となりました、街の施設フレンドリープラザ朝7時半発バスで日光には昼前に到着、日本最古の西洋式リゾートホテル発祥の地であり、江戸時代の武家屋敷がそのまま残る貴重な遺産であります、資料展示室を併設した歴史館として2015年3月から一般公開されてます、残念ながら資料館内部、サムライ屋敷内部は撮影禁止、外からはOKというので撮影、併設のレストラン内にバードがスケッチした屋敷デッサン、創業者金谷善一郎の写真があり、これ撮影OK、バードの旅行記もいくつかの本となり、バードの痕跡を求め、その足跡を訪ね歩く人がいる、同じように良寛さんや芭蕉さんなどこれらの人はこの現在の状態をどう思うのだろうか?バードが残した数々のデッサン、文章も凄すぎる、思えば多くの人に感動を伝えたいという想いが絵や文章になりまた、それに感動するのだと思うのです・・・宿泊した部屋はそのままの状態で残っているのもこれすごいよね、ちんけなじじは感動するもいい言葉は見つかりませんぬ。それにしても雪すご!みるみる積もっていく勢いで雪景色のサムライ屋敷いい写真撮れて満足、そのあと昼食を金谷ホテルでプチ贅沢のランチで満足したのでした。


落合の地蔵堂から旧越後街道宇津峠に入れる、またこの先は旧宇津トンネルへの道が残る、バードが通った道とは違うが11月20日(日)天気が良かったので原チャリで行ってみた、旧宇津トンネル開通前の昭和42年マツダプロシードと弟との写真が残っている、あれから49年旧宇津トンネルは廃道、ここから今泉まで10kmの案内看板は今でも残る、落合の地蔵堂前まで戻ると現113号が見え地蔵さまから数百メートル先で合流する。


バード遠望地との看板から落合側に下ると、九十九折り道の写真付き看板が見える、明治27年の宇津峠新道である、昭和42年の宇津トンネル開通前私が小学4年まではこの道を車が行き来していた、父の車の助手席に乗り、車とすれ違うときは崖ぎりぎりに寄って”左オーライ、バックオーライ”とか言ってはらはらどきどきだった、道は砂利、雨で道はえぐれ重い荷を積んだ車は右に左に大きくうねるのでした、この頃、父は秋になると胃が痛い、胃が痛いと言って、母は毎日、胃に好いという事で大皿にてんこ盛りの千切りキャベツを出していたのでした、しかし羽越水害の昭和42年以降に道は舗装、峠はトンネルとなり父の胃病みは納まったのでした、胃はこの悪路のせいだったのがはっきりしたが、キャベツ効果が分からずじまいだった・・そんなことがふと思い出された、この下側には峠道の石積みが残り、発掘調査もしているようでした、峠ももうすぐ終わる頃「切腹松」という看板が出てきます、名刀村正を盗み追っ手に追われ、もはやこれまでとここの松ノ木の下で切腹したという箇所・・ほんとかどうかは分からない、そして落合の地蔵尊に出ます。ここから旧宇津トンネルへと行く道と現113号線に交わる道につながります。


宇津峠頂上から落会側に下り始める、この日11月5日は快晴で紅葉もきれい、ほどなく大きな一本杉「はだか杉」が見える、絵図にも描かれていておもわず手を合わせたくなるような霊気漂う大木である、さらにすすむとバード遠望地との看板があるが、手ノ子地区保存会の方たちはここから見た置賜盆地がアルカディアと言ったとこだと・・まぁ・あちこちで、ここだここだといってますが険しい峠を越えてきたとこから開けた景色は良かったのでしょう、この日真っ青な空に飛行機が飛んでいていいタイミングで写真撮れた。


  11月5日の峠探訪宇津峠コース、ガイドの説明付きであったので参加、十三峠絵図、宇津峠頂上には「介(たすけ)」と記され、その近くに建物が描かれている、二人扶持・苗字帯刀御免で小屋守を勤めていたとされ、米沢藩の公職であった、最後は米坂線開通後の昭和8年役目を失い、麓に移住し平地になった、今年発掘調査が行われ、基礎跡や茶碗片など出てきたようで、年内には埋め戻すとのことでした、ここから少し登ると、峠頂上となり石碑群が見られます、昔神社もありその跡となる石段などが見られます。


昭和42年、初めて延長915mの宇津トンネルが開通した、更に平成になり新宇津トンネルとなる。 国道113号は、宇前沼沢集落から間瀬川にそって峠へ登って行き、遅越トンネル、間瀬橋を経由した後、新宇津トンネルが落合橋、宇津川橋などを経由し手ノ子集落に至る。旧道の宇津峠は、間瀬橋先から国道113号(現道)と分岐し、宇津トンネルを通り手ノ子集落手前で国道113号(現道)に合流する。現在旧宇津トンネル付近は通行止めとなっている。 開通前に使われていた古い道(旧越後街道)も存在しており、手ノ子地区協議 宇津峠部会で案内看板(平成28年10月)も設置されいい感じに整備されている、間瀬から通行止めとなっている旧宇津トンネルの道を左に見て峠道に入るとほどなくサイカチの木があります、古くから洗剤として使われ、莢(さや)を水につけて手で揉むと、ぬめりと泡が出るので、かつては石鹸の代わりに利用されました、更に登ると旧越後街道の分岐があり左側の道に入り宇津峠頂上に向かいます、頂上には馬頭観音がありますが現在修復のため黒いシートで覆われておりました。


 明治の女性旅行家イザベラ・バードの通った越後米沢街道、その探訪会があり、宇津峠コースに参加した、宇津峠は父が商いで小国に通っていた最大の難所であった、昭和42年まではトンネルがなく九十九折の砂利道で実家の川西町小松から小国まで1時間半かかっていた、この峠のみで30分かかり、当時マツダのファミリア(空冷の800cc)を購入した父、途中でオーバーヒートして30分は冷やすのに時間かかり使い物にならず、即マツダのプロシード(水冷1300cc)に買い換えたのでした、小学生の頃よく3兄弟の我が家では休みに順番で父について小国に行ったもので、そのころの峠の写真が宇津峠の案内看板に掲げてありました、写真アルバム『置賜の昭和』にも載っていましたので掲載、開通前の宇津トンネルの写真は実家のアルバムに残っているもので、50年ぶりにその峠探訪で旧峠と明治期のバードが通った道を散策した、11月5日(土)快晴、飯豊町手の子地区の有志で準備していたランチも豪華で最高にうまかった、小松の散策は済んだので小国と飯豊の境になる宇津峠から諏訪峠までの散策を小学校のころ通った思い出とともに綴りたいと思います。


小松で行われた虫送り、神送りの神事の翌日、中小松でも同じように村境から次の下小松との村境まで『ヨーセ、ヨッセ、ヨセー』と唱えながら提灯行列が進みます、バードが通った頃のこの通り、同じ間口の萱屋根民家が並んでいた頃となります、昭和の40年頃まではまだ、萱屋根民家がつながるいい感じの景色の街道でした。


バードが宿泊した羽前小松坂の上は1801年の小松絵図や東講商人鑑1855年の資料にこの地名が見られる、坂の上の突き当たりは米沢城下と長井方面に行く分岐の道になる、ここは毎年7月の26日に虫送り神事、8月の28日には神送り神事として小松の西区、南区、北区の提灯行列が集まるところである、各区の村境からこの坂の上に向かって『ヨーセ、ヨッセ、ヨセー』と笛と太鼓にあわせ唱えて進む、害虫や悪霊を集め村境に送る神事、ここで集まった各区の行列は中小松村の境まで進みます。中小松は翌日その神事が行われます。バードはこの坂の上から長井の小出側に進んだのでした。


昨年7月に故郷にUターンし、はや1年が過ぎた、離れて分かる故郷の良さ、その良さを再発見したり、未知なることを知ったり、またそれを確認したり、しかしまた、子や孫がいる都会を思い出したりと・・・都会のときは頻繁に故郷のホームページを見ていたが、今は都会のホームページよく見るようになった(笑)、遠い首都圏、行きたいところを空想したりしてと人間とは面白いもので、ことわざに”近くの神より遠くの神”とか詩などでは”ふるさとは遠きにありて思ふもの”とかそうなんだなとつくづく感じると良く想うのです、バードが通った越後街道はまだほんの一部しか行ってないわけで、今週末は黒沢峠歩きをしようと思います。。そのバードが通った道がわかる、1801年の小松村の絵図バードが通ったのは明治11年1878年だから77年後のことである、現在もほぼ同じ道が残っている、まずは自分が生まれ育った小松の町から絵と木工人形でバードが通った道を主に作品作りを開始した、その1作目は諏訪峠、私が生まれた懐かしい昭和30年代をモチーフに製作します。因みに、バードが通った時代の服装とか風景がよく分からないのでネ・・作れないわけです・・その昭和30年代まだ父親のイメージは無口で頑固、威厳があり怖かった存在、長男は跡取りとして使命感に燃え、兄貴面して下の子を上目線で見る、母はそんな家族を暖かく見守る厳しくも優しい存在、末子は自由奔放で怖いものなし、そんないち家族が峠を重い荷を運ぶ姿、下の子は親の真似をしたがる時期で『ワタチも背負いたい』と言って、荷縄でたきつけの小枝を背負わせている、母は『あんたのおかげでほんとに助かる』とおだてて褒めると、娘は意気揚々と歩きつつも心配そうに見つめている姿である、案の定、娘は疲れておやすみモード、荷車の上でお荷物になるのでした。。。


   2016年8月30日昨日 大型の台風10号、暴風域を伴ったまま日本列島の東海上を北上し、岩手県大船渡市付近に上陸した、太平洋側から直接、東北地方に上陸したのは1951年の統計開始以来初めてのことだそうです。東北を縦断し、同日夜に日本海側に抜けた、置賜は大きな被害は無くひと安心でした。思えば49年前の昭和42年8月28日から29日にかけて羽越を襲った大水害、丸太写真館さんがこの水害のときの町の様子を収めた写真で、昨日整理してなんとなくここだろうと気がついたので雨の合間で撮ってみた、以前親父や兄、ここを通る幼馴染とかにも聞いていたがわかんなかった1枚、どこだろねーと言っていたのだが、見つけてちょっとうれしい、ここバードが通過した道になる、中央の木々は原田城の二の丸になる、現在とは家並みは大きく異なるが電柱の位置は同じ、ちから味噌の看板は今もあるが位置は違うようです、もう一枚もほぼ同じ場所から見た写真、どうやって撮ったのか、おそらく電柱に登ったのだと思うが、さすがにこれは出来ないので同じ位置写真はあきらめた。


powered by samidare