HOME > 気ままなつぶやき

七草粥

  • 七草粥
  • 七草粥
  • 七草粥

6日の夜、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七草をまな板載せて・・”七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン”と歌いながら細かくする、明けて7日の朝に粥を炊き、七草と塩を入れて七草粥に・・そして朝食として食べる。昔から色んな行事が日本にはありました、いまはほとんどやりませんが七草粥作ってみました、実家にいるときは母の朝食担当としての私、平成の平民の朝食、写真忘れるとき多いがだいぶ撮り貯めました。しかし母曰く団子の木かざりはやったが七草粥はやったことがなかったといわれました、本来正月の祝膳や祝い酒で弱った胃を休めるという意味ですが、貧乏で正月だって質素なんだから、やる必要も無かったと・・ウン納得!

2017.01.08:li-no:コメント(0):[気ままなつぶやき]

中島・ジェヌビエール・みゆき(時代)

  • 中島・ジェヌビエール・みゆき(時代)
  • 中島・ジェヌビエール・みゆき(時代)
  • 中島・ジェヌビエール・みゆき(時代)
  • 中島・ジェヌビエール・みゆき(時代)
  • 中島・ジェヌビエール・みゆき(時代)

オールナイト・ニッポン・GOLD 坂崎・拓郎コンビのとっチラかったラジオトーク番組は非常におもしろかった、中島の御ぁ姉さんが来ると言うので大興奮のたくろう、デビュー前の美雪さんみて白のミニスカートが可愛かった、歌い方や詩の入れ方が他と違っていて、かってに女”岡林”と言われてたでしょ・・と振るが、ここはスルーされていた、芸名の話、田んぼの田に開拓の拓では一流になるであろうミージシャンとしては好きでなかったようで、よく”入江 剣(けん)”にしたかったと話している、ファンとしては”たくろう”で正解と思うのですが・・本名”美雪”はサインがしずらくやはり一流になる身としては”チャチャ”とかけるひらがなにしたそうで、みゆきさんは自身の名前は気に入ってるようです、しかしどうしても聞き出したい芸名・ミドルネームなら『中島・ジェヌビエール・みゆき』と話してみんなでウケテました。はなしはとっちらかるが、昨日米沢でジャンバラヤズとしてバンド活動してるお二人が新ユニットの練習というので覗いてきました、中島みゆき(時代)をリクエスト、この歌やファイト、拓郎の歌もそうですが宇宙機器開発の仕事で性能が出ず、いきずまってノイローゼ寸前だったころ何度もたくろうさんやみゆきさんの歌で救われた気がします、歌が持つ力はすごい・・涙でそうになるといけないから一番後ろで聴いてました、撮り損ねていた『時代』の写真も同じ角度で撮れて自己満足。

2017.01.08:li-no:コメント(0):[気ままなつぶやき]

インストラクターへの道(米沢スキー場)

  • インストラクターへの道(米沢スキー場)
  • インストラクターへの道(米沢スキー場)
  • インストラクターへの道(米沢スキー場)
  • インストラクターへの道(米沢スキー場)

昨日米沢スキー場4回目、今年も雪不足で閉鎖が多いがようやく根雪になりそうな気配、昨年検定目指した人と合流して今年も宜しくの"明けましておめでとう”のご挨拶、もう7回目だそうだ、一級の上になるとテクニカルという検定かインストラクターに進む道となる、昼一緒に11,12,13日に実施される講習に申し込みに行き話しを伺ったが、なんとインストラクターの試験は2月でその前の安全講習、学科などは既に昨年シーズンオフ時に終了しているそうだ、すなわち今シーズンの受験はもう手遅れということが判明した、うかつでした・・・今シーズンはスキー授業講師として今月17日から月5回ほど手伝いさせてもらうことになりました、同じ山形で同じ相模原市に住んでいて同じ会社の先輩は今軽井沢でスキー講師となっている、その先輩のあとを追う形になっていくようです、先輩の背中、やはり雇用延長をけって、自活している・・親の背中、先輩の背を見て育つというやつですね。

2017.01.08:li-no:コメント(0):[気ままなつぶやき]

川西町小松小前のバス亭35年前と今

  • 川西町小松小前のバス亭35年前と今
  • 川西町小松小前のバス亭35年前と今
  • 川西町小松小前のバス亭35年前と今
  • 川西町小松小前のバス亭35年前と今

おそらく1982年正月、山形に帰省し2歳になった長男に父がおもちゃを買ってくれるというのでおもちゃのピッコロに行ったときになにげなく撮った写真と思います。ピッコロとなりは館金さんで父の仕事仕入先でもあり、父が話し込んで暇だったから館金さんの前から山形銀行のある西側と小松駅のある東側を撮ったものです、この年も雪が少ないようです・・35年後の同じ1月2日初詣のお参りがてら散歩して同じ場所で撮影しました、昔生まれて初めて5月連休だったか?高校1年?アルバイトをさせてくれた館金さん花見団子で忙しくお店番や団子作りにだんごの配達でした、お世話になった館金さんは今は無く空き地になってます、小松小前バス亭は残っていました。

2017.01.05:li-no:コメント(0):[気ままなつぶやき]

ターシャ・テューダー展

  • ターシャ・テューダー展
  • ターシャ・テューダー展
  • ターシャ・テューダー展
  • ターシャ・テューダー展

新潟三越で3日~15日までターシャ展があるというので新潟市内にいる従妹に頼んでチケット入手してもらっていたら、そのターシャ展にその従妹の姉が展示係りでいるというのでびっくりです、なんだ言ってくれたらチケットあげたのにということで・初日観てまたもらったチケットで今日も2度目の見学してきました。このターシャさんはアメリカ児童文学の草分け的絵本作家、山の中で自然と調和してシンプルに暮らす姿に憧れている人なのです、新しいけど古い家を建て、一昔前の服に身を包み、人形作りに庭作りと絵本の創作活動・・ろうそくもなんでも作る、どれとっても憧れの対象なのです、絵本の挿絵原画は想像以上のものでした、やっぱり現物見なければ分からないと思うのでした、今回全て本物を日本に持ってきたということです、原画の点数も相当数あります、日常使っていた品々も相当数ありましたテーブルクロス、カップやほうきみな使っていたものでなんか身近に感じられ感動でしたね・・・会場内展示品は撮影禁止ですが入り口、出口の模擬したターシャの庭だけ撮影可でした。

2017.01.04:li-no:コメント(0):[気ままなつぶやき]