WEB労働やまがた

WEB労働やまがた
ログイン

Q  
   会社の給与支払日は毎月25日ですが、所定休日(土、日、祭日)に当たると、次の日(次の平日)に繰り下げて支給されています。他の会社の友人の話を聞くと、そういった場合は、前の日に繰り上げてもらっている人がほとんどですが、自分のところは法律上大丈夫でしょうか。
   
A  
   労働基準法第24条によると、使用者は賃金を…眠澆猫直接A干曚鬮に莊遑渦鶲幣絖グ貭蟯日に、労働者に支払うことと定めています。【賃金支払5原則(例外あり)】

 賃金支払日が休日に当たった場合の取り扱いについて、イ琉貭蟯日払いの原則をみていきましょう。一定期日とは、必ずしも「毎月25日」などと暦日を指定することではないとされています。月給であれば、「毎月末日払い」、週給であれば「毎週土曜日」というような決め方をしてもよいとしています。(ただし「毎月25日から末日までの間」のような期日が特定しない定めや「毎月第4金曜日」といった月7日の範囲で変動があるような定めは認められません)

 賃金支払日が会社所定休日に当たった場合の繰上げ、繰下げは「一定期日払いの原則」には違反しないものとされています。ただし、就業規則等において、繰上げか、繰下げか、その期日について特定されていることが必要です。きちんと手続きがされていれば、ご質問のような「繰下げ」であっても法律上差し支えありません。

2016.03.01::count(131):[メモ/労働相談]
copyright labor
powered by samidare
powered by samidare